おすすめ本

『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』(サンクチュアリ出版)著者 最新刊!

『がんばらにゃい生きかた』発売!

心がほっこり! 気持ちがスッキリ!いつもがんばっている人たちに、生きることが楽になる気持ちの切り替え方を、ねこたちがゆる〜く解説。ベストセラー漫画家Jam初のらくがき風エッセイ。  

心の準備中、下から数えて○番目、かまってちゃん、乙女ゲーの悪役令嬢、価値観を押し付けられたら、話が通じない、やる気が大冒険!!、日曜の夜はワクワク、つかれたときは、ネガティブもいいものだ、将来が不安なときは、今日起こる出来事は選べないけど…など、無理せず気楽に自分のペースで生きるための77のヒントが、絵本のように見開きで楽しめる「らくがき風エッセイ」。

がんばらにゃい生きかた   Jam

46判/170ページ/並製/1430円(税込)/ISBN978-4-305-70973-8

 

書店様、読者の皆様へ 『がんばらにゃい生きかた』お試し読みデータ公開しました!←こちらをクリック

 

 

 

 

 

4万3千部(12刷)突破!  異例のヒット事典

読者からの反響続々

今年は妖怪より怪異らしい」

「微妙に怖くないのが魅力的」

「枕元の友」

 


一千種類以上の現代怪異を紹介する
怪異ファン必携の「読む」事典。

戦前のこっくりさんにはじまり、トイレの花子さん、口裂け女、ベートーベンの怪などの学校の怪談、そして2000年前後にインターネット上に登場する怪異たちまで、主に戦後の日本を舞台に語られた怪異を紹介。幻の同人誌がパワーアップして、待望の書籍化!

マスコミ紹介続々!             

2018年8月12日  こっくりさん、口裂け女……いまココにいる怪異1000種紹介 「日本現代怪異事典」(好書好日) – Yahooニュース
2018年8月5日 Buzzfeed 怖い話を研究し尽くした『現代日本怪異事典』が凄すぎてヒット! 一体、なぜ?
2018年6月24日 BuzzFeed 怖い話を研究した「事典」が異例のヒット。人はなぜ、奇妙な存在に惹かれるのか?
2018年1月27日 東京新聞
2018年2月16日 共同通信(片岡義博評)
2018年3月1日 新文化
2018年3月18日 讀賣新聞(土方正志評)
2018年3月29日 日本経済新聞(速水建朗選)
2018年3月30日 週刊読書人(著者自薦)
2018年4月3日 新刊JP掲載
「月刊ムー」2018年4月号掲載

アマゾン・レビュー大絶賛!

日本現代怪異事典  朝里樹
定価:本体2200円(税別) 505ページ・A5判・並製・カバー装

 

 

—————————————————————————————————————————————–

           書店の皆様へ

弊社の書籍の注文書を下記ページにアップロード致しました。

ご自由にダウンロードいただき、注文書としてお使いください。

書店様へ 注文書はこちら

新刊情報

お知らせ