2015年5月20日

「どう読むか」の問題提起として ― 武家物祭観戦記2 ―(大久保順子)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

 浜田泰彦氏の「『武家義理物語』をどう読むか」要旨は、巻二の一・二の二の「御堂筋の敵討」を(否定的主題ではない)「武士の本意」の話として読む、という方向を示唆していました。そもそも『武家義理物語』のこの敵討話は『武道伝来記』の敵討話とどう違うのか、武家物の各作品の方法的な違いを立証できる要点が示されるのか、等の興味と期待とともに司会担当に臨んだ次第です。論拠の一つ、過度に「悪役」に脚色されていない嶋川太兵衛像は、後続の作品との比較の点で確認されました。

 ただし質疑応答の時にも指摘され、自分も気になった点は、論拠としての「推参」「慮外」等の用例の用い方です。実右衛門の喧嘩の場の瞬間的認知と判断「慮外といはれては断りも申されず」の下りが、当時一般の"武士としてあるまじき"態度を示す言葉への対応ととれるのか。諸本で表記に揺れのある『甲陽軍鑑』等の先行作品例も含め、その「書かれた」文脈での用例の使い方――発話者や対象者が誰か、また地文であれば書き手(主体)の位置や意図等の、吟味が問われます。引用の一覧に(相手への罵倒以外に)主体が自身を卑下する場合の用例が併存していたことは、やや説得力を弱めていたかもしれません。

 近年『新編西鶴全集』索引編の利用など、以前より作品の用例を抽出しやすくなった感はありますが、ある用例が当時総じてそのニュアンスであったという根拠、仮にその場合、西鶴作品での個々の用例のニュアンスはそれらと「同じ」なのか、また「違う」部分はどう見分けるのか。機械的な数量処理の結果だけからは見えにくいもの、文脈の中の語句の配置や、デジタルな点の部分に限らない文章の線の流れや面の感触も、「読み」に求められているものと感じます。

 浜田氏の指摘の「敵と討ち手の、双方の傷ついた名誉を回復する」といった意味を読むには、「慮外」の他の要素も総合して本文を見る必要を感じました。ニュアンスについて「大坂で届けたことで正式の敵討となったので、私闘ではないことを前提とすべきでは」(広嶋進氏)や、「口論はやはり口論であり、藩士と余所者との感情的こじれもあるのでは」(森田雅也氏)等、多くの指摘も寄せられました。「老練の大家」だけが可能な読みということでは決してなく、様々に考察されるべき敵討話の「読み」の問題を提起した発表だったと思います。

※注○武家物祭=第40回・西鶴研究会、です。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)