2011年6月 1日

原道生・河合眞澄・倉員正江編『西鶴と浮世草子研究第五号 特集[芸能]』(笠間書院、2011.6)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

978-4-305-60205-3.jpg

西鶴と浮世草子研究 第五号 特集[芸能]

原 道生:編, 河合 眞澄:編, 倉員 正江:編
発行:笠間書院
A5判 360ページ 並製
定価:2,500円+税  総額を計算する
ISBN 978-4-305-60205-3 C0095

奥付の初版発行年月:2011年06月

●版元ドットコム
http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-305-60205-3.html

紹介

都市の消費文化の代表格、芸能は、
江戸時代前期、浮世草子とどう絡み合っていたのだろうか--。

浮世草子は成立の当初から芸能と密接な関係にあった。
西鶴は役者や俳人との親交から役者ばなしの可能性を開き、其磧は旦那芸が高じて役者評判記を定期刊行物として定着させ、南嶺は衒学趣味溢れる劇書というジャンルを確立した。
彼らの活躍時期はそれぞれ元禄・享保・宝暦と、歌舞伎を中心とする芸能の時代区分とほぼ合致している。
そうした芸能の変遷と浮世草子の展開がどう関わるのか----草子屋八文字屋が芸能文化の普及に果たした役割を含め、改めて問題提起を試みる。

西鶴と浮世草子時代周辺の、人形浄瑠璃・歌舞伎を中心とした演劇のほか、雑技・話芸・歌謡といった身体芸に関わる諸芸全般を、広くとりあげ、それらの関係を結びつけていきます。

江戸時代前期の芸能のあり方を考え抜きます。
目次

〔付録CD紹介〕

(1)
倉員正江[編]
浮世草子の芸能関連挿絵集成
《八文字屋本をはじめとする浮世草子と絵本の中から、芸能に関係する図、芸能研究に資すると思われる挿絵を今回解説を付してCDに収録しました。作品一覧のほか、キーワード別一覧からも見ることが出来るようにしました。大分類は以下。[01]劇場 [02]見世物芸 [03]大道芸 [04]座敷芸・遊興 [05]遊芸・諸芸 [06]芝居場面・趣向 [07]風俗・事件 [08]行事・物見遊山 [09]人物・商売 [10]人名(固有名詞 含む座本名)・神名 [11]地名(固有名詞 含む寺社名) [12]書名・外題(固有名詞 含む段名) [13]口上の文句》

(2)
河合真澄[編]
役者評判記に見る歌舞伎の軽業挿絵集成
元禄11年(1698)--明和9年(1772)
《本号所載の座談会にちなんで、役者評判記の中から、歌舞伎狂言の中で見られた軽業(音曲、動物、物売り、からくりなどの見世物的要素を持つ演技を含む)に関する挿絵を119点収録。軽業キーワード一覧、役者別一覧、から見ることが出来るようにしました。》

〔本編目次〕

■巻頭グラビア
倉員正江編◎
1.役者絵と浮世草子挿絵--『好色一代男』に取材した役者絵
2.八百屋お七--西鶴と其磧が生んだ江戸のヒロイン

■特集座談会
原道生・川添裕・河合眞澄・倉員正江◎
身体芸能と西鶴・浮世草子の時代--歌舞伎、人形浄瑠璃、見世物、諸芸の視点から

《取り上げる「芸能」の範囲と話の進め方/浮世草子時代の演劇の流れ--その前史/西鶴と貞享期の演劇/西鶴の死から近松の死まで/享保十年代以降の上方演劇略史 /前期と後期の見世物の違い--「身体性」の問題/手持ちの絵画資料にみる見世物・諸芸/浮世草子などにみる見世物/歌舞伎と軽業/立役の軽業/身体芸のユニオン/軽業と芝居の融合/諸芸のひろがりと分類/どこまで大衆的といえるのか/芸能の享受者としての女性/西鶴と役者のおつきあい/歌舞伎作者の実態とは/評判記の合評形式/役者評判記で仕掛ける"スター誕生"/南嶺の劇書の意味とは/歌舞伎そのままと歌舞伎離れ/都市の情景としての見世物/略年表》

■エッセイ
武藤純子◎市川家の子役--市川九蔵と升五郎
川添裕◎スピードと社会、そして身体
青木武信◎興行の側面からみたジャワ大衆芸能--芸能の通文化的研究をめざして

■特集論文
山田和人◎竹田からくりの演目と分類
浅野秀剛◎『好色世話絵づくし』の紹介
神田由築◎役者評判記にみる旅芝居--「塩を踏む」若旦那
北川博子◎八文字屋本『陳扮漢』と浄瑠璃・歌舞伎
佐藤至子◎昔の芝居を今見るごとし--柳亭種彦の合巻における歌舞伎の再現
長谷川強◎『風流三国志』今川平治・『風流曲三味線』おらん殺害--浮世草子研究会輪講追補

■付録CD解説の試み
倉員正江◎浮世草子の芸能関連挿絵をどう読むか

■エッセイ2
田中純◎元禄期の人形芝居
竹本千歳大夫◎おさん茂兵衛を訪ねて

■研究史を知る
矢野公和◎西鶴の実像
水谷隆之◎北条団水
近衛典子◎秋成の浮世草子

■ブックレビュー
ダニエル・ストリューブ◎畑中千晶著『鏡にうつった西鶴--翻訳から新たな読みへ』(2009年12月 おうふう刊)
大久保順子◎広嶋進著『西鶴新解--色恋と武道の世界』(2009年3月 ぺりかん社刊)
神谷勝広◎長谷川強著『近世文学考』(2007年6月 汲古書院刊)

■新刊紹介
杉本和寛◎『浮世草子研究資料叢書』(クレス出版刊)

■文献目録
藤川雅恵編◎青山学院大学図書館蔵『八文字屋本』複写文献一覧
西鶴・浮世草子研究文献目録(稿)[平成8〜平成14年]◎篠原進編
西鶴と浮世草子 最新文献ガイド[平成20・21年版]◎佐伯孝弘・杉本和寛・菊池庸介・水谷隆之編

■出版ニュース◎編集部編

■グローバリゼーションの中の西鶴・第4回
デイヴィッド・アサートン◎アメリカ合衆国における西鶴研究

■研究誌、あるいは研究メディアの未来
木越治◎私たちは、本を「自炊」できるだろうか?
飯倉洋一◎逆境こそチャンス
川平敏文◎学会、研究誌のゆくえ
染谷智幸◎21世紀、東アジア圏の文学研究用語は?--外国語・IT・漢字漢文
倉員正江◎人文科学系研究メディアの未来にむけて
篠原進◎文学研究の「ヒア アフター」

■編集後記

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)