2011年3月24日

第32回・西鶴研究会(2011年3月24日(木)午後2時~6時、 青山学院大学 総合研究ビルディング 10階 第18会議室 )

日程     第32回
2011年3月24日(木)
午後2時〜6時
場所     
青山学院大学 総合研究ビルディング 10階 第18会議室 

◇『好色五人女』巻二「情を入し樽屋物かたり」における「ぬけ参り」
                                皇学館大学 速水香織

『好色五人女』(貞享三年二月)は、実際に起こった男女の事件を題材にした作品でありながら、内容の大部分は作者西鶴の創作であるため、その執筆意図や方法について従来様々な評価がなされ、論議が展開されてきた。
その中で、巻二「情を入し樽屋物かたり」は、貞享二年正月に西鶴の地元大坂で起こった事件を題材とし、生活に密着した年中行事等に関する描写が多いため、作中で「もっとも風俗小説的になった」(江本裕氏 講談社学術文庫『好色五人女』解説)とも評される。本発表では、この巻二に見られる趣向の内、物語の中盤におかれる「抜け参り」に着目し、この趣向が作品にもたらす効果について考察する。近世以前から貞享期にかけて、様々な作品に見られる「伊勢参宮」の逸話には、「大神宮の霊験により、それまでの生き方に係わらず、厚い信心を以て参れば必ず利生がある。逆に、よこしまな心で参詣した者には、厳しい神罰が下る」という共通した展開が見られる。本話においてもこの展開は踏襲されており、おせんもまた、「よこしまな心で抜け参りした結果破滅している」ことに注意すべきであろう。そして、「抜け参り」という要素に注目する時、本話の冒頭から物語を動かす役目を負う夫婦池のこさんの重要性があらためて浮かび上がってくる。主人公おせんの抜け参りと破滅は、こさんによって準備され、誘われたと読む事が出来る。

◇合評『西鶴と浮世草子研究』3号・4号

『西鶴と浮世草子研究』の3号(2010年5月)と4号(2010年11月)がほぼ連続して出版されました。すでに1号と2号について合評を行いましたので(第26回、2008年3月)、今回は3号と4号の合評を行います。
3号では、コメンテーターを立てるという形で、4号では責任編集者のお一人である諏訪春雄先生に講演という形で、それぞれの号の提示した、あるいは提示しえなかった問題点について語っていただき、その後討論に入ります。
会員の皆様方には事前に両号の成果・問題点などの抽出・整理をお願いいたします。
なお、ブログで3号4号について言及したものがあります。良質なものを西鶴研究会の掲示板2011/01/06 に載せておきましたので参考にしてください。

「3号」
コメンテーター 大木京子(青山学院大学・非)
        宮澤照江(北星学園大学)
    司会  杉本好伸(安田女子大学)

「4号」
講演 諏訪春雄(学習院大学名誉教授)
     司会 染谷智幸(茨城キリスト教大学)

2011年3月 1日

西鶴研究会編『西鶴が語る江戸のダークサイド―暗黒奇談集』(ぺりかん社、2011.3)

1000001569.jpg

西鶴が語る江戸のダークサイド

編集 西鶴研究会
西鶴が語る江戸のダークサイド
 
A5判・256頁
1900円 + 税 (8% 税込:2052円)

ISBN4-8315-
ISBN978-4-8315-1288-8
C0091

2011 年発行

●版元公式サイト
http://www.perikansha.co.jp/Search.cgi?mode=SHOW&code=1000001569

話し上手として知られた西鶴が語る、社会の裏面や人生の暗部といった元禄の暗黒(ダークサイド)。原文と口語訳、語注と解説を付した、刺激的な西鶴入門。

●目次●
まえがき
凡例
<都市の怪事件>
連続幼女誘拐事件―『西鶴諸国ばなし』巻二の六「男地蔵」
京都の闇金融―『本朝二十不孝』巻一の一「今の都も世は借物」
聖人になりすました男―『本朝桜陰比事』巻三の四「落とし手有り拾ひ手有り」
  近世(江戸時代)前期の京都
<武家の意地と欲>
呪詛の釘打ち―『武道伝来記』巻一の二「毒薬は箱入の命」
狙われた少女の生き肝―『新可笑記』巻一の四「生胆は妙薬のよし」
  武士の奇異な風習―男色と敵討ち―
<商売の裏側>
悪い奴ほどよく眠る―『懐硯』巻五の二「明けて悔しき養子が銀箱」
亡者の執着―『日本永代蔵』巻四の四「茶の十徳も一度に皆」
不良債権の罠―『世間胸算用』巻二の一「銀一匁の講中」
  貞享・元禄の経済事情
<庶民の生きざま>
武家の娘もゆすりの世の中―『世間胸算用』巻一の二「長刀はむかしの鞘」
ホームレスたちの大晦日―『世間胸算用』巻五の三「平太郎殿」
  今も昔もカウントダウン
江戸のワーキングプア―『万の文反古』巻一の三「百三十里の所を十匁の無心」
  本心を知りたくなるのは何故―書簡体小説の古今東西
<遊興と性愛の闇>
  一代男の世界・一代女の世界
屍体から爪をはがす商売―『好色一代男』巻四の二「形見の水櫛」
今夜恨みを晴らします―『好色一代男』巻四の三「夢の太刀風」
お殿様の閨の秘密―『好色一代男』巻一の三「国主の艶妾」
<太宰の愛した西鶴>
 太宰《戯画化》の背景―西鶴と<志賀批判>―
貧しても武士の意地―『西鶴諸国ばなし』巻一の三「大晦日はあはぬ算用 義理」
女たちの闇―『新可笑記』巻五の四「腹からの女追剥」
武士たちの面目もその果ては―『武家義理物語』巻一の五「死なば同じ波枕とや」
  元禄の出版界と西鶴

本書の原典となった作品について
西鶴略年譜
文献案内
読者のみなさんへ
あとがき