2009年3月 1日

西鶴研究会編『西鶴諸国はなし (三弥井古典文庫)』(三弥井書店、2009.3)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

saikakusyokoku.jpg

西鶴研究会編『西鶴諸国はなし』(三弥井古典文庫)

著者 西鶴研究会 編
本体価格 1800円
ISBN 978-4-8382-7065-1
発行年月 平成21年3月
判形・製本 四六判・並製 218ページ

●版元公式サイト
http://www.miyaishoten.co.jp/main/003/3-1/saikakusyokoku.htm

三弥井古典文庫シリーズ近世編の第三弾『西鶴諸国はなし』講読のためのテキスト版。

往来をゆきかうのは人間に姿をかえた化け物たち。
「なぜ」に満ちた35話の世にもふしぎな超短編。
西鶴が仕組んだトリックを見破れるか...。

公事は破らずに勝つ--学頭の「知恵」と伝承
見せぬ所は女大工--屋守の怪異と女の世界
大晦日はあはぬ算用--「奇」の所在
傘の御託宣--西鶴の利用した話のパターンと創作の方法
不思議のあし音--男装の女主人は大阪で何を買うのか
雲中の腕押し--サイカク・コード
狐四天王--狐の復讐
姿の飛び乗物--「キレイなお姉さんは好きですか」
十二人の俄坊主--淡島の女神と男たち
水筋の抜け道--ゆがむ因果〔ほか〕

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)