2007年11月 1日

高田衛・有働裕・佐伯孝弘編『西鶴と浮世草子研究第二号 特集[怪異]』(笠間書院、2007.11)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

978-4-305-60202-2.jpg

西鶴と浮世草子研究 第二号 特集[怪異]

高田 衛:編, 有働 裕:編, 佐伯 孝弘:編
発行:笠間書院
A5判 304ページ 並製
定価:2,500円+税  総額を計算する
ISBN 978-4-305-60202-2 C0095

奥付の初版発行年月:2007年11月

紹介

江戸時代、社会の爛熟と管理統制が進展する中で、人々は怪異譚を追い求め、 作者たちはそれを提供した...。近世社会が持つ闇の叫びを豪華執筆陣が追究。
目次

特典付録

付録(1)
怪異物挿絵大全
近藤瑞木・佐伯孝弘編
幽霊・妖怪索引付き

付録(2)
もう一つの稲生物怪物語
『武太夫物語絵巻』
(国立歴史民俗博物館蔵)
全編紹介! 杉本好伸編

付録(3)
稲生小菊さん
インタビュー
(故・稲生平太郎氏の奥様)
現実の「稲生家」の物語と、
〈稲生物怪録〉のこと。
杉本好伸編

■特集エッセイ
 中村禎里●西鶴と動物・器物の妖怪......33
 高山宏●マニエリストの才覚
       --『西鶴諸国ばなし』--......38
 堤邦彦●産女の夫 与八から与七へ......43
 吉田伸之●三井と妖怪......49

■鼎談
高田衛×小松和彦×長島弘明
江戸の怪異譚と西鶴
『諸国百物語』と『西鶴諸国ばなし』を軸として......54

■特集論文
 延宝期の仮名草子『諸国百物語』序説 ●江本裕......74
 性愛の闇夜に揺曳する怪異 ●矢野公和......91
 怪異の入口 ●西田耕三......105
 怪異と寓言 浮世草子・談義本・初期読本 ●飯倉洋一......117
 怪談物読本の展開 ●近藤瑞木......130

■ 特集企画 
江戸の怪異スポット
 堤邦彦・有働裕[編] 大久保順子/平林香織......144

■ 投稿論文
 西鶴の古典受容・付合評について 元禄三年の点者批判書を中心に●早川由美......174
 多田南嶺と当代の学者たち 風月堂主人沢田一斎など●神谷勝広......186

■ 研究史を知る
 『諸艶大鑑』●森田雅也......195 
 『本朝桜陰比事』●大久保順子......199 
 『世間胸算用』●染谷智幸......204
 『西鶴名残の友』●石塚修......209 
 西沢一風●井上和人......213 
 都の錦●川元ひとみ...216 

■ ブックレビュー
 江本裕『西鶴研究--小説篇--』●杉本好伸......220
 吉江久彌『西鶴 思想と作品』●森耕一......226 
 前田金五郎『近世文学雑考』●花田富二夫......229 
  
西鶴と浮世草子 最新文献ガイド[平成18年版]●佐伯孝弘・杉本和寛・菊池庸介編......233
西鶴・浮世草子研究文献目録(稿)[昭和26年〜35年]●倉員正江編......253

■ 特別寄稿
「ナイトメア叢書」(青弓社)が目指すこと......290
●吉田司雄

■グローバリゼーションの中の西鶴 第2回
フランスにおける西鶴研究--半世紀の歩みと今後--●畑中千晶......281

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)