2006年8月 1日

西鶴研究会編『西鶴が語る江戸のラブストーリー―恋愛奇談集』(ぺりかん社、2006.8)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

1139-0.jpg

西鶴が語る江戸のラブストーリー

著者 西鶴研究会編
西鶴が語る江戸のラブストーリー
 
1900円 + 税 (8% 税込:2052円)

ISBN4-8315-1139-0
ISBN978-4-8315-1139-3

2006 年発行

●版元公式サイト
http://www.perikansha.co.jp/Search.cgi?mode=SHOW&code=1000001270&word=%93%FA%96%7B%95%B6%8Aw

歌舞伎・浄瑠璃・小説・コミックなどでも知られる「八百屋お七」の悲劇を中心に、遊里の恋、武家の恋、男同士の純愛、とさまざまな愛の形を、井原西鶴作品の中から厳選。原文と口語訳、語注と解説を付した、刺激的な西鶴入門。目次●西鶴のラブストーリーへの招待/凡例/<町人の恋> 触れた手のぬくもり-『好色五代女』巻四「恋草からげし八百屋物語」/神鳴は恋の隔てか仲立ちか-その(ニ)/あまりて忍ぶ恋-その(三)/お七所計-その(四)/そして彼は生き残った・・・・・・-その(五) <遊里の恋> 胴斬り覚悟―『好色一代男』巻七の一「その面影は雪むかし」/遊郭のオセロー―『諸艶大鑑』巻五の三「死なば諸共の木刀」/遊女はまことの恋なりや-『諸艶大鑑』巻六のニ「小指は恋の焼きつけ」 <武家の恋> 黒子は妻の証―『武家義理物語』巻一のニ「黒子はむかしの面影」/気散じの遊興-『武家義理物語』巻五の五「身がな二つ二人の男に」 <男同士の恋> 男色の真髄―『懐硯』巻一の五「人の花散る疱瘡の山」/純愛の惨劇―『男色大鑑』巻二の二「傘持つても濡るる身」 <夫婦のかたち> 甲斐性無しの男と尽くす女―『世間胸算用』巻三の三「小判は寝姿の夢」/客と遊女の恋の行く末―『西鶴置土産』巻二の二「人には棒振虫同然に思はれ」/別れても好きな人-『万の文反古』巻二の三「京にも思ふやう成ることなし」 <恋愛奇談> 美女は身の敵―『西鶴諸国ばなし』巻五の四「闇がりの手形」/年の差カップルの真相-『本朝桜陰比事』巻一の八「形見の作り小袖」  もう一歩前へ-江戸の街に飛び出そう(八百屋お七関連地図)/遊郭について-遊女・遊里の光と陰/男色とは何か/本書の原典となった作品について/西鶴略年譜/文献案内―西鶴とその時代をより深く知るために/あとがき

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)