2004年8月27日

第19回・西鶴研究会(2004年8月27日(金)午後2時~6時、青山学院大学 総合研究ビルディング 10階 第18会議室)

◇『本朝桜陰比事』について  ~「比事物」で描こうとしたもの~
             
愛知大学大学院文学研究科在学 
松村美奈

 『本朝桜陰比事』は西鶴の作品の中で雑話物の一つに分類されており、「お捌き」形式をとった所謂比事物とも言われている。しかし、作品の評価としては今ひとつである。なぜか。
 私は「名判官物語」という規定がなされた所以ではなか
ろうかと考える。確かに中国の裁判(公案)説話の『棠陰比事』の影響は大きく、この作品を意識して題 名がつけられたということは周知の通りである。また『板倉政要』の板倉父子がモデルなのではという説もあり、裁決の内容からも「名判官物語」と読まれてい くことはごく自然なことであろう。
 しかし、ここで再度考えてみたいのである。西鶴は本当に「名裁判官」の活躍が描きたかったがために「裁判」の形式を取り入れたのであろうか?
 西鶴の中に「名裁判」イコール「比事」という図式は成立していたのだろうか・・・?疑問は尽きない。先行研究にも多様な角度からの「読み方」を提示する ものが見られる。それらをふまえつつ、今回は西鶴がわざわざ「裁判」という狭い「場」を設定した意味とは何か?またその中で何を描こうとしていたのか、と いった点を中心に自分なりに検討していきたいと考えて
いる。
 まずは作品中の町人世界・女性・親子といった人物関係やその描写・言葉などに着目し、キーワード(キーフレーズ)となるものを掘り起こし、この作品の中 に潜んでいる意味を導き出したい。そして他の西鶴作品や西鶴以前以後の「比事物」作品との比較検討を試みることで、西鶴自身が『本朝桜陰比事』に何を求め たのか、また、なぜ『本朝桜陰比事』を書いたのかといったところまでせまり、作品の持つ「独自性」を見出すことができればと考えている


司会は前回発表者の予定です

なお、今回の発表者は松村氏お一人です。
松村氏の発表修了後に、少し長めに時間をとって、浮世草子研究会との合同で刊行予定の研究雑誌について会員全員で討議をしたいと思っております。