saikakurepository.jpg



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr


西鶴研究会と浮世草子研究会が中心となって、2006〜2011に刊行した『西鶴と浮世草子研究』(全五巻)の内容を一部紹介するページです。

現在まで、以下のタイトルを刊行、シリーズ完結いたしました。
【全巻構成】
●『西鶴と浮世草子研究第一号 特集[メディア]』(2006)
●『西鶴と浮世草子研究第二号 特集[怪異]』(2007)
●『西鶴と浮世草子研究第三号 特集[金銭]』(2010)
●『西鶴と浮世草子研究第四号 特集[性愛]』(2010)
●『西鶴と浮世草子研究第五号 特集[芸能]』(2011)
(分売可=各冊2,500円(税別・本体価))

また、5冊セットでの販売も行っています。
西鶴と浮世草子研究 全五冊セット[第一号〜第五号]

このシリーズついて、ただいまパンフレットを作成中です。ご入り用の方は、ぜひメール(info@kasamashoin.co.jp)までご連絡下さい。

無料公開するのは、西鶴ほか、江戸初期の作品研究の利便をはかる他、後進の研究者にアクセスしやすくする、この時代の文学に興味をもってもらう、という意図があります。 ぜひ、ご利用いただければと思います。

西鶴研究会掲示板(最新情報はこちらで)
http://ihasai.bbs.fc2.com/

投稿

【2012.10.24】発熱する胡桃―木越俊介氏の挑発に応える(篠原 進)

【2013.03.28】第三十六回 西鶴研究会◆共同討議「発熱する胡桃[テキスト]」報告(有働 裕)(2013.3.21・於青山学院大学)

【2014.02.28】「その先」を考えるのはいけないことですか―中野三敏氏「西鶴戯作者説再考―江戸の眼と現代の眼の持つ意味―」への共感と疑義 (篠原 進)

【2014.03.04】「西鶴戯作説」の議論に望みたいこと ―司会者の立場から―(有働 裕)

【2014.03.14】「近世文学会」的な、あまりに「近世文学会」的な!(木越治)

【2014.03.14】『西鶴戯作者説再考』寸感(堀切 実)

【2014.03.15】「西鶴戯作者」論争の原点は文学史にあったのではないか。(中嶋隆)

※関連記事【2014.03.15】西鶴論争が盛り上がってきているのかな?(忘却散人ブログ)

【2014.03.23】コップの中の大嵐、果たしてコップを粉砕するか(染谷智幸)

【2014.03.26】「西鶴戯作説」議論に寄せて―「死なば同じ浪枕とや」を中心に―(南 陽子)

※関連記事【2014.03.29】西鶴研究会に参加して(忘却散人ブログ)

※関連記事【2014.04.03】27日の研究会、諸々に感謝(染谷智幸)(西鶴研究会BBS)

※関連記事【2014.04.06】西鶴研究会に参加できなかったので(俳号は三七丸のblog)

※関連記事【2014.04.07】木越治さんのコメントに対して(忘却散人ブログ)

研究史


《第一号》

『本朝二十不孝』●有働裕
『西鶴諸国はなし』●宮澤照恵
『男色大鑑』●広嶋進
『武家義理物語』●藤江峰夫
江島其磧●佐伯孝弘

《第二号》

『諸艶大鑑』●森田雅也
『本朝桜陰比事』●大久保順子
『世間胸算用』●染谷智幸
『西鶴名残の友』●石塚修
西沢一風●井上和人 
都の錦●川元ひとみ

《第三号》

『好色五人女』●南陽子
『武道伝来記』●佐藤智子
『日本永代蔵』●浜田泰彦
『西鶴織留』●水谷隆之
青木鷺水●藤川雅恵 
月尋堂●藤原英城

《第四号》

『好色一代女』●鈴木千恵子
『懐硯』●有働裕
『西鶴置土産』●森耕一
『新可笑記』●平林香織
『浮世栄花一代男』●濱口順一
錦文流●杉本和寛
多田南嶺●神谷勝広

《第五号》

西鶴の実像●矢野公和
北条団水●水谷隆之
秋成の浮世草子●近衛典子


西鶴浮世草子全挿絵画像CD公開(12月予定)


2012.12月に公開予定です。しばらくお待ち下さい。