リポート笠間の購読方法と
バックナンバーギャラリー
リポート笠間の購読方法(購読料、送料・無料)


笠間書院では、年に2回、PR誌を発行しております。
日本語・日本文学をめぐる話題や、
小社刊行物の書評などを掲載するほか、
最新刊行物のご案内をしております。
無料でお送りいたしておりますので、
下記までご請求ください。
お送りできるのは、最新号のみです。ご了承ください。
【連絡先】
〒101-0064
東京都千代田区猿楽町2-2-3
笠間書院 WEB編集部 
●メール
info@kasamashoin.co.jp



60号(2016/05刊行)※5月23〜27日頃に発送予定です。
report60.jpg

『リポート笠間』60号 特集「論争!」
2015.05.20発行
A5判・並製・96頁
装丁・笠間書院装丁室
非売品(無料頒布)

【趣旨】
近世文学研究をテーマに組んだ特集ですが、
他ジャンルでも「論争」がもっと起こるようになれば、という願いを込め編みました。
論争とは何か、そのルールとは。それにとどまらず、直接論争に踏み込んだものまで、4名にお書き頂きました。
   *
その他、オピニオンあり、レビューあり、書評あり、盛りだくさんの内容です。
ぜひお楽しみ下さい。


【目次】

■特集・論争


論争回避の時代に生まれて―それは日本文学研究熱低下の一因なのか?
...福田安典(日本女子大学)
シンポジウム「江島其磧の再発見」とその後
...宮本祐規子(清泉女子大学・日本女子大学非常勤講師)
木越治氏へ―「菊花の約」の尼子経久は論ずるに足らぬ作中人物か
...飯倉洋一(大阪大学)
とかく論争というものは―論争のルール、論争のマナー
...井上泰至(防衛大学校)

■オピニオン
文学雑誌の休刊―国語科教員が研究を考えるということ
...古田尚行(広島大学附属中・高等学校)

■レビュー
「変体仮名あぷり」「くずし字学習支援アプリKuLA(クーラ)」
「木簡・くずし字解読システム―MOJIZO―」レビュー
...岡田一祐(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)

■研究の扉
『新古今和歌集の新しい歌が見つかった!』その後―補遺一点・新出二点
...久保木秀夫(鶴見大学)

■連載[全三回]第二回
東奔西走・観劇映画日記...加藤敦子(都留文科大学)

■学界広場
1○書評

安藤宏『「私」をつくる――近代小説の試み』(岩波新書)
...日置貴之(白百合女子大学)

2○面白かった、この3つ
川崎佐知子(立命館大学)
入口敦志(国文学研究資料館)
吉田幹生(成蹊大学)
吉野朋美(中央大学)
黒石陽子(東京学芸大学)
城﨑陽子(國學院大學兼任講師)
植田 麦(明治大学)
小助川元太(愛媛大学)
石澤一志(学習院大学他非常勤講師)
橋本貴朗(國學院大學)

3○学界時評
日本語の歴史的研究[2015.7-2015.12]...竹内史郎(成城大学)

4○学会リポート
・中古文学会秋季大会シンポジウム
「室町戦国期の『源氏物語』―本の流通・注の伝播―」報告
...新美哲彦(早稲田大学)
・上代文学会秋季大会・シンポジウム
  「日本霊異記─その文学史的位置付けを考える─」レポート
...河野貴美子(早稲田大学)
・京都近世小説研究会二〇一五年十二月例会報告
―西鶴をどう読むか(続・続)―...浜田泰彦(佛教大学講師)
・明星大学日本文化学科国際シンポジウム
「本がつなぐ日本と世界―古典籍と目録・研究の国際化」報告
...勝又基(明星大学)

■新刊案内
2015年末〜2016年刊行の本

http://kasamashoin.jp/shoten/report60_62-96.pdf

■編集後記





59号(2015/11刊行)
report58.jpg


A5判・並製・192頁
装丁・笠間書院装丁室
非売品(無料頒布)


【企画意図】
今回の特集は、古典を現代語訳すること、現代語訳を読むこととは何であるか、あらためて問いたいと思い企画しました。

最近話題となっている河出書房新社『日本文学全集』の編者・池澤夏樹さんへのインタビュー記事には、
【「とにかくみんなに読んでほしい」との思いから、国文学の専門家でなく、作家に訳させることにした。】
とあります(東京新聞)。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/culture/doyou/CK2014081602000226.html


そう思われてしまうのは、なんとなく分かりますし、
作家の文章のほうが読みやすく話題になるということもあるのでしょう。
ただ、作家の文章にせよ、研究者の文章にせよ、
読者に古典の面白さを伝えたいというゴールは同じなはずです。

日本文学の研究者にとって「現代語訳」とは何なのか。
それぞれによってイメージするものは違うはずです。それを表に出したいと思いました。

統一見解を目指すのではなく、その違いを知り、さまざまな各人のイメージの断片を集めることによって、今現在の「現代語訳」像を見つめたいと思います。

■リポート笠間59号、全文PDF公開

以下よりダウンロードしてください!
http://kasamashoin.jp/shoten/report59_full.pdf

【目次】

■特集・古典の現代語訳を考える


1○河出書房新社『日本文学全集』を読む
 池澤夏樹訳『古事記』を通して...三浦佑之
 歌人たちの肉眼で見る―小池昌代訳『百人一首』...田渕句美子
 伊藤比呂美訳『発心集』を読むことをきっかけにして...小島孝之
 言葉の息づかい、佇まい―伊藤比呂美訳『日本霊異記』...兼岡理恵
 古典の世界へつなぐ現代語訳
  ―町田康訳『宇治拾遺物語』を端緒として...渡辺麻里子

2○西鶴作品の小説化
 西鶴浮世草子を小説化すること―剽窃・翻案・改作...中嶋 隆
3○『更級日記』の英訳で考えたこと
 「含意」(connotation)を翻訳に活かすために...伊藤守幸
4○これが面白い! 古典の訳さまざま
 『齋藤和英大辞典』...福田武史
 古典文学のリメイク―心はそのままに、ことばは新しく...谷 知子
 「誤解も理解」の王朝物語入門...星山 健
 現代語訳と解釈の間―名訳の定めがたさ...植木朝子
 五七五七七の現代語訳...白石良夫
5○上田秋成から考える
 現代語訳と研究...木越 治
6○古典の面白さを伝えたいという立場から
 誰のための現代語訳か...大塚ひかり

■エッセイ
蔵書タイトルのデジタル化顛末記...中森康之

■研究の扉
「長門切」問題―平家物語成立論の更新...松尾葦江

■連載[全三回]
東奔西走・観劇映画日記...加藤敦子

■学界広場
1○書評
小川剛生校注『新版 徒然草 現代語訳付き』(角川ソフィア文庫)
  ...深津睦夫

金時徳著『韓半島とユーラシア東海岸の五〇〇年史』
  (メディチメディア社〈韓国ソウル〉)...染谷智幸

2○面白かった、この3つ
滝川幸司
前田雅之
鈴木宏子
大津雄一
今井 上
松本麻子
中嶋真也
谷口雅博
近藤瑞木
神作研一
3○学界時評
日本語の歴史的研究[2015.1-2015.6]...宮地朝子
4○学会リポート
中世文学会・シンポジウム「室町期の古典学」レポート...渡瀬淳子
中古文学会・大会企画「女性文学としての中古文学」報告...松岡智之
日本語学会春季大会・
  シンポジウム「「うた」の日本語研究」報告...浅田 徹

軍記・語り物研究会2015年大会シンポジウム・
 《戦後70年企画》「近代日本と軍記物語―戦争と英雄像―」...和田琢磨

プロジェクト人魚・日本ハイジ児童文学研究会主催・
 シンポジウム「高畑勲の〈世界〉と〈日本〉」...兼岡理恵


■特別寄稿
国文学研究資料館「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画」の動向
大型プロジェクトの進捗状況について―基盤整備・機能強化の側面より―...山本和明


●新刊案内
2014年後半〜2015年12月刊行の本
http://kasamashoin.jp/shoten/report59_111-158.pdf
●笠間書院 刊行図書一覧
品切れ図書以外の過去の刊行物を一覧にしました。




58号(2015/5刊行)
report58.jpg


A5判・並製・64頁
装丁・笠間書院装丁室
非売品(無料頒布)

【目次】

■特集

近代日本の日記文化と自己表象◉田中祐介
日本漢詩文とカノン―「日本漢文学プロジェクト」活動報告◉合山林太郞
古典文学をアクティブ・ラーニングでまなぶ―和歌を演じるワークショップ
 ◉日本文学アクティブラーニング研究会

東アジア宗教文献国際研究集会―唱導論構築に向けての共同研究◉近本謙介

■エッセイ
新しい和歌みくじをつくる―天祖神社歌占プロジェクト◉平野多恵
『源平盛衰記』版本についての覚書◉高木浩明
『新蔵人』絵巻の「越境」性―AAS(アジア学会)での発表報告◉鹿谷祐子

●学界時評
 上代―金沢英之[北海道大学准教授]
 中古―陣野英則 [早稲田大学教授]
 中世―伊藤慎吾[國學院大學非常勤講師]
 近世―井上泰至[防衛大学校教授]
 和歌―小山順子[国文学研究資料館准教授]
 日本語の歴史的研究―福沢将樹[愛知県立大学教授]

●受賞図書
 第32回志田延義賞
 縄手聖子『今様のなかの〈表象〉』(笠間書院)

●2012〜2015年に刊行した本の一覧
●新刊案内
2014年12月〜2015年05月刊行の本
→新刊案内のPDFはこちら
http://kasamashoin.jp/shoten/report38_038-064.pdf



57号(2014/11刊行)
report57.jpg


リポート笠間57号、全文PDF公開
(但し、週刊読書人転載記事「髙橋博史×紅野謙介対談」を除く)
以下よりダウンロードしてください!
http://kasamashoin.jp/shoten/report57_all.pdf


【目次】
●特集 古典を伝えるということ それぞれの現場から
―エッセイというかたちで
[リード文]
古典は、今、現場でどのように伝えられているのか―。
エッセイという形で、
その問題意識なり、感想をそれぞれ投げかけてもらうことで、
古典をめぐる状況を把握し、
読者の皆さんと共有してみたいと考えました。
今回の特集は、古典文学の世界やその研究が、
自閉しないためにはどうしていけばいいか、
何らかのヒントを、それぞれの著者の行間から 見つけてみたいと思い企画したものです。
突然ですが、プロレスの話です。
経営難に陥っていた新日本プロレスを買収し、見事立て直した、
ブシロードグループの社長のインタビューが面白かったのですが、
その中でこんなことを言っていました。
「すべてのジャンルはマニアが潰す。マニアは排他的でライトユーザーを拒絶する」

小社は専門出版社で、マニアな存在です。
自らの扱っている領域の可能性を広げていきたいと考えていますが、さて―。
○研究者が国語教育を考えるということ―「言説の資源」をめぐる
竹村信治[広島大学教授]
○世界と今と自分をみつめる―大学生と読む古典
鈴木 彰[立教大学教授]
○資料と論理のあいだ―大学院のこと
岡﨑真紀子[奈良女子大学准教授]
○その先の古典の海へ
加藤十握[私立武蔵高等学校中学校]
○「まほろばの会」のことなど
木越 治[上智大学教授]
○背伸びと軽さの限界点―海外で古典を伝えること
荒木 浩[国際日本文化研究センター教授]
○翻刻を考える
藤沢 毅[尾道市立大学教授]
○普及活動の根本―公開講座について
川村裕子[武蔵野大学教授]
○古典漫画の二倍の楽しみ
木田博子[早稲田大学大学院修士課程]
○"本役者"としての翻訳家
ツベタナ・クリステワ[国際基督教大学教授]
●追悼
追悼・増尾伸一郎―知と学の〈鍋奉行〉

小峯和明[立教大学名誉教授]
●エッセイ
○ハーバード大留学おぼえがき
―日本文学研究とは何か、外側から見つめ直す

勝又 基[明星大学准教授]
○学会誌電子化・公開の明暗―NII-ELSの事業終了を視野に
和田敦彦[早稲田大学教授]
○国際査読誌『跨境 日本語文学研究』の創刊、および少々の展望

日比嘉高[名古屋大学准教授]
○虚構[エンターテインメント]としての女武者
―静の《コスプレ》と《ギャップ萌え》

岩崎雅彦[國學院大學非常勤講師]
○西岸寺所蔵「九相図」絵解き「再生」の試み
田中貴子[甲南大学教授]
●週刊読書人・対談再録
髙橋博史×紅野謙介対談
高橋新太郎 "己の戦争"との格闘
『高橋新太郎セレクション』全3巻(笠間書院)刊行を機に
●学界時評
 上代―金沢英之[北海道大学准教授]
 中古―陣野英則 [早稲田大学教授]
 中世―伊藤慎吾[國學院大學非常勤講師]
 近世―井上泰至[防衛大学校教授]
 和歌―小山順子[国文学研究資料館准教授]
 日本語の歴史的研究―岡部嘉幸[千葉大学准教授]
 日本漢文学―堀川貴司[慶應義塾大学附属研究所斯道文庫教授]
●受賞図書
本年は、以下2冊が受賞いたしました。

○第26回國華賞
笠嶋忠幸『日本美術における「書」の造形史
○伊賀市・芭蕉翁顕彰会 平成26年度文部科学大臣賞
永井一彰『月並発句合の研究
●刊行書リスト
過去5年間に出した本を一挙紹介します。
●新刊案内
2014年1月〜2014年12月刊行の本
●笠間書院 刊行図書一覧
・品切れ図書以外の過去の刊行物を一覧にしました。


バックナンバーギャラリー
※以下、バックナンバーの在庫はございません。ご了承ください。
report55.jpg report56.jpg
第55号         ・第56号 
report52.jpg report53.jpg report54.jpg 第52号         ・第53号         ・第54号
report49.jpg report50.jpg report51.jpg 第49号         ・第50号         ・第51号         
report46.jpg report47.jpg report48.jpg 第46号         ・第47号         ・第48号
report43.jpg report44.jpg report45.jpg 第43号         ・第44号         ・第45号
report40.jpg report41.jpg report42.jpg 第40号         ・第41号         ・第42号
report37.jpg report38.jpg report39.jpg 第37号         ・第38号         ・第39号
report34.jpg report35.jpg report36.jpg 第34号         ・第35号         ・第36号
report31.jpg report32.jpg report33.jpg 第31号         ・第32号         ・第33号
report28.jpg report29.jpg report30.jpg 第28号         ・第29号         ・第30号
report25.jpg report26.jpg report27.jpg 第25号         ・第26号         ・第27号
report22.jpg report23.jpg report24.jpg 第22号         ・第23号         ・第24号
report19.jpg report20.jpg report21.jpg 第19号         ・第20号         ・第21号
report16.jpg report17.jpg report18.jpg 第16号         ・第17号         ・第18号
report13.jpg report15.jpg
第13号         ・第15号         
report10.jpg report11.jpg report12.jpg 第10号         ・第11号         ・第12号
report07.jpg report08.jpg report09.jpg 第7号         ・第8号         ・第9号
report04.jpg report05.jpg report06.jpg 第4号         ・第5号         ・第6号
report01.jpg report02.jpg report03.jpg
第1号         ・第2号         ・第3号