笠間書院 kasamashoin ONLINE: アーカイブ

shinchaku.gif
日比谷孟俊『江戸吉原の経営学』(笠間書院)
猪瀬千尋『中世王権の音楽と儀礼』(笠間書院)
ノートルダム清心女子大学日本語日本文学科リレーエッセイ【第172回】古池に蛙は何匹飛び込んだのか?(東城敏毅)
秦 恒平『湖(うみ)の本138 美の深窓・美の散歩』
「大人のための武士が活躍しはじめた、その頃のお話し。―奈良絵本『保元物語』『平治物語』と平曲―」(2018年3月1日(木)14:00〜16:30、国分寺市立いずみホール(東京))
シンポジウム「長唄における獅子物 ―二つの系譜―」(2018年3月13日(火)14:00〜16:30、日本女子大学 目白キャンパス)
稲葉有祐『宝井其角と都会派俳諧』(笠間書院)
谷口雅博『風土記説話の表現世界』(笠間書院)
『鈴屋学会報』第34号に、裵寛紋(ベ・カンムン)『宣長はどのような日本を想像したか 『古事記伝』の「皇国」』(笠間書院)の書評が掲載されました(評者・森瑞枝氏)
京都女子大学国文学会『女子大國文』第162号(平成30年1月)
シンポジウム「―日本的演劇空間とは何か―」(2017年3月10日(土)12:00 - 17:00、東京芸術劇場大会議室)
河添房江編『アクティブ・ラーニング時代の古典教育ー小・中・高・大の授業づくりー』(東京学芸大学出版会)
水門の会東京例会・第四回国際シンポジウム「東アジアの古辞書」(2018年3月3日(土)10:00~16:00、大東文化会館)
森正人『「親米」日本の誕生』(角川選書)
社会言語科学会第41回研究大会(2018年3月10日(土)、11日(日)、東洋大学・白山キャンパス)
『ユリイカ 2018年2月号』(広告掲載)
曽倉岑氏(青山学院大学名誉教授)逝去
時代劇・歴史ドラマは台詞で決まる!-世界観を形づくる「ヴァーチャル時代語」-(2018年3月9日(金) 14:00〜17:00、早稲田大学小野記念講堂)
古代文学会2月例会(第697回)(2018年2月10日(土)午後2時〜、大東会館K−404)
朝里 樹『日本現代怪異事典』(笠間書院)
最新の記事

2018年2月22日

 この記事のカテゴリーは : 新刊案内です。

●日比谷孟俊『江戸吉原の経営学』(笠間書院)

Twitterでつぶやく

3月上旬の刊行予定です。

70892_k.jpg

日比谷孟俊『江戸吉原の経営学』(笠間書院)
ISBN978-4-305-70892-2 C0091
A5判・上製・カバー装・368頁+口絵8頁
定価:本体5400円(税別)

江戸吉原に新たなビジネス・チャンスを求めて──

多様な文化を内包する江戸の遊里・吉原。
本書は従来の研究が進められてきた文化的側面を俯瞰しつつ、寺社や関係者子孫に伝わる一次資料、妓楼・遊女の情報を伝える当時の案内書『吉原細見』、遊女絵から読み取れる「紋」などの情報から経営面を実証的に検証。
妓楼の経営者たちや経営実態、遊女のマネジメント、経営戦略などを読み解いていく。

図版多数掲載!

【 吉原の「経営的側面」は、研究として未着手の領域と呼んでよいであろう。これには「人的ネットワーク」、「経営」および「遊女のマネジメント」の三つが挙げられる。ここで、一番大きな要素(システムとしてのステークホルダー)は経営者としての楼主である。「人的ネットワーク」という語に代表されるように、吉原を経営した人々が社会的にどういう階層に属しており、どのような道筋で吉原の経営に関わっていったのかを解明する研究や、「経営」における資本の役割に注目した研究、さらに遊女を扱う「マネジメント」に関する研究はまったくなされていない。(中略)本書では、吉原の「経営的側面」という未着手の領域を明らかにすると同時に、これまで縦割りでなされていた吉原研究の方法を見直すため、「文化的側面」もあわせ俯瞰的に捉えることで、吉原というシステム・オブ・システムズの在り方を解明してゆく。...「はじめに」より】

-----------

■著者紹介

日比谷孟俊(ひびや・たけとし)

1945年生まれ。1971 年慶應義塾大学大学院応用化学専攻修士課程修了。工学博士、博士(文学)。日本電気株式会社基礎研究所主席研究員、首都大学東京システムデザイン学部教授、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授を経て、現在、慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究所顧問。実践女子大学研究研究推進機構研究員。

-----------

■ご予約・ご注文はこちら

○全国の書店でご予約・ご注文出来ます。お近くの書店にご注文下さい。

○笠間書院から直接購入することも可能です。笠間書院 Web Shop[クレジット決済]。ネット書店での購入をご希望の場合もこちらをご覧下さい。
http://shop.kasamashoin.jp/bd/isbn/9784305708922/

○公費・郵便振替でのご購入の場合
直接小社まで、メール info@kasamashoin.co.jp または下記のフォームで、購入希望としてご連絡ください(書名・冊数・お名前・ご住所・電話番号を明記してください)。
http://kasamashoin.jp/mailform.html

-----------

【目次】

はじめに─吉原の経営と文化をみると何がわかるのか

第一部 新しいビジネス・チャンスを求めて

第一章 吉原を席捲する尾張の経営者たち

一 吉原のはじまり
二 尾張出身者に関する沢田の先駆的研究
三 光明寺資料の調査
四 元禄『絵入大画図』との比較
五 尾張出身の妓楼経営者たち
六 岩屋寺香炉の寄進者の検証
七 常滑の東光寺で新たに発見された見番大黒屋の記録
八 尾張出身者が吉原に進出した理由
九 浮世絵にみる吉原の尾張コミュニティ
十 おわりに

コラム(1)『嫦娥農色児』

第二章 妓楼の経営実態と営業戦略─和泉屋平左衛門を例として

一 妓楼和泉屋平左衛門のはじまり
二 妓楼和泉屋平左衛門の資本はどこから
三 浮世絵にみる妓楼和泉屋平左衛門の発展
四 和泉屋における遊女の心中事件
五 天保の改革と経営危機
六 妓楼における客寄せ─大黒屋文四郎の場合
七 和泉屋平左衛門と八代目市川団十郎
八 妓楼「鶴和泉屋清蔵」
九 和泉屋清蔵と遊女の文芸活動
十 おわりに

コラム(2)「吉原夜景」

第三章 妓楼の危機管理─安政大地震、幕末の混乱

一 安政大地震の被害状況
二 和泉屋における仮宅営業
三 仮宅場所と期間決定の経緯
四 仮宅場所「花川戸」の既得権
五 幕末から維新の混乱
六 芸娼妓解放令と和泉屋の転身
七 おわりに

コラム(3)吉原での遊び

第二部 浮世絵から探る妓楼の経営戦略と文化ネットワーク

第四章 妓楼の営業政策
─『契情道中双娽見立よしはら五十三対』の初板と後板の開板年を手がかりに

一 はじめに
二 開板年を解き明かす研究手法の提案
三 「道中双娽」の開板時期とその目的
四 「道中双娽」の異板について
五 おわりに

コラム(4)津藤と山彦文次郎

第五章 妓楼の人事政策─紋から読み解く

一 はじめに
二 「和泉屋平左衛門仮宅之図」における紋の扱い
三 海老屋内「鴨緑」における紋の扱い
四 竹村伊勢の積み物が描かれた他の例
五 後板藍摺における紋の扱い
六 グループとしての同一紋の使用例
七 贔屓客の紋を描く絵
八 文政期遊女絵の特徴
九 おわりに

コラム(5)吉原は明るい所か暗い所か

第六章 江戸の音曲ネットワーク・システムを回した男─山彦新次郎

一 祭礼、歌舞伎、吉原俄─相互のかかわりと先行研究
二 吉原俄について
三 歌舞伎と吉原俄との関わり
四 山彦新次郎、文次郎父子と歌舞伎ならびに吉原俄
五 山彦父子と神田明神および山王権現祭礼
六 菅野序遊父子(山彦父子)と一中節
七 おわりに

あとがき
索引(書名・人名・事項・地名)

2018年2月21日

 この記事のカテゴリーは : 新刊案内です。

●猪瀬千尋『中世王権の音楽と儀礼』(笠間書院)

Twitterでつぶやく

3月上旬の刊行予定です。

70893_k.jpg

猪瀬千尋『中世王権の音楽と儀礼』(笠間書院)

ISBN978-4-305-70893-9 C0095
A5判・上製・カバー装・452頁
定価:本体8500円(税別)

音楽はどのような政治性と権力性を有していたのか

遊芸ではなく、有職故実に裏打ちされた高度な政治の一貫として音楽を捉えなおし、果たした役割を明らかにする。
文学・歴史・芸能・美術史・建築史ほか、あらゆる視点から文献を読み解き、宮廷儀礼における音楽の実態を考察。変遷をたどり、中世音楽の全体史を示す。
唱導文献の読解により、王権を支えた音楽の宗教性も解明。
音楽がなぜ重要なのか、という根源的問題に迫る。

【本書は日本中世の王権の中で、音楽が果たした役割について考察したものである。音楽が持つ特質を権力性、身体性、宗教性の三点ととらえ、三つの特質が事象としてあらわれる場である儀礼を分析の中心とする。その考察の方法は、注釈と書誌学的分析にもとづいて、時代のものの見方に即した「読み」を提示する、日本文学研究において一般的な方法である。ただし扱う資料は、従来の文学作品の枠にとどまらず、仮名日記や漢文日記、故実書や唱導、図像や楽器についても視野におく。儀礼と儀礼を形づくる諸資料の分析を通して、文学--歴史--思想が連関する、音楽の文化的動態を解明することが本書の目的である。...序章より】

●本書の試し読みはこちら
http://hanmoto4.tameshiyo.me/9784305708939

-----------

■著者紹介

猪瀬千尋(いのせ・ちひろ)

1984年生。2013年名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。名古屋大学大学院文学研究科附属人類文化遺産テクスト学研究センター研究員。博士(文学)。
主要論文に「『古今著聞集』管絃部二六五話の福天神縁起について―ダキニ法と『刀自女経』をめぐって」(『説話文学研究』第52号、2016年9月)、「妓女におけるイメージの連関」(『日本文学』第66巻第7号、2016年7月)、「文治二年大原御幸と平家物語」(『中世文学』第61号、2015年6月)などがある。

-----------

■ご予約・ご注文はこちら

○全国の書店でご予約・ご注文出来ます。お近くの書店にご注文下さい。

○笠間書院から直接購入することも可能です。笠間書院 Web Shop[クレジット決済]。ネット書店での購入をご希望の場合もこちらをご覧下さい。
http://shop.kasamashoin.jp/bd/isbn/9784305708939/

○公費・郵便振替でのご購入の場合
直接小社まで、メール info@kasamashoin.co.jp または下記のフォームで、購入希望としてご連絡ください(書名・冊数・お名前・ご住所・電話番号を明記してください)。
http://kasamashoin.jp/mailform.html

-----------

【目次】

例言

序章 本書の課題と方法
 一 近代における音楽研究
 二 戦前文化史から戦後芸能史へ
 三 本書の課題
 四 各章の構成と本書の視座

第一部 歴史と権力

第一章 琵琶の時代の特質
 はじめに
 一 累代御物の成立
 二 累代楽器の特質
 三 秘曲伝授と累代楽器
 四 後醍醐天皇と累代楽器の紛失
 五 琵琶の時代と笙の時代
 六 中近世の名器と御遊
 結語

第二章 御楽の成立と展開
 はじめに
 一 御楽の成立まで
 二 御楽の成立
 三 後醍醐天皇における御楽
 四 御楽の展開
 五 御楽始と七夕御楽
 六 御楽の特質と背景
 結語

第三章 三ヶ夜内侍所御神楽をめぐって
 はじめに
 一 基礎文献の整理及び内侍所御神楽の分類
 二 寿永二年と延元元年の三箇夜内侍所御神楽
 三 秘曲「昼目」について
 四 『建武年中行事』の構想と後醍醐天皇の身体
 五 観応、文和の動向
 六 明徳、応永の三箇夜内侍所御神楽
 結語

第四章 歴史叙述における仮名の身体性と祝祭性─定家本系『安元御賀記』を初発として─
 はじめに
 一 「宮廷誌」論と「北山第行幸仮名記」
 二 舞御覧の特質
 三 仮名によって音(こえ)はおぎなわれる
 四 仮名は儀礼を祝祭し、日記の文脈を「語り」へと変える
 五 仮名は儀礼と儀礼とをつなぐ
 結語
 参考資料 「北山第行幸仮名記」(付『公種記』)

第二部 空間と身体

第五章 琵琶秘曲伝授儀礼の形成をめぐって
 はじめに
 一 藤原貞敏の事跡(九世紀)
 二 貞保親王と『南宮琵琶譜』(十世紀前半)
 三 桂流と西流および藤原忠実(十一世紀から十二世紀)
 四 藤原師長による儀礼の確立(十二世紀後半)
 五 天皇家への伝授(十三世紀前半)
 六 貞敏伝承の拡大
 七 唱導の中の秘曲伝授
 結語

第六章 啄木本譜外口伝について─『啄木調小巻物』をめぐって─
 はじめに
 一 『文机談』の本譜外口伝
 二 持明院統における本譜外口伝
 三 後醍醐と本譜外口伝
 四 久我兼親、隆淵による秘説の流出
 結語
 参考資料 宮内庁書陵部蔵伏見宮旧蔵『啄木調小巻物』

第七章 弁才天をめぐる造形と文芸
 はじめに
 一 儀軌と図様の四分類
 二 偽経類の形成
 三 中世における弁才天と文芸(世俗側)
 四 中世における弁才天と文芸(僧侶側)
 結語

第八章 妙音堂について─秘曲伝授儀礼の復元─
 はじめに
 一 秘曲伝授と妙音天の歴史
 二 秘曲伝授の本尊様式
 三 堂宇の復元と儀礼の再現
 四 秘曲伝授における本尊の生身性
 五 形骸化する秘曲伝授と西園寺家による妙音天信仰の再興
 結語

第九章 『妙音講式』について
 はじめに
 一 『妙音講式』概要
 二 次第と空間
 三 表白と伽陀
 四 第一段式文と尊格の同一化
 五 第二段式文と音楽の功徳
 六 第五段式文と講式の受容
 七 『妙音講式』の影響
 結語

第三部 言葉と宗教

第十章 中世前期における狂言綺語観の展開
 はじめに
 一 諸法実相論の展開
 二 澄憲「和歌政所結縁経表白」と『法華経』
 三 「依地蹶者還依地而起」と順縁、逆縁
 四 『柿本講式』と妄執の顕在化
 五 『月講式』と心における諸法実相論
 六 『音楽講式』と宿執
 結語

第十一章 禅寂作『月講式』について─東から西へ往く本尊─
 はじめに
 一 講式の構成
 二 本尊の重層性
 三 懺悔発露の式文と論理展開
 四 観想法の重層性
 五 『月講式』の意図するもの
 結語

第十二章 「宿執」について
 はじめに
 一 「宿」の側面
 二 「執」の側面
 三 諸道との重なり
 四 『古今著聞集』「宿執」編の解釈
 五 宿執と狂言綺語観
 結語

第十三章 音楽儀礼における狂言綺語観
 はじめに
 一 法楽としての音楽と「簫笛琴箜篌」の句
 二 『順次往生講式』にみえる諸法実相論
 三 信西による弥勒講と舞妓
 四 声としての狂言綺語観
 結語

第十四章 後白河院における声と儀礼
 はじめに
 一 研究史の整理と方法
 二 積まれる声
 三 夜/夢想/霊験の声
 四 参籠と法楽の声
 五 紡がれる声
 六 聖との結託と御自行
 七 追討の声、追善の声
 八 統合される声
 結語

終章 中世王権の音楽と儀礼
 一 宮廷音楽儀礼の特質
 二 後醍醐の身体と儀礼の再構築
 三 古典と王権
 四 内乱の余波と中世音楽の展開
 五 秘曲伝授の展開
 六 秘曲伝授と唱導、説話とのつながり
 七 音楽における宗教性の喪失

引用文献一覧
初出一覧
あとがき
索引(人名/書名・曲名・事項)

2018年2月20日

 この記事のカテゴリーは : ホームページ紹介です。

●ノートルダム清心女子大学日本語日本文学科リレーエッセイ【第172回】古池に蛙は何匹飛び込んだのか?(東城敏毅)

Twitterでつぶやく

【 言わずと知れた松尾芭蕉の著名な俳句、
  古池や蛙飛び込む水の音
 さて、これを英訳する場合、「蛙」は"a frog"なのでしょうか、"frogs"なのでしょうか。私たち日本人(現代人)の感性から言えは、以下のように考えるのが自然ではないでしょうか。】

●続きはこちら
http://www.ndsu.ac.jp/department/japanese/blog/2018/02/172.html

2018年2月19日

 この記事のカテゴリーは : いただいた本・送られてきた本です。

●秦 恒平『湖(うみ)の本138 美の深窓・美の散歩』

Twitterでつぶやく

秦恒平氏よりいただきました。

3546_001.jpg

秦氏の公式サイトはこちら
http://hanaha-hannari.jp

A5判・並製・172頁
2018年2月1日発行
定価2500円

〒202-0004 西東京市下保谷2-8-28
発行所:「湖(うみ)の本」版元

【目次】

美の深窓
 顔と首
 女の壺
 火と土の神話
 赤繪の魅力
 道具としてのやきもの
 工藝三題 寂びしき工藝・重たい工藝・しゃべる工藝
 菱田春草の無念
 上村松園と樋口一葉
 鏑木清方と上村松園
 土田麦僊の佐渡と朝鮮
 村上華岳・内なる不安の凝視
 小野竹喬・瞑黙の深い明るみ
 芹沢銈介・書味の快哉
 上村松篁・鷹は去った
 繪の奥に

美の散歩

私語の刻

 この記事のカテゴリーは : 学会・講演会・展覧会情報です。

●「大人のための武士が活躍しはじめた、その頃のお話し。―奈良絵本『保元物語』『平治物語』と平曲―」(2018年3月1日(木)14:00〜16:30、国分寺市立いずみホール(東京))

Twitterでつぶやく

講座・公演情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.nishogakusha-u.ac.jp/news/?contents_id=878

ーーーーーーー

日時:2018年3月1日(木)14時:00〜16:30
会場:国分寺市立いずみホール(東京、JR西国分寺駅より徒歩約2分)
【申込不要・入場無料】

第一部 奈良絵本『保元物語』『平治物語』講座
 講演「武士が活躍しはじめた、その頃のお話。」...二松學舍大学文学部教授 磯水絵
 奈良絵本読み聞かせ...二松學舍大学磯水絵ゼミナール学生

第二部 平曲公演
 平曲解説...法政大学教授 スティーヴン・G・ネルソン
 平曲「祇園精舎」「我身栄華」「逆落し」...前田流平家詞曲相伝 新井泰子・内田亜季

主催:奈良絵本と平曲の会(二松學舍大学後援)

【お問い合わせ先】
二松學舍大学地域連携室
TEL:04-7191-8753

 この記事のカテゴリーは : 学会・講演会・展覧会情報です。

●シンポジウム「長唄における獅子物 ―二つの系譜―」(2018年3月13日(火)14:00〜16:30、日本女子大学 目白キャンパス)

Twitterでつぶやく

シンポジウム情報です。

●公式サイトはこちら
https://goo.gl/61E2ys

日時:平成30年(2018)年3月13日(火)14:00~16:30 [開場:13:30]
会場:日本女子大学 目白キャンパス 新泉山館一階 大会議室
【入場無料・事前申し込み不要・先着100名】

1.能楽系の獅子―一節切から蘇るクルイの古譜―
 〈講演〉長唄における獅子物...配川美加 [日本女子大学学術研究員]
 〈講演〉「能楽の獅子と長唄のクルイ」...高桑いづみ[国立文化財機構東京文化財研究所 特任研究員]
 〈実演〉長唄「相生獅子」...唄・三味線=日吉栄寿
 〈実演〉一節切復元演奏「相生獅子」(『糸竹五色貝』より)...一節切=笠原雅子

2.もう一つの獅子物―歌舞伎音楽の獅子―
 〈講演〉「河東節・清元節・長唄にみる神楽・角兵衛獅子の旋律比較」...配川美加 [日本女子大学学術研究員]
 〈実演〉河東節「神楽獅子」...三味線・山彦青波
 〈実演〉清元節「鞍馬獅子」...浄瑠璃=清元延綾・清元延寿鏡、三味線=清元延美雪、上調子=清元延亜希郎
 〈実演〉長唄「越後獅子」「角兵衛」「梅の栄」ほか...唄=日吉栄寿、三味線=杵屋三澄那

司会=坂本清恵[日本女子大学文学部教授]

【お問い合わせ先】
日本女子大学文学部日本文学科 中央研究室
〒112-8681 東京都文京区目白台2-8-1
TEL/FAX:03-5981-3522
E-mail:gakujutu@fc.jwu.ac.jp

2018年2月16日

 この記事のカテゴリーは : 新刊案内です。

●稲葉有祐『宝井其角と都会派俳諧』(笠間書院)

Twitterでつぶやく

3月上旬の刊行予定です。

70891_k.jpg

稲葉有祐『宝井其角と都会派俳諧』(笠間書院)

ISBN978-4-305-70891-5 C0091
A5判・上製・カバー装・626頁+口絵2頁
定価:本体9000円(税別)

其角の俳諧は江戸文芸史・文化史にどう位置づけられるのか

芭蕉門最古参の俳人・宝井其角。
言語遊戯性が高く洒落で趣向を好む都会派俳諧で
江戸において絶大な人気を誇った。

研究史に置き去りにされていたその姿を
漢詩を範として確立した〈唱和〉という句作法、
門人たちに委譲された点印による師系伝承の制度、
社会背景・文化的事象の三つの側面から考究。

其角と都会派俳諧の史的な意義を提示し、
新たな価値体系構築への指針を提示する。

【元禄七年〈一六九四〉の芭蕉没後、蕉門は、言語遊戯性が高く闊達・洒落で趣向を好む都会派(都市系)と、俗談平話を標榜し平明な句を志向する田舎派(地方系)との二方向に大きく分裂する。前者にいう都市とは特に江戸のことを指し、その代表的な人物が本書で中心に論じる蕉門最古参の俳人、宝井其角(寛文元年〈一六六一〉〜宝永四年〈一七○八〉)である。(中略)其角流俳諧の本質的理解なくしては、江戸文芸史・文化史に大きな欠落を生み出しかねず、これを総合的に考察する意義は決して小さくない。このような意図のもと、本書は第一部「其角俳諧の方法─〈唱和〉の潮流をめぐって─」、第二部「点印付嘱の意義─俳人達のステイタス─」、第三部「都会派俳諧の諸相」とし、其角と都会派俳諧を句作法、師系伝承の制度、社会背景・文化的事象との関わりといった三つの側面から考究する。...「はじめに」より】

-----------

■著者紹介

稲葉有祐(いなば・ゆうすけ)

1977年東京生まれ。國學院大学文学部卒業。二松學舍大学文学研究科博士前期課程修了。立教大学文学研究科博士課程後期課程修了。博士(文学)。現在、早稲田大学教育・総合科学学術院助教。
著書に『江戸吉原叢刊』第1・4〜7巻(共著、八木書店、2011年〜2012年)、『化物で楽しむ江戸狂歌 『狂歌百鬼夜狂』をよむ』(共著、笠間書院、2014年)、『連歌大観』第1・3巻(共著、古典ライブラリー、2016年・2017年)など。

-----------

■ご予約・ご注文はこちら

○全国の書店でご予約・ご注文出来ます。お近くの書店にご注文下さい。

○笠間書院から直接購入することも可能です。笠間書院 Web Shop[クレジット決済]。ネット書店での購入をご希望の場合もこちらをご覧下さい。
http://shop.kasamashoin.jp/bd/isbn/9784305708915/

○公費・郵便振替でのご購入の場合
直接小社まで、メール info@kasamashoin.co.jp または下記のフォームで、購入希望としてご連絡ください(書名・冊数・お名前・ご住所・電話番号を明記してください)。
http://kasamashoin.jp/mailform.html

-----------

【目次】

はじめに
引用凡例

第一部 其角俳諧の方法 ─〈唱和〉の潮流をめぐって─

第一章 憧憬としての追和
はじめに
第一節 句題という方法 
第二節 虚構の空間、泊船堂 
第三節 東西の呼応『俳諧次韻』 
第四節 「詩あきんど」歌仙の追和 
まとめ 

第二章 挑発としての唱和
はじめに 
第一節 木因との蕉風宣布 
第二節 『冬の日』の衝撃 
第三節 「古池や」句の反響 
第四節 「蓑虫」と素堂・一蝶 
第五節 『続虚栗』の配列法 
第六節 唱和・競吟『句餞別』 
第七節 尾張再遊 
第八節 〈時雨〉の競吟『猿蓑』
第九節 芭蕉終焉と『枯尾華』   

第三章 方法としての「句兄弟」    
はじめに 
第一節 作者の視点と読者の視点 
第二節 漢詩作法と「反転」 
第三節 本歌取と「反転」 
まとめ 

第四章 「句兄弟」の受容
はじめに 
第一節 「句兄弟」の方法と同時代の反響 
第二節 享保期の模索と継承 
第三節 大名文化圏への波及 
第四節 安永・天明期における上方の動向 
第五節 文化期から幕末へ  
   

第二部 点印付嘱の意義 ─俳人達のステイタス─

第一章 点取の展開と点印
はじめに 
第一節 点取の濫觴と変遷 
第二節 点取と其角点印 
第三節 江戸座の組織化 
第四節 江戸座の分裂と座側の形成 
第五節 江戸座点取の隆盛 

第二章 其角の点印、貞佐系Ⅰ類印の付嘱
はじめに 
第一節 其角の点印 
第二節 柳沢文庫蔵点印譲り状 
第三節 平砂から貞喬への付嘱 
第四節 貞喬の夭折と桑岡氏の再興 
第五節 東㝢から月村への付嘱 
まとめ 

第三章 其角の点印、湖十系Ⅱ類印の付嘱
はじめに 
第一節 其角から秋色への付嘱 
第二節 初世湖十老鼠肝と〈其角正統〉 
第三節 二世巽窓の付嘱と点印の複製 
第四節 三世風窓の其角座経営 
第五節 四世晋窓の夭折と五世九窓 
第六節 六世昇窓の其角座再興 

第四章 点印と大名文化圏
はじめに 
第一節 大名点取と其角・沾徳、江戸座   
第二節 紀逸点印の争奪戦 
第三節 米翁の点印趣味 
第四節 菊貫の点印趣味 
まとめ 

第三部 都会派俳諧の諸相

第一章 「闘鶏句合」の構想 
はじめに 
第一節 冠里サロンと「闘鶏句合」     
第二節 隠し点「半面美人」 
第三節 舞台としての「治鶏坊」 
第四節 相撲興行の趣向 
第五節 源平合戦の文脈 
第六節 『史記』の文脈 
第七節 史的位置と意義 
第八節 江戸賛歌・天下祭 
まとめ─「宝永」への祈り 

第二章 江戸俳諧と「初午」 
はじめに
第一節 初期俳諧の「初午」 
第二節 其角と「初午」 
第三節 宝永・享保期の俳諧一枚摺 
第四節 『徘徊稲荷の祭集』と奈良茂 
第五節 『江府諸社俳諧たま尽し』の刊行 
まとめ─その後の「初午」 

第三章 赤穂義士追善への視線 ─七回忌集『反古談』─
はじめに 
第一節 江戸俳諧と赤穂浪士 
第二節 討ち入り、その後 
第三節 『橋南』編集の背景 
第四節 宝永の大赦、七回忌追善へ 
まとめ 
付 録 翻刻『反古談』 

第四章 昇窓湖十伝
はじめに 
第一節 『湖十伝』著者、佐藤信古と昇窓の出自 
第二節 其角座の状況と昇窓の宗匠立机  
第三節 幕閣・大名文化圏と昇窓   
まとめ 

おわりに 

主要参考資料 
掲載図版  
あとがき 
索引(人名/書名)

2018年2月15日

 この記事のカテゴリーは : 新刊案内です。

●谷口雅博『風土記説話の表現世界』(笠間書院)

Twitterでつぶやく

3月上旬の刊行予定です。

70890_k.jpg

谷口雅博『風土記説話の表現世界』(笠間書院)

ISBN978-4-305-70890-8 C0095
A5判・上製・カバー装・312頁
定価:本体6500円(税別)

風土記作品論のあらたな可能性を切り拓く!

風土記は、各編者が地域独自の文書として仕上げ、中央へ提出したものであった。そのため、各国風土記の文章には土地の言葉を示そうとする様々な「装い」が凝らされ、そこに文学作品として享受し得る要因が存在する。

まとまった写本が伝わる、常陸・出雲・豊後・肥前・播磨国の風土記を対象に、文字テキストとして神話・説話を検討し、構成・配列意識も含め、文学作品としての意義・価値を位置づける。

【風土記の研究はここ数十年の間に各段に進展してきた感がある。本文批評、受容史、研究史等、多くの論考が発表されてきた。しかし、やはりその書としての性質上、個々の風土記をそれぞれに文学作品として検討するということには慎重さが求められるように思われる。本書では各章において、各国風土記の作品研究の可能性を論じてきた。現状ではまだほんの一部を検討したにすぎない。今後も風土記の作品研究を─できる限り慎重に─推進して行きたい。......終章より】

●本書の試し読みはこちら
http://hanmoto4.tameshiyo.me/9784305708908

-----------
■著者紹介

谷口雅博(たにぐち・まさひろ)

1960年9月、北海道生まれ。
1991年3月、國學院大學大学院文学研究科博士課程後期 所定単位修得退学。
2009年7月、博士(文学)取得(國學院大學)。
現在、國學院大學文学部准教授。

主な著書
『古事記の表現と文脈』(おうふう、2008年11月)
『風土記探訪事典』(共著、東京堂出版、2006年9月)
『風土記を読む』(共著、おうふう、2006年6月)

-----------

■ご予約・ご注文はこちら

○全国の書店でご予約・ご注文出来ます。お近くの書店にご注文下さい。

○笠間書院から直接購入することも可能です。笠間書院 Web Shop[クレジット決済]。ネット書店での購入をご希望の場合もこちらをご覧下さい。
http://shop.kasamashoin.jp/bd/isbn/9784305708908/

○公費・郵便振替でのご購入の場合
直接小社まで、メール info@kasamashoin.co.jp または下記のフォームで、購入希望としてご連絡ください(書名・冊数・お名前・ご住所・電話番号を明記してください)。
http://kasamashoin.jp/mailform.html

-----------

【目次】
凡例

序章 風土記の成立と性質
一 風土記撰進の官命と各国風土記の記事内容
二 風土記を読むということ
三 本書の概略

第一部 風土記の異伝

第一章 『常陸国風土記』国号起源説話考
はじめに
一 異説並記・茨城郡名の場合
二 異説並記・角折浜の場合
三 国名起源譚
おわりに

第二章 『播磨国風土記』「一云」「一家云」の用法
はじめに
一 「一云」と旧地名
二 異説配列の意識
三 異説並記の意義
おわりに

第三章 『肥前国風土記』佐嘉郡郡名起源説話の特質―異伝記載の意図を考える―
はじめに
一 『肥前国風土記』の「一云」
二 佐嘉郡郡名起源後半部の考察
三 佐嘉郡郡名起源前半部の考察
四 地名由来の重層性
おわりに

第二部 風土記の作品世界

第四章 『常陸国風土記』「風俗諺」の記載意義
はじめに
一 「諺」の範囲
二 『常陸国風土記』中の「諺」
三 国名起源譚の特異性
四 本文と注記との関係
五 古老伝承と「俗」詞章との対応
おわりに

第五章 『常陸国風土記』倭武天皇の時代認識
はじめに
一 時代と人物との対応
二 「古」「昔」の時代と天皇の時代
三 征討の時代から巡行の時代へ
四 倭武天皇の問題
おわりに

第六章 『常陸国風土記』多珂郡「サチ争い」説話の意義
はじめに
一 記事内容の検討(1)狩への誘い
二 記事内容の検討(2)狩猟の失敗
三 橘皇后と常世国
四 記事配列の意識
おわりに

第七章 『出雲国風土記』「古老伝云」の内と外
はじめに
一 『出雲国風土記』の「古老」
二 大原郡における古老系と非古老系
三 来次郷―八十神と青垣山―
おわりに

第八章 『出雲国風土記』郡郷名の表記意識―地名起源説明記事との関わりから―
はじめに
一 好字と起源説明記事
二 改字の実態
三 改字の二重性
四 好字の意味内容
五 地名起源記事と地名表記との関わり
おわりに

第九章 『出雲国風土記』地名起源記事の文体―〈秋鹿郡〉を中心に―
はじめに
一 「神坐型」
二 「神詔型」
三 〈秋鹿郡〉郡名起源と郷名起源
おわりに

第三部 風土記神話の文学性

第十章 風土記の異類婚―始祖を語る〈型〉―
はじめに
一 風土記の異類婚の特質
二 『常陸国風土記』の蛇神祭祀
三 ヌカビコ・ヌカビメ
おわりに

第十一章 『常陸国風土記』香島郡「事向」の文脈
はじめに
一 『古事記』の「言向(言趣)」
二 『常陸国風土記』香島郡前半部の分析
三 『常陸国風土記』香島郡後半部の分析
おわりに

第十二章 『出雲国風土記』の「御祖命」―仁多郡三津郷を中心に―
はじめに
一 「大神」と「御祖命」
二 『古事記』の「御祖(命)」
三 『出雲国風土記』の「御祖」
おわりに

第十三章 『播磨国風土記』の天日槍命と葦原志許乎命
はじめに
一 『日本書紀』の天日槍
二 『播磨国風土記』の天日槍命
三 葦原志許乎命登場の所以
おわりに

第十四章 『肥前国風土記』弟日姫子説話考―異類婚姻譚と歌―
はじめに
一 問題の所在
二 狭手彦と弟日姫子
三 神人の歌の持つ意味
四 風土記的始祖伝説
五 異類婚姻譚と歌
おわりに

終章 風土記の装いと記事配列意識

初出一覧
あとがき
索引(事項・引用文献)

 この記事のカテゴリーは : 書評・パブリシティ情報です。

●『鈴屋学会報』第34号に、裵寛紋(ベ・カンムン)『宣長はどのような日本を想像したか 『古事記伝』の「皇国」』(笠間書院)の書評が掲載されました(評者・森瑞枝氏)

Twitterでつぶやく

『鈴屋学会報』第34号に、裵寛紋(ベ・カンムン)『宣長はどのような日本を想像したか 『古事記伝』の「皇国」』(笠間書院)の書評が掲載されました(評者・森瑞枝氏、p59-70)。

○裵寛紋(ベ・カンムン)『宣長はどのような日本を想像したか 『古事記伝』の「皇国」』(笠間書院)
http://kasamashoin.jp/2017/05/post_3965.html
○第28回金素雲賞(東大比較文学会)を受賞
http://kasamashoin.jp/2018/01/28_2997.html

2018年2月13日

 この記事のカテゴリーは : いただいた本・送られてきた本です。

●京都女子大学国文学会『女子大國文』第162号(平成30年1月)

Twitterでつぶやく

京都女子大学国文学会様より頂きました。

1802131843.jpg

京都女子大学国文学会『女子大國文』第162号(平成30年1月)

平成30年1月31日発行

A5判・並製・60頁

京都女子大学国文学会

〒605-8501 京都市東山区今熊野北日吉町35

電話075-531-9076

【目次】

二〇一七年度公開講座

秋成文藝の魅力--小説・和歌・俳諧--(近衞典子)

山部赤人「登神岳」歌の主題(池原陽斉)

彙報

 この記事のカテゴリーは : 学会・講演会・展覧会情報です。

●シンポジウム「―日本的演劇空間とは何か―」(2017年3月10日(土)12:00 - 17:00、東京芸術劇場大会議室)

Twitterでつぶやく

研究会情報です。

●詳しくはこちら
http://www.saitama-u.ac.jp/seminar_archives/2018-0201-1329-9.html

--------------------

【3月10日(土)】シンポジウム「―日本的演劇空間とは何か―」のお知らせ
2018/2/1
日本学術振興会の「課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業」(領域開拓プログラム)に採択された、本学を中心とした共同研究「観客と共創する芸術ー光・音・身体の共振の社会学的・芸術的・工学的研究」の一環として、シンポジウム「―日本的演劇空間とは何か―」を開催します。

-日本的演劇空間とはなにか-
江戸時代の歌舞伎劇場を中心に、建物や舞台構造の発展について、また劇場における演者と観客の関係性などについて検討し、さらに、西洋演劇の起源であるローマ演劇の劇場との比較対照、明治期以降、日本で演劇空間がどのように変化し たかについて言及します。これらの議論によって、共通する関心をもとに形成される場として18世紀頃欧州に誕生した「公共圏」 の日本での始まりかが歌舞伎劇場であったと位置付けます。

日時 3月10日(土)12:00 - 17:00
場所 東京芸術劇場大会議室 (JR池袋駅西口より徒歩2分)
題目 ―日本的演劇空間とは何か―
報告者 賀古 唯義(文化財建造物修理上級主任・1級建築士)
ビュールク・トーヴェ(埼玉大学人文社会科学研究科・准教授)
武井 協三(国文学研究資料館名誉教授)
Pierre Letessier (Université Sorbonne-Nouvelle・准教授)
杉山 千鶴(早稲田大学スポーツ科学学術院教授)
対象 どなたでも参加できます
問い合わせ先 埼玉大学人文社会科学研究科教養学部係
TEL 048-858-3044
E-mail kyouyou@gr.saitama-u.ac.jp

2018年2月 9日

 この記事のカテゴリーは : いただいた本・送られてきた本です。

●河添房江編『アクティブ・ラーニング時代の古典教育ー小・中・高・大の授業づくりー』(東京学芸大学出版会)

Twitterでつぶやく

河添房江様よりいただきました。

41lWrp6iWdL._SX351_BO1,204,203,200_.jpg

アクティブ・ラーニング時代の古典教育
ー小・中・高・大の授業づくりー

編者:河添房江
発行日:2018年1月25日
定価:本体2,500円+税
発行所:東京学芸大学出版会

【目次】
 はじめに...河添房江
第Ⅰ部 理論編
 第1章 アクティブ(・)ラーニングとは何かー古典学習の視点からー...麻生裕貴
 第2章 国語科教育と情報通信技術の活用ー学習者用端末・デジタル教科書を中心にー...加藤直樹
 第3章 デジタル教科書の現在...坂倉貴子
 第4章 大学教員養成課程における国語科と情報教育...白勢彩子

第Ⅱ部 実践編
*小学校*
 第1章 主体的・対話的で深い学びのある小学校古典学習...小山進治
*中学校*
 第2章 古典文法の〈アクティブ・ラーニング〉型授業...麻生裕貴
 第3章 技術・家庭科との教科横断型単元で日本の伝統文化を学ぶー和菓子を題材としてー...森顕子
*高等学校*
 第4章 『伊勢物語』第六段「芥川」の古典教材としての現在的意義ー本文との往還・盗まれる女ー...吉野誠
 第5章 古典の読みを深めるアクティブ・ラーニングー『更級日記』における『源氏物語』受容を探るー...古屋明子
 第6章 ペアワークを用いた古文の読解ー新旧の学習指導要領のあいだを繋ぐ授業改善の試みー...奥田和広
 第7章 言葉に着目して『源氏物語』を面白く読むー若菜上・下巻「ぬるし」から見えるものー...山際咲清香
*大学*
 第8章 国語科教育法におけるアクティブラーニングの実践ー教員免許状取得を目指す学生のALイメージと授業作りー...本橋裕美
 第9章 『源氏物語』でアクティブ・ラーニングは可能かー帚木巻「雨夜の品定め」のジグソー法を中心にー...河添房江

2018年2月 8日

 この記事のカテゴリーは : 学会・講演会・展覧会情報です。

●水門の会東京例会・第四回国際シンポジウム「東アジアの古辞書」(2018年3月3日(土)10:00~16:00、大東文化会館)

Twitterでつぶやく

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.asukanet.gr.jp/cha-san/minato/
--------------------

日時:平成30年(2018)年3月3日(土)10:00~16:00
会場:大東文化会館302

■午前の部 10:00~12:00
《古辞書と本草学》
・『訓蒙図彙』寛文版本と『本草綱目』...大東文化大学(院)楊世瑾
・『和漢三才図会』と『本草綱目』...大東文化大学(院)楊亜麗
・『大和本草』に内在する上位分類ー鑑賞類を中心に...大東文化大学(院)郭崇
・『和名類聚抄』における韻書の引用...中国・華中師範大学 尹仙花
《自由テーマ》11:30~12:00
・群馬県世良田東照宮蔵「三十六歌仙扁額」の系統ー 歌仙和歌と散らし書きを中心にー...大東文化大学(非)オレグ・プリミアーニ

■午後の部 13:00~16:00
《自由テーマ》
・宇治の橋姫攷ー和漢の視点からー...中国・山東大学威海校区翻訳学院 佐々木雷太
・一山一寧と弟子たち...中国・華僑大学  姚文清
《東アジアの言語接触》
・満文『玉堂字彙』における語尾がb、k、ng、rで終わる単語形式のオノマトペについて...大東文化大学(院)王則堯
・『満文金瓶梅』の語彙について...首都大学東京 荒木典子
・『満洲語玉堂字彙』発見から整理研究の完成まで...大東文化大学 寺村政男

2018年2月 5日

 この記事のカテゴリーは : いただいた本・送られてきた本です。

●森正人『「親米」日本の誕生』(角川選書)

Twitterでつぶやく

株式会社KADOKAWA様よりいただきました。

321611000010.jpg

●公式サイトはこちら
https://www.kadokawa.co.jp/product/321611000010/

「親米」日本の誕生

著者:森正人
発売日:2018年1月26日
定価:1,836円(本体1,700円+税)
レーベル:角川選書

日本は急激にアメリカ的なものを求め、そして同時に憎んでもいた――。

日本は急激にアメリカ的なものを求め、そして同時に憎んでもいた――。現代につながる親米的な感覚は、第二次大戦の後からずっと続いている。敗戦国となった日本がいかにアメリカにあこがれと反発を抱いてきたのか。外交や政治といった国だけの問題ではなく、身近な民衆の中にある感情を、戦後の様々な雑誌、新聞の広告、記事、テレビやラジオなどから読み解いていく。

【目次】
はじめに
序章ー「なんとなく、クリスタル」ー
第一章 民主主義のカタチ
 一 手本としてのアメリカ
 ニ アメリカを象徴する事物
 三 吹き出す違和感
 四 輝く米軍基地
第二章 民主主義と日常的実践
 一 民主主義と女性
 二 日常生活を改善せよ
 三 合理的で科学的な日常生活へ
第三章 憧れの「ファミリーライフ」
 ー アメリカ的家屋に住む
 ニ アメリカ的生活を演出する物たち
第四章 おいしい生活
 一 広まる洋風食事
 二 合理化と食事
 三 洋風食事を支える電気製品
第五章 スピード、車、男らしさ
 一 お茶の間のテクノロジー
 二 余暇の時間
 三 父親らしさと自動車
おわりに
参考文献

2018年1月31日

 この記事のカテゴリーは : 学会・講演会・展覧会情報です。

●社会言語科学会第41回研究大会(2018年3月10日(土)、11日(日)、東洋大学・白山キャンパス)

Twitterでつぶやく

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.jass.ne.jp/another/?page_id=2
--------------------

日時 2018年3月10日(土)、11日(日)
場所 東洋大学・白山キャンパス
http://www.toyo.ac.jp/index.html

プログラム
 研究発表は、口頭発表とポスター発表あわせて50件程度です。タイトル・時間帯等の詳細は、下記URLをご覧ください。
http://www.jass.ne.jp/another/?page_id=2

■3月10日(土)10:00 - 18:05
 ・20周年記念シンポジウム 「社会言語科学会20年の軌跡とこれから―徳川賞受賞者からの提言―」
 ・20周年記念講演 "Interactional foundations of language: The Interaction Engine hypothesis"Stephen C. Levinson
 ・20周年記念パネル・ディスカッション
 ・口頭発表・ポスター発表
 ・懇親会(18:40-)
■3月11日(日)9:30 - 16:10
 ・口頭発表・ポスター発表
 ・JASSカフェ
 ・徳川宗賢賞授賞式および記念講演

参加費(発表論文集含む)
2月26日までの事前申込みの場合:一般会員3,000円(当日申込み4,000円)、学生会員2,000円(当日申込み3,000円)、一般非会員5,000円(当日申込み5,000円)、学生非会員4,000円(当日申込み4,000円)

問合せ先 社会言語科学会大会ヘルプデスク(Tel.03-5389-6393 Email: jass-desk@bunken.co.jp)
ホームページ 学会HP(http://www.jass.ne.jp/

2018年1月26日

 この記事のカテゴリーは : 広告掲載情報です。

●『ユリイカ 2018年2月号』(広告掲載)

Twitterでつぶやく

『ユリイカ 2018年2月号』に広告を掲載しました(目次対向頁)。

●公式サイトはこちら。特集「クトゥルー神話の世界」。

http://www.seidosha.co.jp/book/index.php?id=3127

掲載書目
●朝里樹『日本現代怪異事典』(笠間書院)
http://kasamashoin.jp/2018/01/post_4078.html

2018300126015000

 この記事のカテゴリーは : 訃報です。

●曽倉岑氏(青山学院大学名誉教授)逝去

Twitterでつぶやく

曽倉岑氏(青山学院大学名誉教授)が2018年1月15日に逝去されました。
享年83歳。
葬儀は近親者と少数の友人たちとで執り行われました。喪主は妻、良江氏。

1934年、神奈川県に生まれる。1958年、東京大学文学部国語国文学科卒業。1963年、東京大学大学院博士課程修了。
曽倉岑氏は喉頭がんを患い、ついに声帯を切除し声を失いながらも、食道発声で大学の講義・演習をこなし、研究会でも活発に発言を続けていました。しかし、何度も手術をくり返し、数年前から体調を崩していました。年明けから痰の治療に入院していて、1月15日、病院で静かに息を引き取られました。

主な著書に、鑑賞日本の古典1『古事記・風土記・日本霊異記』(尚学図書・金井清一氏と共著)、日本の文学古典編『万葉集一』(ほるぷ出版)、『万葉集全注巻第十三』(有斐閣)。論文に「万葉集巻一・巻二における人麻呂歌の異伝―詞句の比較を通して―」(『国語と国文学』40-8、1963年8月)、「大津皇子の流涕御作歌―「雲隠る」をめぐって―」(『五味智英先生追悼 上代文学論叢』笠間書院、1984年3月)、「「天地の神」考」(『萬葉集研究』29集、2007年12月)など。

弊社では、『論集上代文学』シリーズ、『校注 古代説話』ほか、大変お世話になりました。
ご冥福をお祈りいたします。

2018年1月24日

 この記事のカテゴリーは : 学会・講演会・展覧会情報です。

●時代劇・歴史ドラマは台詞で決まる!-世界観を形づくる「ヴァーチャル時代語」-(2018年3月9日(金) 14:00〜17:00、早稲田大学小野記念講堂)

Twitterでつぶやく

シンポジウム情報です。

時代劇・歴史ドラマは台詞で決まる!-世界観を形づくる「ヴァーチャル時代語」-
日時 2018年3月9日(金) 14:00~17:00(13:00開場)
場所 早稲田大学小野記念講堂(27号館、地下2階)
 入場無料/要事前予約

《登壇者》
第1部
金水敏(大阪大学文学研究科教授)
田中ゆかり(日本大学文理学部教授)
児玉竜一(早稲田大学演劇博物館副館長・同大文学学術院教授)
第2部
吉川邦夫(NHKエンタープライズ エグゼクティブ・ディレクター)
大森洋平(NHKドラマ番組部 シニア・ディレクター)

【主催】
科学研究費基盤研究(C)(課題番号15K02577 代表者:田中ゆかり)「ヴァーチャル方言研究の基盤形成と展開」

【共催・協賛】
早稲田大学演劇博物館(共催)
日本大学国文学会(協賛)

【参加方法】
以下のサイトで、申し込みを受け付けています。定員は200人で、定員を超えた場合は抽選になります。
https://my.waseda.jp/application/noauth/application-detail-noauth?param=GgdxWZwEAfnvXfZZNBiXpw

【お問い合わせ】
早稲田大学坪内博士記念演劇博物館(担当:安藤・草山)
169-8050東京都新宿区西早稲田1-6-1
電話03-5286-1829(平日9:00-17:00)

 この記事のカテゴリーは : 学会・講演会・展覧会情報です。

●古代文学会2月例会(第697回)(2018年2月10日(土)午後2時〜、大東会館K−404)

Twitterでつぶやく

研究会情報です。
------------
古代文学会2月例会(第697回)ご案内
日時 2018年2月10日(土)(第二土曜日) 午後2時より5時まで
場所 大東会館K−404 http://www.daito.ac.jp/access/noriba.html
 *日程・会場ともに変わっております。ご注意ください。

発表 鈴木 雅裕氏
題目 『古事記』における天照大御神奉祭の起源 -「佐久々斯侶 伊湏受能宮」による表出をめぐって-
要旨 
『古事記』において、「伊勢大(御)神宮」の用例は三例拾うことができる。二例は崇神・垂仁記の系譜記事、残り一例は倭建命の東征条である。最も密接に関わるのは倭建命だが、先学が指摘するように、国内平定が伊勢大神の神威により果たされたことを如実に物語る。
 そうした神威を発する磁場としての伊勢神宮は、『古事記』と『日本書紀』とで異なる起源の有り様が記される。『日本書紀』では、神代で天照大神を象徴する神鏡が宮中で奉仕されることの起源から語り起こされ(神代下・一書第二)、そこから人代での分離(崇神紀・六年)、倭姫命の巡行を通じた鎮座次第と神宮創建(垂仁紀・二十五年)と、一連の文脈をなしている。一方、『古事記』にはそうした事由が見えず、上巻で語られる天孫降臨に際して、神鏡を奉ることのみ記すに留まる。
 二書の差異からは、『古事記』には、天照大神の鎮座起源を人代から神代に繰り上げた意図が読み取られる。その指摘は妥当だと考えるが、『記』・『紀』での際立った違いとして、天照大神の鎮座した場が「佐久々斯侶 伊湏受能宮」とされることも注目されるべきであろう。そこで、本発表では、『古事記』に一例のみ現れる「佐久々斯侶 伊湏受能宮」との表現に焦点を当て、伊勢神宮がいかなる場として表出されるかを考えてみたい。

司会 松田 浩 氏

【事務局より】

◎例会終了後に委員会を行います。委員の方々はお集まりください。

◎2018年度例会発表者の募集

2018年度4月からの例会発表者を募集します。ご希望の方は、題目及び200字程度の要旨を、
発表予定の三ヶ月前の委員会までに例会委員または事務局までお申し込みください。なお、採否は例会委員にご一任ください。

2018年1月23日

 この記事のカテゴリーは : 新刊案内です。

●朝里 樹『日本現代怪異事典』(笠間書院)

Twitterでつぶやく

絶賛発売中です。

70859_k.jpg

朝里 樹『日本現代怪異事典』(笠間書院)
ISBN978-4-305-70859-5 C0539
A5判・並製・カバー装・504頁
定価:本体2,200円(税別)

その入手困難さゆえに伝説となった幻の同人誌、
朝里樹『日本現代怪異事典』の商業版を刊行します。
戦前のこっくりさんにはじまり、
トイレの花子さん、口裂け女、ベートーベンの怪などの学校の怪談、
そして2000年前後にインターネット上で登場する怪異たちまで、
主に戦後(昭和20・1945年)の日本を舞台に語られた
一千種類以上の現代怪異を紹介する、怪異ファン必携の1冊!
同人版より項目数も増え、出没場所索引、使用凶器索引など、索引も充実。

【私が子ども時代を過ごした一九九〇年代は学校の怪談ブームが起きた時代で、多くの現代の怪異たちが身近に語られていました。自分が知らない過去の時代だけでなく、自分が今生きているこの時代にもたくさんの怪しげなものたちがいるのだと感じられたのは、幸いなことだったと思います。どんな時代においても怪異たちは決して消えることなく、その時代時代に合わせて新たな姿、性質で生まれ、語られるのでしょう。(中略)この事典に収められているのは、先にも書いたように我々と同じ時代を共にした怪異たちです。しかし我々が遠い過去の時代の人々が語り、作り出した異形のものたちを「妖怪」と呼んで親しんでいるように、この怪異たちもいつかは遠い過去のものとなるでしょう。この時代が現代と呼ばれなくなったそんな未来においてまで、現代怪異の記録や記憶が残り、人々に親しまれていることを、願いたいと思います。】...「あとがき」より

●本書の試し読みはこちら
http://hanmoto4.tameshiyo.me/9784305708595

カバーイラスト:裏逆どら

-----------

■パンフレットはこちら

978-4-305-70859-5_ad-1.jpg

PDFでダウンロードできます。URLは以下。
http://kasamashoin.jp/shoten/978-4-305-70859-5_ad.pdf

パンフレットの現物も送料無料でお送りいたします。
以下までご一報ください。

お待ちしております。

【連絡先】
〒101-0064
東京都千代田区猿楽町2-2-3
笠間書院 WEB編集部 
●メール
info@kasamashoin.co.jp

-----------

■著者紹介

朝里 樹(あさざと・いつき)

1990年、北海道に生まれる。2014年、法政大学文学部卒業。日本文学専攻。現在公務員として働く傍ら、在野として怪異・妖怪の収集・研究を行う

-----------

【推薦】

日々増殖する現代の怪異の 確かな見取図

常光 徹氏(『学校の怪談』著者・国立歴史民俗博物館・総合研究大学院大学名誉教授)

 日々増殖する現代の怪異を捕捉し、その世界の輪郭を描くのは容易なことではない。なにより、膨大な資料群を前に誰もがたじろいでしまう。この課題にあえて挑戦し、確かな見取図を創り上げた著者の、並々ならぬ熱意に敬意を表したい。怪異の現状を視界に収める有力な指標が提示された。
 本事典に登場する、不思議な現象や妖怪の出自は一様ではない。誰言うともなく流布している話、巷のうわさにメディアが介在して広まった話、作家の創造的営為に源を発する話など多彩だ。ただ、そこに共通するのは、多くの話が口コミのネットワークと無縁ではないという点であろう。
 それだけに、本事典には、現代の怪異世界を形づくっている人びとの、想像力の結晶とでもいうべき新鮮な発想がちりばめられている。
 「出没場所索引」「使用凶器索引」「都道府県別索引」など、索引が充実しているのも嬉しい。事例を眺める視点が異なると、そこに立ち現れる怪異もまた異なる相貌を帯びてくるからだ。

-----------

■ご予約・ご注文はこちら

○全国の書店でご予約・ご注文出来ます。お近くの書店にご注文下さい。

○笠間書院から直接購入することも可能です。笠間書院 Web Shop[クレジット決済]。ネット書店での購入をご希望の場合もこちらをご覧下さい。
http://shop.kasamashoin.jp/bd/isbn/9784305708595/

○公費・郵便振替でのご購入の場合
直接小社まで、メール info@kasamashoin.co.jp または下記のフォームで、購入希望としてご連絡ください(書名・冊数・お名前・ご住所・電話番号を明記してください)。
http://kasamashoin.jp/mailform.html

-----------

【目次】

はじめに
凡例

日本現代怪異事典(1092項目)

【あ】
Rボタン
会いに来る目玉
愛の女神様
青い紙
あおいさん
青い頭巾
青いドレスの女
青いハンカチ・赤いハンカチ
青い船・赤い船
青い目の人形
青いもの
アオゲジジイ
青ぼうず
青・赤・黄の手
赤い糸・青い糸・白い糸
赤い紙・青い紙
赤いクツ
赤い靴の怪
赤い車
赤いクレヨン
赤い爺さん
赤い舌・青い舌
赤いセーターの祟り
赤い世界・青い世界
赤い玉と青い玉
赤いちゃんちゃんこ
赤いちゃんちゃんこ・青いちゃんちゃんこ
赤いチョッキ
赤いちり紙・白いちり紙
赤い月
赤い手袋
赤いドレス
赤いドレスの女
赤い布
赤い沼
赤いバス
赤いはんてん
赤いはんてん・青いはんてん
赤いピアスの女
赤い服と白い服
赤い服の女
赤い服の警備員
赤い部屋
赤いボール・青いボール・黄色いボール
赤いマフラーの女
紅いマント
赤いマント
赤いマント・青いスカーフ・黄色いドレス
赤いマント売り
赤いヤッケの女
赤い洋服・青い洋服
赤いワンピース
赤いワンピースの女の子
赤毛ババア
赤・白・黄色・緑・深緑
赤ズキン
開かずの間
赤手
赤ちゃんババア
赤墓
赤マント
赤マント・青マント
あかりちゃん
赤ん坊幽霊
あぎょうさん
悪魔のメルヘンカルタ
アクロバティックサラサラ
アケミさん
アケミちゃん
あさいしうすえせお
浅川駅
朝の吸血鬼
足いりますか電話
足売りババア
アシオルカ
足喰いババ
足取りジジイ
足取り美奈子さん
足ひきじじい
足をください
足を出しての老婆
足を摑む手
味を見て
小豆ババ
アステカの祭壇
あたご
頭と手と足
姉壁
油すまし
あまがたき駅
アメおばーさん
アメ玉ばあさん
あめふり
あやさん
ありささん
あるき水
歩く女
合せ鏡の悪魔
あわない
【い】
異界駅
生き人形
イケモ様
イサルキ
石女
異次元少年
泉の広場の赤い服の女
異世界に行く方法
イチョウの祟り
イチョウの霊
一尺じいさん
一寸婆
イナクタニシ
狗歯馬駅・厄身駅・なんでおりるれか駅
犬鳴峠
犬鳴村
井の頭公園の首無し幽霊
命を削る人形
今何時ババア
イルカ島
イルカノアシイル
色問蝙蝠
胃を返せ
【う】
ウサギの祟り
ウサギの呪い
ウサギの霊
うさぎババア
牛一頭
丑女
牛女
牛の首
うしろよばあさん
渦人形
歌声ユーレイ
腕をくれ
うばよ去れ
馬人間
馬ばあさん
埋まらない穴の主
海から伸びる手
海からやって来るモノ
海の上の親子霊
海坊主
うりこひめ
うわさのマキオ
【え】
AIババア
エクトプラズム
エツ子さん
NNN臨時放送
えみこちゃん
エリーゼ
エリカさん
エレベーターの女
エレベーターの怪
エンジェルさま
エンピツおばけ
【お】
おあずかりしています
追いかけて来る人魂
追いつかれ階段
おいでおいでおばさん
おいてけ森
おいらん淵
お岩さん
大高先生をおそったほんものの亡霊
大渕小僧
大目玉
おかむろ
オカリヤ様
おきくさま
お菊ちゃん
お菊人形
お狐さんの駅
お経電話
奥多摩の幽霊ライダー
押し入れ小僧
押入れの妖怪
押し入れ婆
おしんさん
おだいじに
お茶どうぞ
踊る巨人
おとろし
鬼ばば
おばけテレビ
お化け電話
オバリョ山の怪女
おはるさん
オフィスわらし
おふろ坊主
オレンジのマット
オレンジの眼の少女
オレンジババァ
おんぶおばけ
オンブスマン
おんぶ幽霊
【か】
カーテンおばけ
カールマイヤー
ガイコツ少女
骸骨模型の怪
骸骨ライダー
怪人青ジャージ
怪人アンサー
快速バーチャン
階段の怪
海馬市蘭
帰って来る人形
帰れない砂漠
顔が半分ない人
かおるさん
顔を返して
鏡の怪
鏡の中の怪物
鏡の中のナナちゃん
鏡の中の美女
鏡の中の老女
カキタさま
柿の実の怪
影女
影の怪人
かごめかごめ
傘の女
傘ババア
仮死魔殺子
カシマおばけ
カシマキイロさん
化神魔サマ
カシマさん
鹿島さん
カシマユウコさん
カシマレイコ
禍垂
片足ピンザ
カタカタ
かたす駅
肩たたきババア
カツカツさん
学校鬼婆
学校の七不思議
学校の霊
学校わらし
河童
金縛り
金縛りババア
壁男
壁おやじ
壁からバーサン
カマイタチ
カマ男
カマキリさん
カマキリ男爵
カマババ
カマ幽霊
カマをもった人
カミいりますか
神隠し
カミくれオバケ
かみくれおばさん
髪を切られた花子さん
カミをくれ
かむ...駅
ガメラ
カヤマさん
加代ちゃんのかぐや姫
カラオトバコ
カラカラ
ガラスの館
カランコロン
火竜そば
かるちゃん
川女
川崎のサトシ君
カワシマさん
皮はぎあきちゃん
川ボウズ
カン、カン
棺桶ババア
姦姦蛇螺
看護婦の幽霊
かんひも
【き】
黄色い車
黄色いミイラ
黄色のハンカチ
黄色ばばあ
消えない目
消える老婆
菊池彩音
きさらぎ駅
キジマさん
キジムナー
木次郎さん

きぬこさま
キヒサル
キミアキ君
きもちの悪いもの
鬼門を開ける方法
旧朝里病院の怪
吸血カッター
九〇センチの老婆
キューピットさん
旧ホテル展望閣
キュルキュル
恐怖のエレベーター
巨頭オ
キラキラガールさま
きらきらさん
切り子さん
霧島駅
切り取りミシマ
霧の中の少女
ギロス
銀色のナイフ
きんかんババァ
金曜日の黒猫
【く】
九時おじさん
クソカケババ

口裂け女
口裂けババア
くちばし女
靴下男
くねくね
首いるか
首折れ女
首狩り婆
首切りババァ
首さがし
首しめの手
首ちょうちん
首取り幽霊
くびなしきこり
首なし狐
くびなしこぞう
首なしドライバー
首なしライダー
首はいりますか電話
首を引き抜く老婆
熊風
熊の剥製の怪
クラシマヒサユキ
倉ぼっこ
クラワラシ
グリーン様
車にしがみ付く霊
車を押す老婆
黒い女
黒いコートの女
黒いモヤ
黒いもや
黒い霊
クロカミサマ
黒玉
くろづめ
黒猫の電話
黒のバイク
黒マント
【け】
警戒標識の意味
ケイコさん
携帯ばばあ
毛糸ババァ
毛羽毛現
K峠の山姥様
ゲームババア
ケケケ
ケケケおばけ
ケケケばあさん
ケセランパサラン
ケタケタ
ケタケタ幽霊
ゲタに注意
けばおいわこ
ゲバチ
けむりババア
現代版泥田坊
原爆少女
ケンムン
犬面人
【こ】
コアラのお化け
こいとさん
コインロッカーベイビー
後悔の木箱
光速ババア
校長先生の怪
校庭の椿
幸福の手紙
ゴールデン鏡
五月五日の老婆
黒板じじい
五時ジジ
五時ババ
コシマレイコ
ごしょう駅
午前二時の美女
子育て幽霊
コチョコチョお化け
こっくりさん
コツコツの幽霊
コツコツババァ
コトコトさん
コトリバコ
この指とーまれ
五〇〇キロババア
ごみこさん
ゴム人間
米食い女
小指の話
ゴリラの幽霊
564219
コロポックル
転んだら死んでしまう村
権現様
今度は落とさないでね
コンドルのような怪鳥
【さ】
齋驛來藤駅
サイクリング婆ちゃん
採桑老
さかさま君
さかさま様
逆さまの女
サカブ
サクサクー
座敷わらし
猿壁十字路の幽霊
殺人ピーターパン
サッちゃん
さとるくん
寂しがり屋の幽霊
座布団ババア
侍トンネル
鮫島事件
サリーさんの館
ザリガニばばあ
さるのつめ
猿夢
サングラスのおかま
三〇センチの人
三〇センチババア
三時婆
三十三太郎
三センチお化け
三太郎さん
三人の看護婦さん
さんぬけぼうず
三本足のリカちゃん
三輪車のお婆さん
【し】
幸せのにんじん
G駅
ジェイソン村
ジェットババア
死仮魔
時間の精
時空うば
時空のおっさん
地獄の牛鬼
地獄の女
支笏ライダー
自殺電波塔
シシノケ
しずく
自然霊
死相の本
七人坊主
一〇センチおばさん
疾走犬
自転車幽霊
シナバ草
死に顔を映す鏡
死神
死神ばばあ
死人の集まる日
死ねばよかったのにの悪霊
死の池の幽霊
地縛霊
シバレボッコ
死人茶屋
渋谷七人ミサキ
渋谷のタケシ君
閉めないでお化け
シャカシャカ
シャカシャカ女
シャコシャコ
邪視
車窓の目
喋る生首
しゃもじ幽霊
ジャンケンおじさん
ジャンピングジジイ
ジャンピングばばあ
ジャンプばば
一五の話
一三階段
一七人のお坊さん
一二時ババ
守護霊
守護霊さま
小学校の生首
定規のような顔の女の子
焼却炉の幽霊
上半身の怪
消防士の幽霊
女性連続殺人鬼の幽霊
白髪のお婆さん
シラカバ女
しらみのおばけ
シルクハット
白い駅
白い壁
白い着物のバイク乗り
白いスカイライン
白いずきんの女の子
白いソアラ
白い手・赤い手
白い服の女の子
白いモノ
次郎くん
二郎くん
白マント
新麻布駅
紳士犬
心臓いりませんか
人体模型の怪
新長崎駅
人面石
人面犬
信也くん
人力車幽霊
心霊自販機
心霊写真
【す】
スーツの怪人
杉沢村
スキップ少年
隙間男
隙間女
すきまさん
隙間の目
スクエア
スケボーババア
スコップおばさん
すざく駅
頭上で屁をする者
すたか駅
【せ】
整形オバケ
清峰寮の幽霊
セーラー服の少女
セーラー服のババア
石像の友達
背中にしがみ付く老婆
一〇〇〇キロババア
せんさま
千人お化け
せんぬきこぞう
千婆さま
【そ】
ソウシナハノコ
相名勝馬
そうはれこ
そうぶんぜ
蕎麦屋のおっちゃん
ゾルタクスゼイアン
ゾンビ看護師
【た】
ターボババア
太古の動物
タイコばばあ
高九奈駅・敷草谷駅
たかこさん
抱きついてくる老婆
タクシー幽霊
竹きりタヌキ
竹竹さん
タタタババア
祟る箱
橘あゆみ
ダッシュ女
ダッシュババア
田中河内介の最期
田中君
田中さん
たなばたおばさん
谷木尾上駅
たにしの祟り

ダブル
食べたいババア
たまごばばあ
たらちゃん
ダル
タレサマダ
太郎くん
タンスにばばあ
【ち】
小さいおじさん
地下体育館の幽霊
チシマレイコ
血の教室
血の出る蛇口
血の料理
血まみれ佐助
血まみれのコックさん
ヂャーニスさま
チャーリーゲーム
チャッキーメール
中古車の怪
中古船の怪
注射男

超足がはやい人
超音速じいさん
血を吸う桜
血を吸う目玉
【つ】
月の宮駅
つぎは何色
つきまとうテスト用紙
ツチノコ
ツナカユリコ
つぼ姫さま
つまようじさんとみきようじさん
爪切りババ
つめをくれ
【て】
手足のない人形
低級霊
帝国陸軍第一二六号井戸の怪物
デカチャリ
テクテク
テケテケ
テケテケおじさん
テケテケばあさん
てけてけぼうず
テコテコおばけ
デスタウン
テズルズル
手のおばけ
手伸びババア
手振り地蔵
寺生まれのTさん
テレテレさま
電気おばけ
天狗
電車幽霊
天井なめ
【と】
トイレおやじ
トイレ小僧
トイレの花子さん
東京ビッグマウス
童女石
動物霊
道路の守護霊
トーテムポールの怪
毒のお化け
時計泥棒
トコトコ
トコトコさん
とこわ駅
図書室のヴァンパイヤ
図書室の怪
トックリさん
どっぺちゃん
ドッペルゲンガー
隣の女
飛び込みばあさん
飛ぶ女
トミノの地獄
ともみ
ドラキュラの牙
トンカラトン
ドンドン
トンネルの老婆
とんぼの間
【な】
内蔵ババア
ナイナイさん
泣き首
殴る霊
なぞかけバッハ
謎の生き物
謎の女
ナタデナタ
七三一部隊の亡霊
七曲の怪女
生首ドリブル
生首の怪
生首ばばあ
生首面
縄跳び小僧
【に】
新潟ジェイソン村
新潟ホワイトハウス
においのお化け
二〇センチの人
二時ばばあ
二二号ロッカーの怪
偽汽車
偽汽船
偽人力車
偽馬車
二宮金次郎像の怪
荷物運びババ
人形使い
にんげん呪文
ニンジンの怪
【ぬ】
ヌイの亡霊
ヌシ
ヌナガワヒメ
ぬばさま
ぬりかべ
ぬれ頭
ぬれ女
【ね】
ネコおじさん
猫おばさん
猫人間
ネコババア
ネコババ三人組
ねし
ネズミ女
ネズミ人間
ねずみのバーさん
ねずみばばあ
【の】
ノストラダムスの大予言
のっぺらぼう
ノビアガリ
呪いの音符
呪われた校歌
呪われた部屋
【は】
バーサラ
バーサル
バーサレ
バーニシャル
バーバラさん
背後霊
はいじま駅
ハイパーババア
白線ジジイ
パクパク
禿げたおじさん
化物の木
ハサミ男
ハサミの怪
バサレさん
はしりんぼう
走るバァさん
バスケットゴールの下の穴
バスケばあちゃん
バス幽霊
パソコン通信の怪
肌色の球体
パタパタ
バタバタさん
パタパタさん
八〇キロばあちゃん
八甲田山の亡霊
バッサリ
八尺様
ハッスルじいさん
花男くん
花子さん
花子さんのお母さん
花子さんのおじいさん
花子さんのお父さん
花子さんのお婆さん
花子さんのハンカチ
花子さんの右手首
花ちゃん
はなも
花代
バハーサル
ババアトイレ
はばかりさん
ババサレ
ババヤン
バファーサル
バファシサロ
バラバラキューピー人形
バラバラ殺人事件の怪
張り付き婆
ばりばり
半身のもの
禁后/パンドラ
パンドロ
【ひ】
ピアスの穴の白い糸
火遊び女
ピアノの怪
PAmw‐B38
ピエロ
ピカ子
光の神
光ゆうれい
ヒカルさん
ひきこさん
引きずり女
引き戸ババア
ひくひく
びくまな
ヒサユキ
ヒサルキ
肘かけ女
ひじかけババァ
ひじ子さん
ひじババア
ぴしゃがつく
ひたひた
左足のないバレリーナ
左手塚の怪
左手をなくした男
ピチャピチャ
ひつか駅
ヒッチハイクばばあ
人が消える歩道橋
人が燃える家
人喰いおばさん
人喰い雛人形
人喰いランドセル
一声呼び
一つ目小僧
一つ目さん
ひとみさん
ひとりかくれんぼ
人を食う鏡
人を喰う壺
人を吸い込む木
譬娜譌爬...駅
火の玉
ヒモジイ様
一〇〇円のビデオ
一〇〇円ばばあ
一二〇キロババア
一〇〇メートル婆
一〇〇キロジジイ
一〇〇キロで走る車と並走する自転車に乗ったまじめなサラリーマン風おじさん
一〇〇キロババア
憑依霊
ヒヨコの化け物
ピョンピョンババァ
避雷針の幽霊
ヒラノ
ピラピラさん
ひるが駅
ひろしまの幽霊
ひろちゃん
【ふ】
ファミコンの怪
フィンガーさん
風化じいさん
風神
ブーメランばばあ
プールのジョー
プールの人魚
プールの化け物
プールババア
プール坊主
ブキミちゃん
不幸の手紙
藤迫駅
ふた口女
二面女
布団の怪
ブナガヤ
浮遊霊
冬の踏切事故伝説
ブラック花子さん
ブランコ小僧
ブリッジマン
ぷるぷるさん
古目玉
分身様
ぶんぶん
【へ】
平和な日々に
平和の女神
ベートーベンの怪
ベタベタ
ペタペタ
ペッタンスー
べっぴ駅
べとべとさん

へべけれさん
ペラペラポー
ヘリコプターばばあ
ヘルプさん
ベロだしばばあ
ペロペロピー
便所入道
便所ばばあ
弁当くれ
【ほ】
彷徨少女
放送室の幽霊
包帯おじさん
棒の手紙
ほうらいさん
保健室の眠り姫
保健室の化け物
星の王子さま
細手
ホタル使い
ポックリさん
ホッピングばあちゃん
仏崎の女
骨うりババァ
骨くいじじい
骨こぶり
匍匐前進の幽霊
ホワイト様
本の目
【ま】
マグロの幽霊
魔女カトリーヌ
まちこさま
町のキヲツケお化け
まっかっかさん
真っ赤なおばさん
真っ赤なリンゴ
真っ黒なモノ
まっすぐさん
マツタケバーチャン
待ってさん
窓から振られる手
窓の怪
まな板の怪
魔の第三コーナー
魔の第四コース
マフラー返し
幻の堤防
幻の電車
迷いの小屋
真夜中のゴン
真夜中の霊柩車
マラソンおじさん
マラソンマン
マラソン幽霊
マリちゃんの像
まりつき少女
まるい光
マルタさん
マンダムじじい
真ん中の怪
マンホール少女
【み】
みーちゃん
見えてるくせにの幽霊
ミカンばばあ
右足知りませんか
ミシンの女の子
水神様
水子人形
水溜まり女
道聞きお婆さん
みち子さん
道連れ幽霊
三つ首の化け物
ミッチェル嬢
みっちゃん
三つの生首
三つ目さん
見てはいけないビデオ
みどりガッパ
みどりさん
みどりのチェリー
緑の手
緑婆
みな子さん
耳かじり女
耳くれババ
耳そぎばあさん
耳長おじさん
耳なしほういち
ミミをくれ
宮本孝
ミュータントの森
美由紀
みよちゃん
未来の結婚相手
【む】
ムシ
ムナカタ君
ムネチカ君
紫おばさん
紫鏡
紫爺
紫の亀
ムラサキの手
紫のブランコ
紫婆
【め】
冥途の電話
メールババア
メケメケ
滅三川さん
目のない人
メラタデブンゼ
メリーさん
メリーさんの電話
メリーさんのメール
メリーさんの館
メリーちゃんの人形の怪
【も】
もういいかい
もういいよ
もうすぐいく
餅じいい
もっと速く
藻でおおわれた人
モナリザの怪
物神様
もも子さん
【や】
火傷幽霊
夜叉神ヶ淵の怪
屋根に現れた顔
ヤマノケ
やまびこ
ヤマモモもぎ
ヤマンバ
やみ駅
やみ子さん
闇のマリア
闇夜の井戸
八幡の藪知らず
【ゆ】
遺言ビデオ
ゆう子ちゃん
U先生
Uターンジジイ
幽霊
ゆうれいおばば
幽霊自動車
幽霊授業
幽霊電車
幽霊屋敷
幽霊ラーメン
雪女
ゆきこさん
ゆきちゃん
雪虫の祟り
指数え
ユミコさん
ゆみ子さん
夢と違う
夢の川
夢のダルマ
【よ】
妖怪給食婆
妖怪ゴリゴリ
妖怪バタバタ
妖怪ヤカンおじさん
妖怪よつんばい
葉子さん
よさく
ヨシオくんの木
四次元ババア
よし子さん
四時ババア
四時四四分の怪
吉原千恵子
四隅ババア
四隅の怪
ヨダソ
与田惣
ヨタロウ
四つ角ばあさん
四つん這い女
四つん這い婆
読めない駅
読んではいけない本
四分の一の顔
【ら】
ラーメンの女
ラッキーオバケ
ラッパを吹く少年
ラブさま
ランニングベイビー
【り】
リアルの悪霊
理科室の怪
理科室の老婆
リカちゃんの電話
りかばそう
りさちゃん
リヤカーおばさん
リヤカーのお婆さん
竜宮屋敷
リョウ子さん
リョウメンスクナ
リリーさん
リンゴゾンビ
臨死体験に現れる女
リンフォン
リンリン便所
【れ】
霊感
霊感テスト
霊魂さん
霊団
レイちゃん
レモンちゃん
【ろ】
ロア
老女カコリ
六時ジジイ
ロクロ首
ロッカーの上の少女の霊
ロッカーババア
【わ】
Yさん
わすれもの
忘れもの帳
わたし
わたしにもきかせて
ワニまた
わらい男
笑い女
笑う女
笑うゴリラ
腕章の少年

コラム

定番の怪異 戦前─現在まで
怪異の調べ方
創作と伝承の間で
マスメディアと怪異
心霊主義と心霊科学

索 引

五十音順索引  
類似怪異索引   
出没場所索引
使用凶器索引
都道府県別索引

あとがき

参考資料