●"リポート笠間掲載コンテンツ"の記事一覧
ichiran.gif
中世文学会春季大会シンポジウム「散文のなかの〈和歌〉」レポート○舘野文昭(国文学研究資料館機関研究員)
中古文学会春季大会シンポジウム「平安文学における〈漢〉の受容―その日本化の様相」レポート○松本 大(奈良大学)
二〇一七年日本近代文学会春季大会「《特集》 一〇一年目の漱石──なぜ読まれてきたのか」リポート○栗原悠(早稲田大学大学院生)/服部徹也(慶應義塾大学大学院生)
日本語学会春季大会シンポジウム「国学と古代語研究の現在」報告○矢田 勉(東京大学)
リポート笠間62号・特集「いま全力で取り組むべきことは何か」、全文PDF公開!
学界時評・大木一夫「日本語の歴史的研究 2016.7-2016.12」●リポート笠間62号より公開
面白かった、この3つ...小林一彦(京都産業大学)●リポート笠間62号より公開
面白かった、この3つ...井ノ口史(滋賀大学)●リポート笠間62号より公開
面白かった、この3つ...佐藤温(日本大学)●リポート笠間62号より公開
面白かった、この3つ...津田博幸(和光大学)●リポート笠間62号より公開
面白かった、この3つ...宮腰直人(山形大学)●リポート笠間62号より公開
面白かった、この3つ...桜井宏徳(國學院大學兼任講師・成蹊大学非常勤講師)●リポート笠間62号より公開
面白かった、この3つ...小財陽平(明治大学)●リポート笠間62号より公開
面白かった、この3つ...原豊二(ノートルダム清心女子大学)●リポート笠間62号より公開
面白かった、この3つ...小山聡子(二松学舎大学)●リポート笠間62号より公開
書評「平野多恵 著・遠藤拓人 絵『完全解説付き 歌占カード 猫づくし』(夜間飛行)」(渡邉裕美子(立正大学))●リポート笠間62号より公開
山本康一「漕ぎ手の一人として――『舟を編む』と私」【エッセイ】●リポート笠間62号より公開
青田寿美「NIJL「蔵書印データベース」を起点に、書物・人・知のネットワーク+αへ」【特集2・デジタル化で未来をどう創るか】●リポート笠間62号より公開
山本和明「「新日本古典籍総合データベース」の試験公開開始―歴史的典籍NW事業のいまとこれから」【特集2・デジタル化で未来をどう創るか】●リポート笠間62号より公開
佐々木孝浩「MOOC(ムーク)コース制作体験記―日本の書物文化を世界に発信して」【特集2・デジタル化で未来をどう創るか】●リポート笠間62号より公開
北本朝展「より開かれた人文学研究に向けて―人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)の挑戦」【特集2・デジタル化で未来をどう創るか】●リポート笠間62号より公開
渡辺麻里子「日本古典文学のファンを増やすために―文化コードの断絶のなかで」【特集1・いま全力で取り組むべきことは何か】●リポート笠間62号より公開
寺島恒世「提案三つ―文学の研究・教育の活性化に向けて」【特集1・いま全力で取り組むべきことは何か】●リポート笠間62号より公開
山中剛史[コラム]「文豪ゲームと作家のキャラ化―極私的文アル体験記」【特集1・いま全力で取り組むべきことは何か】●リポート笠間62号より公開
日比嘉高「〈文スト〉は敵じゃない」【特集1・いま全力で取り組むべきことは何か】●リポート笠間62号より公開
松尾葦江「いま欲しい平家物語論とは―自身への問いを携帯すること」【特集1・いま全力で取り組むべきことは何か】●リポート笠間62号より公開
二〇一六年度日本近世文学会秋季大会 ラウンドテーブルA「近世文学研究の黎明」・B「世話・人情話・メロドラマ」・C「朝鮮通信使への新しい視角」傍聴記○青山英正/水谷隆之/津田眞弓
上代文学会秋季大会シンポジウム「万葉和歌の〈様式〉をめぐって」報告○高桑枝実子(聖心女子大学・武蔵大学(非))
日本文学協会第71回(2016年度)大会ラウンドテーブル 「伊勢物語の古典化―冷泉家流伊勢物語古注研究の再検討―」報告○松本 大(奈良大学)【2016年11月6日(日)・於二松學舍大学】
リポート笠間61号・特集「理想の『日本文学史』」、全文PDF公開!
面白かった、この3つ...鉄野昌弘(東京大学)●リポート笠間61号より公開
面白かった、この3つ...鈴木 元(熊本県立大学)●リポート笠間61号より公開
面白かった、この3つ...高野奈未(静岡大学)●リポート笠間61号より公開
面白かった、この3つ...古田正幸(宮城学院女子大学)●リポート笠間61号より公開
面白かった、この3つ...海野圭介(国文学研究資料館)●リポート笠間61号より公開
面白かった、この3つ...櫻井陽子(駒澤大学)●リポート笠間61号より公開
面白かった、この3つ...池澤一郎(早稲田大学)●リポート笠間61号より公開
面白かった、この3つ...岡田貴憲(日本学術振興会特別研究員・法政大学兼任講師)●リポート笠間61号より公開
面白かった、この3つ...池原陽斉(東洋大学非常勤講師)●リポート笠間61号より公開
学界時評・岡﨑友子「日本語の歴史的研究 2016.1-2016.6」●リポート笠間61号より公開
古田尚行「文学・語学研究者のための国語科教育学研究成果へのアクセス方法」[リサーチ・ナビ]●リポート笠間61号より公開
飯野勝則(佛教大学図書館)「海外日本研究に忍び寄る危機―学術情報サービスの視点から」[自著紹介]●リポート笠間61号より公開
木越 治「飯倉洋一氏へ 作品論のために」【ミニ特集・論争!】●リポート笠間61号より公開
田中道雄「新出した蕪村発句の解釈 古典研究に兆し始めた危うさ」【ミニ特集・論争!】●リポート笠間61号より公開
加藤敦子[都留文科大学]「東奔西走・観劇映画日記」○連載第三回[全三回]●リポート笠間61号より公開
畑中千晶「コミカライズ版『男色大鑑』の解説を書いて」●リポート笠間61号より公開
柳沢昌紀「和本リテラシー活動の歩みとこれから」●リポート笠間61号より公開
近藤みゆき・近藤泰弘「学術データのオープンアクセスから百人一首LINEスタンプまで―デジタル人文学の新たな段階に向けた取り組み」●リポート笠間61号より公開
藤巻和宏「「科研費審査システム改革2018」をめぐる雑感」●リポート笠間61号より公開
錦 仁「「日本文学史」を求めて」【特集●理想の 『日本文学史』】●リポート笠間61号より公開
青木太朗「日本文学史をこう教える?―知識としての文学史を語る前に」【特集●理想の 『日本文学史』】●リポート笠間61号より公開
景井詳雅「私にとっての日本文学史の授業」【特集●理想の 『日本文学史』】●リポート笠間61号より公開
中島正二「傲慢から体感へ」【特集●理想の 『日本文学史』】●リポート笠間61号より公開
鈴木千惠子「『日本文学史』を教えていない」【特集●理想の 『日本文学史』】●リポート笠間61号より公開
伊藤慎吾「日本奇想小説史」【特集●理想の 『日本文学史』】●リポート笠間61号より公開
塩沢一平「多分野がシンクロ統合された、古橋信孝新文学史」【特集●理想の 『日本文学史』】●リポート笠間61号より公開
勝亦志織「面白い!日本文学史―ジャンルを超えた先に......」【特集●理想の 『日本文学史』】●リポート笠間61号より公開
丸井貴史「文学史の魅力―『日本文学史早わかり』の思い出―」【特集●理想の 『日本文学史』】●リポート笠間61号より公開
福田武史「紹介:『ケンブリッジ日本文学史』」【特集●理想の 『日本文学史』】●リポート笠間61号より公開
Wiebke DENECKE・河野貴美子「『日本「文」学史』 A New History of Japanese"Letterature"の試み―全三冊刊行に向けて」【特集●理想の 『日本文学史』】●リポート笠間61号より公開
山藤夏郎「古典と二つの多数者性 自著『〈他者〉としての古典―中世禅林詩学論攷―』(和泉書院)の紹介を兼ねて」【特集●理想の 『日本文学史』】●リポート笠間61号より公開
稲本万里子「文学と美術史学の重なり合う視点とは」[美術史学の視座から]【特集●理想の 『日本文学史』】●リポート笠間61号より公開
今野真二「歴史を語るために」[日本語学の視座から]【特集●理想の 『日本文学史』】●リポート笠間61号より公開
堀 新「「ねね」から太閤伝記を考える―歴史学と文学の共同作業のために」[歴史学の視座から]【特集●理想の 『日本文学史』】●リポート笠間61号より公開
谷 知子「『理想の和歌史』のための五つのテーマ」【特集●理想の 『日本文学史』】●リポート笠間61号より公開
川平敏文「妄想の文学史」【特集●理想の 『日本文学史』】●リポート笠間61号より公開
鈴木 彰「混沌と動態を描く中世文学史」【特集●理想の 『日本文学史』】●リポート笠間61号より公開
田村 隆「語り手の系譜・底本の系譜」【特集●理想の 『日本文学史』】●リポート笠間61号より公開
小川靖彦「来たる「日本上代文学史」のために」【特集●理想の 『日本文学史』】●リポート笠間61号より公開
日本語学会秋季大会シンポジウム「文献資料の最前線─原本・出版・デジタル─」レポート○佐々木 勇(広島大学)【2016.10.30・於山形大学】
文化資源のデジタルデータ流通に突きつけられた課題 ―国文学研究資料館のオープンデータ公開と永崎研宣氏による公開から考える[後藤 真(国立歴史民俗博物館 研究部准教授)]
AAS-in-Asia 2016 京都大会ラウンドテーブル「The Digital Resource Landscape for Japanese Studies」報告○江上敏哲(国際日本文化研究センター)【2016.6.25・於同志社大学】
和歌文学会例会発表特集「日本語学研究からみる和歌文学」レポート ○岡﨑真紀子(奈良女子大学)【2016.6.18・於立教大学】
中世文学会春季大会シンポジウム「文学の生まれる〈ところ〉」レポート○木下華子(ノートルダム清心女子大学)【2016.5.28・於大妻女子大学】
中古文学会春季大会シンポジウム「平安朝文学と白氏文集」報告○長瀬由美(都留文科大学)【2016.5.21・於早稲田大学】
学界時評・竹内史郎「日本語の歴史的研究 2015.7-2015.12」●リポート笠間60号より公開
面白かった、この3つ...橋本貴朗(國學院大學)●リポート笠間60号より公開
面白かった、この3つ...石澤一志(学習院大学他非常勤講師)●リポート笠間60号より公開
面白かった、この3つ...小助川元太(愛媛大学)●リポート笠間60号より公開
面白かった、この3つ...植田麦(明治大学)●リポート笠間60号より公開
面白かった、この3つ...城﨑陽子(國學院大學兼任講師)●リポート笠間60号より公開
面白かった、この3つ...黒石陽子(東京学芸大学)●リポート笠間60号より公開
面白かった、この3つ...吉野朋美(中央大学)●リポート笠間60号より公開
面白かった、この3つ...吉田幹生(成蹊大学)●リポート笠間60号より公開
面白かった、この3つ...入口敦志(国文学研究資料館)●リポート笠間60号より公開
面白かった、この3つ...川崎佐知子(立命館大学)●リポート笠間60号より公開
書評「安藤 宏『「私」をつくる――近代小説の試み』(岩波新書)」(日置貴之(白百合女子大学))●リポート笠間60号より公開
加藤敦子[都留文科大学]「東奔西走・観劇映画日記」○連載第二回[全三回]●リポート笠間60号より公開
岡田一祐「「変体仮名あぷり」「くずし字学習支援アプリKuLA(クーラ)」「木簡・くずし字解読システム―MOJIZO―」レビュー」●リポート笠間60号より公開
古田尚行「文学雑誌の休刊―国語科教員が研究を考えるということ」●リポート笠間60号より公開
福田安典「論争回避の時代に生まれて―それは日本文学研究熱低下の一因なのか?」【特集・論争!】●リポート笠間60号より公開
宮本祐規子「シンポジウム「江島其磧の再発見」とその後」【特集・論争!】●リポート笠間60号より公開
飯倉洋一「木越治氏へ―「菊花の約」の尼子経久は論ずるに足らぬ作中人物か」【特集・論争!】●リポート笠間60号より公開
井上泰至「とかく論争というものは―論争のルール、論争のマナー」【特集・論争!】●リポート笠間60号より公開
近刊・リポート笠間60号より、新刊案内・2015年末〜2016年刊行の本を先行PDF公開します。学会シーズン前にぜひチェックしてみて下さい!
明星大学日本文化学科国際シンポジウム「本がつなぐ日本と世界―古典籍と目録・研究の国際化」報告○勝又基(明星大学)【2016.1.11・於明星大学】
京都近世小説研究会二〇一五年十二月例会報告―西鶴をどう読むか(続・続)―○浜田泰彦(佛教大学講師)【2015.12.20・於キャンパスプラザ京都】
上代文学会秋季大会・シンポジウム「 日本霊異記─その文学史的位置付けを考える─」レポート○河野貴美子(早稲田大学)【2015.11.14・於国学院大学】
中古文学会秋季大会シンポジウム「室町戦国期の『源氏物語』―本の流通・注の伝播―」報告○新美哲彦(早稲田大学)【2015.10.24・於県立広島大学】
リポート笠間59号○特集「古典の現代語訳を考える」、PDFで全文公開しました
加藤敦子[都留文科大学]「東奔西走・観劇映画日記」○連載第一回[全三回]●リポート笠間59号より公開
プロジェクト人魚・日本ハイジ児童文学研究会主催・シンポジウム「高畑勲の〈世界〉と〈日本〉」○兼岡理恵(千葉大学)●リポート笠間59号より公開
山本和明「大型プロジェクトの進捗状況について―基盤整備・機能強化の側面より―」●リポート笠間59号より公開
書評「金時徳著『韓半島とユーラシア東海岸の五〇〇年史』(メディチメディア社〈韓国ソウル〉)」(染谷智幸(茨城キリスト教大学))●リポート笠間59号より公開
書評「小川剛生校注『新版 徒然草 現代語訳付き』(角川ソフィア文庫)」(深津睦夫(皇學館大学))●リポート笠間59号より公開
大塚ひかり「誰のための現代語訳か」[古典の面白さを伝えたいという立場から]【特集・古典の現代語訳を考える】●リポート笠間59号より公開
木越 治「現代語訳と研究」[上田秋成から考える]【特集・古典の現代語訳を考える】●リポート笠間59号より公開
白石良夫「五七五七七の現代語訳」[これが面白い! 古典の訳さまざま]【特集・古典の現代語訳を考える】●リポート笠間59号より公開
学界時評・宮地朝子「日本語の 歴史的研究 2015.1-2015.6」●リポート笠間59号より公開
植木朝子「現代語訳と解釈の間―名訳の定めがたさ」[これが面白い! 古典の訳さまざま]【特集・古典の現代語訳を考える】●リポート笠間59号より公開
星山 健「「誤解も理解」の王朝物語入門」[これが面白い! 古典の訳さまざま]【特集・古典の現代語訳を考える】●リポート笠間59号より公開
面白かった、この3つ...神作研一●リポート笠間59号より公開
面白かった、この3つ...近藤瑞木●リポート笠間59号より公開
谷 知子「古典文学のリメイク―心はそのままに、ことばは新しく」[これが面白い! 古典の訳さまざま]【特集・古典の現代語訳を考える】●リポート笠間59号より公開
福田武史「『齋藤和英大辞典』」[これが面白い! 古典の訳さまざま]【特集・古典の現代語訳を考える】●リポート笠間59号より公開
面白かった、この3つ...谷口雅博●リポート笠間59号より公開
面白かった、この3つ...中嶋真也●リポート笠間59号より公開
伊藤守幸「「含意」(connotation)を翻訳に活かすために」【特集・古典の現代語訳を考える】●リポート笠間59号より公開
中嶋 隆「西鶴浮世草子を小説化すること― 剽窃・翻案・改作」【特集・古典の現代語訳を考える】●リポート笠間59号より公開
面白かった、この3つ...松本麻子●リポート笠間59号より公開
面白かった、この3つ...今井 上●リポート笠間59号より公開
渡辺麻里子「古典の世界へつなぐ現代語訳― 町田康訳『宇治拾遺物語』を端緒として」〔付〕『今昔物語集』の書名について【特集・古典の現代語訳を考える】●リポート笠間59号より公開
松尾葦江「「長門切」問題―平家物語成立論の更新」●リポート笠間59号より公開
面白かった、この3つ...大津雄一●リポート笠間59号より公開
面白かった、この3つ...鈴木宏子●リポート笠間59号より公開
兼岡理恵「言葉の息づかい、佇まい―伊藤比呂美訳『日本霊異記』」【特集・古典の現代語訳を考える】●リポート笠間59号より公開
小島孝之「伊藤比呂美訳『発心集』を読むことをきっかけにして」【特集・古典の現代語訳を考える】●リポート笠間59号より公開
面白かった、この3つ...前田雅之●リポート笠間59号より公開
面白かった、この3つ...滝川幸司●リポート笠間59号より公開
中森康之「蔵書タイトルのデジタル化顛末記」●リポート笠間59号より公開
田渕句美子「歌人たちの肉眼で見る― 小池昌代訳『百人一首』」【特集・古典の現代語訳を考える】●リポート笠間59号より公開
三浦佑之「池澤夏樹訳『古事記』を通して」【特集・古典の現代語訳を考える】●リポート笠間59号より公開
鹿谷祐子「『新蔵人』絵巻の「越境」性 AAS(アジア学会)での発表報告」●リポート笠間58号より公開
近本謙介「東アジア宗教文献国際研究集会 唱導論構築に向けての共同研究」【特集・研究会の「今」】●リポート笠間58号より公開
日本文学アクティブラーニング研究会「古典文学をアクティブ・ラーニングでまなぶ 和歌を演じるワークショップ」【特集・研究会の「今」】●リポート笠間58号より公開
高木浩明「『源平盛衰記』版本についての覚書」●リポート笠間58号より公開
合山林太郞「日本漢詩文とカノン 「日本漢文学プロジェクト」 活動報告」【特集・研究会の「今」】●リポート笠間58号より公開
平野多恵「新しい和歌みくじをつくる―天祖神社歌占プロジェクト」●リポート笠間58号より公開
田中祐介「近代日本の日記文化と自己表象」【特集・研究会の「今」】●リポート笠間58号より公開
ツベタナ・クリステワ「〝本役者〟としての翻訳家」●リポート笠間57号より公開
加藤十握「その先の古典の海へ」●リポート笠間57号より公開
竹村信治「研究者が国語教育を考えるということ―「言説の資源」をめぐる」●リポート笠間57号より公開
田中貴子「西岸寺所蔵「九相図」絵解き「再生」の試み」●リポート笠間57号より公開
日比嘉高「国際査読誌『跨境(こきょう) 日本語文学研究』の創刊、および少々の展望」●リポート笠間57号より公開
木越 治・「まほろばの会」のことなど●リポート笠間57号より公開
岩崎雅彦「虚構[エンターテインメント]としての女武者―静の《コスプレ》と《ギャップ萌え》」●リポート笠間57号より公開
荒木 浩「背伸びと軽さの限界点―海外で古典を伝えること」●リポート笠間57号より公開
勝又 基「ハーバード大留学おぼえがき―日本文学研究とは何か、外側から見つめ直す」●リポート笠間57号より公開
岡﨑真紀子「資料と論理のあいだ―大学院のこと」●リポート笠間57号より公開
木田博子「古典漫画の二倍の楽しみ」●リポート笠間57号より公開
川村裕子「普及活動の根本―公開講座について」●リポート笠間57号より公開
小峯和明「追悼・増尾伸一郎―知と学の〈鍋奉行〉」●リポート笠間57号より公開
藤沢 毅「翻刻を考える」●リポート笠間57号より公開
鈴木 彰「世界と今と自分をみつめる―大学生と読む古典」●リポート笠間57号より公開
和田敦彦「学会誌電子化・公開の明暗―NII-ELSの事業終了を視野に」●リポート笠間57号より公開
助川幸逸郎「「空想」から「想像」へ ―排外主義に抗うために文学研究者ができること」(リポート笠間55号より再掲載)
リポート笠間vol.56巻頭インタビュー、国文学研究資料館「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画」いよいよスタート!【今西祐一郎館長・山本和明氏】
安原眞琴[立教大学兼任講師]・「吉原学」序説―映画の報告と共に●リポート笠間56号より公開
リポート笠間56号[【巻頭インタビュー】国文学研究資料館「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画」 いよいよスタート! ◉今西祐一郎×山本和明]、先行全文PDF一挙公開
田中道雄[佐賀大学名誉教授]・日本詩歌史の忘れられた巨星―蝶夢の佳句のもたらす不思議さ●リポート笠間55号より公開
倉住 薫[大妻女子大学助教]・〈ものがたり〉の転生●リポート笠間55号より公開
染谷智幸[茨城キリスト教大学教授]・十五~十七世紀、 室町―上方文学論は可能か●リポート笠間55号より公開
渡部泰明[東京大学教授]・『うた恋い。』の監修をして●リポート笠間55号より公開
石上阿希・春画を展示すること●リポート笠間55号より公開
福島幸宏[京都府立総合資料館]・京都府立総合資料館の新館構想から考える 「資料・情報・人の交通の場」●リポート笠間55号より公開
飯倉洋一「西鶴読解の壁―「ワークショップ 西鶴をどう読むか」報告を兼ねて」●リポート笠間55号・特集[近世文学研究のなかの「壁」]、より先行公開
児玉竜一「歌舞伎の研究をめぐる壁」●リポート笠間55号・特集[近世文学研究のなかの「壁」]、より先行公開
安原眞琴「映像記録「最後の吉原芸者 四代目みな子姐さん―吉原最後の証言記録―」製作の経緯」【リポート笠間54号・先行公開】
エッセイ●塩村耕「朝鮮本古典籍返還の件を機に書物について考える」【リポート笠間53号・掲載】
エッセイ●岡部晋典「錆びはじめてきた、図書館の伝家の宝刀を研ぐことは可能か」【リポート笠間53号・掲載】