白石良夫・中尾友香梨編・小城鍋島文庫研究会校訂『佐賀大学附属図書館小城鍋島文庫蔵 十帖源氏 立圃自筆書入本【翻刻と解説】』(笠間書院)

3月中旬の刊行予定です。
70895_k.jpg
白石良夫・中尾友香梨編・小城鍋島文庫研究会校訂『佐賀大学附属図書館小城鍋島文庫蔵 十帖源氏 立圃自筆書入本【翻刻と解説】』(笠間書院)
ISBN978-4-305-70895-3 C3093
A5判・上製・カバー装・408頁+口絵2頁
定価:本体11000円(税別)
江戸時代の歌詠みたちが読んだ源氏物語の梗概本を初翻刻!
原文を圧縮しながら和歌をすべて残す『十帖源氏』は近世歌人の参考書と考えられ、源氏受容の一端を伝えている。
著者立圃(りゅうほ)(一五九五~一六六九)自筆の書入れを含め近世初期の源氏音読の痕跡を残す本文から近世擬古文のテキストが立ち現れる。
源氏物語研究のみならず、和歌・俳諧・仮名草子・国語学研究にも重要な資料。
挿絵132点掲載!
【九州の一支藩にすぎなかった小城の藩主家蔵書のなかに、江戸前期に活躍した京都の俳諧師、野々口立圃の自筆書入本『十帖源氏』が含まれていることの意義は大きい。立圃は松永貞徳の門下である。したがって、その源氏理解には貞徳の影響が見られるはずであり、この点に関してはすでに先行研究もある。ただ、先行研究はいずれも『十帖源氏』の本文または挿絵を通して、立圃の源氏理解及びそこに投影された貞徳の源氏解釈を説明しようとするものであった。これまでは、それしか方法がなかったからである。一方、ここに翻刻する小城鍋島文庫蔵『十帖源氏』は、立圃が自ら註釈を書き入れたものであり、立圃の源氏理解を直接窺うことのできる、注目すべき資料である。…「あとがき─著者書入本の周辺」(中尾友香梨)より】
———–
■編者紹介
白石良夫(しらいし よしお)
元佐賀大学教授 博士(文学)(九州大学) 。著書に『本居宣長「うひ山ぶみ」』(講談社 2009年)など。
中尾友香梨(なかお ゆかり)
佐賀大学准教授 博士(比較社会文化)(九州大学)。著書に『江戸文人と明清楽』(汲古書院 2010年)など。
———–
■ご予約・ご注文はこちら
○全国の書店でご予約・ご注文出来ます。お近くの書店にご注文下さい。
○笠間書院から直接購入することも可能です。笠間書院 Web Shop[クレジット決済]。ネット書店での購入をご希望の場合もこちらをご覧下さい。
http://shop.kasamashoin.jp/bd/isbn/9784305708953/
○公費・郵便振替でのご購入の場合
直接小社まで、メール info@kasamashoin.co.jp または下記のフォームで、購入希望としてご連絡ください(書名・冊数・お名前・ご住所・電話番号を明記してください)。
http://kasamashoin.jp/mailform.html
———–
【目次】
まえがき─白石良夫
凡例
十帖源氏[書入・版本]
解説─異版と著者書入本 白石良夫
あとがき─著者書入本の周辺 中尾友香梨
校訂者及び担当巻一覧
———–
■校訂者プロフィール
白石 良夫(しらいし よしお)
元佐賀大学教授 博士(文学)(九州大学)。著書『本居宣長「うひ山ぶみ」』(講談社 2009年)。
中尾 友香梨(なかお ゆかり)
佐賀大学准教授 博士(比較社会文化)(九州大学)。著書『江戸文人と明清楽』(汲古書院 2010年)。
大久保 順子(おおくぼ じゅんこ)
福岡女子大学教授 修士(文学)(東北大学)。 編書『仮名草子集成』第46巻(共編 東京堂出版 2010年)。
亀井 森(かめい しん)
鹿児島大学准教授 博士(文学)(九州大学)。編書『国立台湾大学図書館典蔵長沢伴雄自筆日記』第1巻(国立台湾大学図書館2013年)。
土屋 育子(つちや いくこ)
東北大学准教授 博士(文学)(京都大学)。著書『中国戯曲テキストの研究』(汲古書院 2013年)。
沼尻 利通(ぬまじり としみち)
福岡教育大学准教授 博士(文学)(國學院大學)。著書『平安文学の発想と生成』(國學院大學大学院 2007年)。
日高 愛子(ひだか あいこ)
志學館大学講師 博士(文学)(九州大学)。論文「実隆五十首の成立と道堅」(和歌文学研究110号 2015年6月)。
三ツ松 誠(みつまつ まこと)
佐賀大学講師 博士(文学)(東京大学)。編書『花守と介次郎─明治を担った小城の人びと』(佐賀大学地域学歴史文化研究センター 2016年)。
村上 義明(むらかみ よしあき)
九州大学大学院生 修士(文学)(九州大学)。論文「高井蘭山の家系と著述活動」(近世文芸106号 2017年7月)。
二宮 愛理(にのみや あいり)
九州大学大学院生 修士(文学)(九州大学)。論文「史実を欺く『栄花物語』─巻五「浦々の別」における年次設定」(語文研究123号 2017年6月)。
脇山 真衣(わきやま まい)
伊万里特別支援学校教諭 修士(文学)(九州大学)。論文「『児戯笑談』解題と翻刻(1)」(文献探究55号 2017年3月)。
片桐 美優(かたぎり みゆ)
福岡女子大学大学院生。