« 水門の会東京例会・第四回国際シンポジウム「東アジアの古辞書」(2018年3月3日(土)10:00~16:00、大東文化会館) | メイン | シンポジウム「―日本的演劇空間とは何か―」(2017年3月10日(土)12:00 - 17:00、東京芸術劇場大会議室) »

2018年2月 9日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●河添房江編『アクティブ・ラーニング時代の古典教育ー小・中・高・大の授業づくりー』(東京学芸大学出版会)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

河添房江様よりいただきました。

41lWrp6iWdL._SX351_BO1,204,203,200_.jpg

アクティブ・ラーニング時代の古典教育
ー小・中・高・大の授業づくりー

編者:河添房江
発行日:2018年1月25日
定価:本体2,500円+税
発行所:東京学芸大学出版会

【目次】
 はじめに...河添房江
第Ⅰ部 理論編
 第1章 アクティブ(・)ラーニングとは何かー古典学習の視点からー...麻生裕貴
 第2章 国語科教育と情報通信技術の活用ー学習者用端末・デジタル教科書を中心にー...加藤直樹
 第3章 デジタル教科書の現在...坂倉貴子
 第4章 大学教員養成課程における国語科と情報教育...白勢彩子

第Ⅱ部 実践編
*小学校*
 第1章 主体的・対話的で深い学びのある小学校古典学習...小山進治
*中学校*
 第2章 古典文法の〈アクティブ・ラーニング〉型授業...麻生裕貴
 第3章 技術・家庭科との教科横断型単元で日本の伝統文化を学ぶー和菓子を題材としてー...森顕子
*高等学校*
 第4章 『伊勢物語』第六段「芥川」の古典教材としての現在的意義ー本文との往還・盗まれる女ー...吉野誠
 第5章 古典の読みを深めるアクティブ・ラーニングー『更級日記』における『源氏物語』受容を探るー...古屋明子
 第6章 ペアワークを用いた古文の読解ー新旧の学習指導要領のあいだを繋ぐ授業改善の試みー...奥田和広
 第7章 言葉に着目して『源氏物語』を面白く読むー若菜上・下巻「ぬるし」から見えるものー...山際咲清香
*大学*
 第8章 国語科教育法におけるアクティブラーニングの実践ー教員免許状取得を目指す学生のALイメージと授業作りー...本橋裕美
 第9章 『源氏物語』でアクティブ・ラーニングは可能かー帚木巻「雨夜の品定め」のジグソー法を中心にー...河添房江


●グーグル提供広告