« 『異土』第15号(文学表現と思想の会) | メイン | 国文学研究資料館他・市民参加型ワークショップ「『古典』オーロラハンタ-3」(2018年2月18日(日) 13:30~16:30、国文学研究資料館 2F大会議室、無料(要申し込み・28名)) »

2018年1月15日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●西原大輔著『本詩取り』(七月堂)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

西原大輔氏よりいただきました。

1801151413.jpg

A6判・上製・函・234頁
2018.1.31発行
定価本体2,000円
ISBN978-4-87944-306-9

公式サイトはこちら
http://www.shichigatsudo.co.jp/info.php?category=publication&id=honshidori

近代の独創性神話を疑う
 「本詩取り」は、僕の造語です。もちろん、和歌の「本歌取り」から作りました。この詩集では、全篇が例外なく「本詩取り」の技法で作られています。

 「本詩取り」は、僕が新たに試みた作詩術の名称ですが、これは単なる小手先の技術にとどまるものではありません。新しさを追求してきた現代詩は、なぜ袋小路に入ってしまったのか。長い詩歌の歴史の中で、日本の詩は今後どのような方向に進むべきか。この本質的な問いに対し、僕なりの回答を提出したのが「本詩取り」です。(著者「本詩取りについて」より)


●グーグル提供広告