« たけにしよしかず 個人詩誌「季刊 ぽとり」第48号 | メイン | 藤巻和宏著『聖なる珠の物語 空海・聖地・如意宝珠』(平凡社ブックレット〈書物をひらく〉) »

2018年1月10日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●杉山和也 著『南方熊楠と説話学』(平凡社ブックレット〈書物をひらく〉)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

国文学研究資料館さまよりいただきました。

1801101047.jpg

知の複合体・南方熊楠の説話学は、芳賀・高木・柳田の民族へと収斂するそれと別の方向性をもつ。遺存資料に探る南方説話学の可能性。

シリーズ・巻次 ブックレット 〈書物をひらく〉 9

出版年月 2017/11

ISBN 9784582364491

Cコード・NDCコード 0339 NDC 388.1

判型・ページ数 A5 108ページ

版元公式ページ
http://www.heibonsha.co.jp/book/b310973.html


●グーグル提供広告