« 淑徳大学アーカイブズ 平成29年度特別展「「老い」へのまなざし--国家と家における高齢者福祉の歴史--」(平成29年10月28日(土)〜平成30年4月27日(金)) | メイン | 日本近代文学館・第281号(広告掲載) »

2018年1月 5日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●佐藤至子編『雨月物語 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典』(角川ソフィア文庫)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

株式会社KADOKAWA様よりいただきました。

321608000167.jpg

●公式サイトはこちら
https://www.kadokawa.co.jp/product/321608000167/

雨月物語 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典

著者:上田秋成
編者:佐藤至子
発売日:2017年12月21日
定価:778円(本体720円+税)
レーベル:角川ソフィア文庫

美しくも恐ろしい江戸の傑作怪異小説。全9篇を解説とともに味わう。

稀代の怨霊・崇徳院が眠る白峯の御陵を訪ねた西行法師の目の前に現れたのは――(白峯)
義兄弟の契りをかわした武士と学者。主君の仇討ちに向かった武士は、学者のもとに戻るが――(菊花の約)
一攫千金を夢見て旅立った勝四郎。七年の時を経て戻った家で見たものとは――(浅茅が宿)
ある雨の日に出会った美しい女は蛇の化身であった。蛇と別れた男はその後妻をめとるが――(蛇性の婬) ほか

【目次】
はじめに
上田秋成と雨月物語
白峯
菊花の約
浅茅が宿
夢応の鯉魚
仏法僧
吉備津の釜
蛇性の婬
青頭巾
貧福論


●グーグル提供広告