« 『駿河台文芸』第34号 | メイン | 佛教大学国語国文学会「京都語文」第23号、第24号、第25号 »

2018年1月10日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●平成29年度国際シンポジウム「時空を超える〈言葉〉--神話の翻訳をめぐって--」(平成30年1月20日(土)13時〜17時半、国学院大學渋谷キャンパス、申込み不要・入場無料)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

シンポジウム情報です。

●公式サイトはこちら

https://www.kokugakuin.ac.jp/research/oard/kojiki-c
----------

日時:平成30年1月20日(土)13時~17時半
場所:国学院大學 渋谷キャンパス 常磐松ホール(学術メディアセンター1階)
登壇者:
池澤夏樹(作家)
 「文体と速度と精神」
パオロ・ヴィラーニ(イタリア・カターニア大学准教授)
 「ソーステキストの典型としての「古事記」--その翻訳史における諸問題」
アラン・ロシェ(フランス・国立高等研究実習院教授)
 「古事記のフランス語訳」
月本昭男(立教大学名誉教授、上智大学教授)
 「ヘブライ語聖書翻訳の経験から」
コメント:シルヴィオ・ヴィータ(京都外国語大学教授)
司会進行:平藤喜久子(本学研究開発推進機構教授)
 ※申込み不要・入場無料

●お問い合わせ

国学院大學 研究開発推進機構事務課
〒150-8440 東京都渋谷区東4-10-28
電話03-5466-0104 ファクス03-5466-9237


●グーグル提供広告