« 大阪大学大学院文学研究科 助教 (文化表現論専攻芸術学講座 音楽学・演劇学専門分野)公募(2018年01月05日 必着 当日17時必着) | メイン | 物語研究会 12月 物語研究例会(2017年12月16日(土)、青山学院大学11号館3F 1130教室) »

2017年12月 6日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●谷知子著『古典のすすめ』(角川選書)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

谷知子氏よりいただきました。

2213_001.jpg

版元サイトはこちら
http://shoten.kadokawa.co.jp/book/bk_detail.php?pcd=321703000365

古典のすすめ

発売日:2017年 11月 25日
電子書籍配信日:2017年 11月 25日
定価(税込): 1836円
四六判
ISBN 978-4-04-703620-8-C0395
角川学芸出版

答えは古典にあった。人生を導く、先人たちの叡智をひもとく。

神話から江戸の世話物へとつながる恋愛観、挽歌と哀傷歌そして源氏物語に描かれた「死」と「病」など、日本の古典作品に描かれた哲学をやさしく説く。古典に立ち返り、人生を見つめる新たな視点を養う本。

【目次】
・生まれてくること―『古事記』ほか
・大人になること―『鉢かづき』ほか
・教育ということ―『風姿花伝』ほか
・働くこと―『日本永代蔵』ほか
・恋すること―『曾根崎心中』ほか
・結婚すること―『源氏物語』ほか
・自然と共存すること―『方丈記』ほか
・名前ということ―『古今和歌集』ほか
・理想ということ―『新古今和歌集』ほか
・美しいということ―『平家物語』ほか
・差別ということ―『宇治拾遺物語』ほか
・旅ということ―『海道記』ほか
・祝祭ということ―『万葉集』ほか
・日本ということ―『吉備大臣入唐絵巻』ほか
・病気ということ―『大鏡』ほか
・老いること―『百人一首』ほか
・死ぬこと―『徒然草』ほか


●グーグル提供広告