山梨県立博物館 企画展「芳年 激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」(平成30年3月17日(土)〜5月14日(月))

展示情報です。
●詳しくはこちら
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/3nd_tenjiannai_17tokubetsu003.html

——————–
 月岡芳年は江戸から明治にかけて活躍した浮世絵師です。幕末の混乱と明治維新を経て日本が急激に変遷する、まさに激動の時代に人気絵師となった芳年は、浮世絵の需要が失われつつあった当時において最も大成した絵師でした。本展では、世界屈指の芳年コレクションで知られる西井正氣氏所蔵のコレクションより、初期から晩年にかけての代表作を展示し、芳年の生涯とともにご紹介いたします。また、日本画家でもある西井氏が描いた、芳年の道祖神祭幕絵を模写した屏風や、山梨で発見された芳年作の肖像画など、山梨と芳年との関わりにも迫ります。
概要   展示構成と主な資料   関連イベント
■期間
平成30年3月17日(土曜)から5月14日(月曜) 
■時間
午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
■休館日
毎週火曜日 ※5月1日(火曜)は開館