« 早稲田大学国語教育学会 第274回例会(2018年1月27日(土)、早稲田大学早稲田キャンパス) | メイン | 大阪大学大学院文学研究科 助教 (文化表現論専攻芸術学講座 音楽学・演劇学専門分野)公募(2018年01月05日 必着 当日17時必着) »

2017年12月 5日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●国際検閲ワークショップ(2018年1月26日(金)、早稲田大学 国際会議場井深大記念ホール・国際会議場第3会議室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

ワークショップ情報です。

●詳しくはこちら
http://flas.waseda.jp/jcs-j/2017/12/04/「国際検閲ワークショップ」開催のお知らせ(126
ーーーーーーーー

「国際検閲ワークショップ」開催のお知らせ
この度、国際日本学拠点では下記の通りイベントを開催いたします。
みなさまの参加をお待ちしております。

日時:2018年1月26日(金) 13:30〜17:30
場所:早稲田大学 国際会議場井深大記念ホール・国際会議場第3会議室
言語:日本語
予約不要
お問い合わせ先:早稲田大学文学学術院事務所 03-5286-3526(担当上甲)

第一部 基調講演(13:30〜15:00 早稲田大学 国際会議場井深大記念ホール)
●ロバート キャンベル(国文学研究資料館長)「Popcorn on the Ginzaー占領期における日本の都市表象と文学ー」
●宗像和重(早稲田大学教授)「近代文学の「検閲」をめぐって」

第二部 《若手研究者によるラウンド・テーブル》検閲と文学研究の現在(15:30〜17:30 早稲田大学 国際会議場第3会議室)
●牧義之(長野県短期大学・助教)「戦前・戦中期の出版警察と図書館との関係についてー事務文書から読み解くー」
●尾崎名津子(弘前大学・講師)「岩波文庫への検閲について」
●村山龍(慶應義塾大学・非常勤講師)「「児童読物改善ニ関スル指示要綱」の改稿過程を探る」
●金ヨンロン(早稲田大学・研究院客員助教)「占領期における検閲主体の読書行為をめぐってー東京裁判と検閲を中心にー」
●逆井聡人(東京外国語大学・特任講師)「在日朝鮮人文学と自己検閲:金達寿作品を中心に」

コメンテーター:
ロバート キャンベル(国文学研究資料館長)
デイヴィッド・ルーリー(コロンビア大学准教授)
宗像和重(早稲田大学教授)
十重田裕一(早稲田大学教授)

Closing remarks:李成市(早稲田大学教授)
Organizer:十重田裕一(早稲田大学教授)
Coordinator:松本弘毅(早稲田大学客員主任研究員)、金ヨンロン(早稲田大学研究院客員助教)


●グーグル提供広告