小川剛生著『兼好法師 徒然草に記されなかった真実』(中公新書)

小川剛生氏よりいただきました。
102463.jpg
●公式サイトはこちら
http://www.chuko.co.jp/shinsho/2017/11/102463.html#
兼好法師
徒然草に記されなかった真実
小川剛生 著
兼好は鎌倉時代後期に京都・吉田神社の神職である卜部家に生まれた。六位蔵人・左兵衛佐となり朝廷に仕えた後、出家して「徒然草」を著す――。この、現在広く知られる彼の出自や経歴は、兼好没後に捏造されたものである。著者は同時代史料をつぶさに調べ、鎌倉、京都、伊勢に残る足跡を辿りながら、「徒然草」の再解釈を試みる。無位無官のまま、自らの才知で中世社会を渡り歩いた「都市の隠者」の正体を明らかにする。
書誌データ
初版刊行日2017/11/21
判型新書判
ページ数258ページ
定価本体820円(税別)
ISBNコードISBN978-4-12-102463-3