山梨県立美術館「狩野芳崖と四天王 ー近代日本画、もうひとつの水脈ー」(平成29年11月3日(金・祝)~12月17日(日)※前・後期有)

展示情報です。
●詳しくはこちら
http://www.art-museum.pref.yamanashi.jp/exhibition/

——————–
狩野芳崖と四天王 ー近代日本画、もうひとつの水脈ー
平成29年11月3日(金・祝)~12月17日(日)
前期:11月3日~11月26日 / 後期:11月28日~12月17日 
※前期・後期で大幅な展示替えをします。
近代日本画の黎明期を代表する画家、狩野芳崖(1828~1888)。畢生の大作《悲母観音》は、近代日本画の原点と称えられ、記念碑的作品として日本美術史に燦然と輝きます。その芳崖に師事した最後の弟子、岡倉秋水(1869~1950)、岡不崩(1869~1940)、高屋肖哲(1866~1945)、本多天城(1867~1946)は、次代の画壇を担う「四天王」として嘱望されました。しかし、芳崖が東京美術学校(現、東京藝術大学)の開校直前に没し、画壇が岡倉天心に牽引された横山大観、菱田春草ら、後に日本美術院で活躍する気鋭の画家たちで占められると、彼らは中央画壇から遠ざかり、今では忘れ去られた存在となってしまいました。
本展は、彼ら四天王に光を当てた初めての展覧会です。知られざる画業を新出作品や初紹介資料等を通じて多角的に辿るとともに、芳崖をはじめ、橋本雅邦ら近代日本画の基礎を築いた画家たちの代表作、さらには近代日本画の未来を切り開いていった大観、春草らの作品もあわせて約90点を展観します。
※会期中、大幅な展示替えをします。