日本女子大学 国語国文学会秋季大会・[第一部]研究会[第二部]講演会「老子の魅力-人文学研究の意義と目的」講師:谷中信一氏(2017年12月2日(土)、目白キャンパス【申込不要】)

研究会情報です。
●詳しくはこちら
http://www.jwu.ac.jp/unv/lecture_news/2017/20171202_03.html

——————–
日本女子大学 国語国文学会秋季大会
日時
2017 (平成29) 年 12月2日(土)
[第一部] 10:00~14:40
[第二部] 15:30~17:05
会場
日本女子大学 目白キャンパス
目白キャンパスアクセス
目白キャンパスマップ
[第一部] A会場 : 百年館高層棟4階マルチメディア室1
B会場 : 百年館高層棟4階マルチメディア室2
[第二部] 百年館低層棟5階504教室
[茶話会] 百年館高層棟4階人間交流室
概要
[第一部]10:00~14:40
研究発表会

◆A会場:百年館高層棟4階マルチメディア室1
【午前の部 10:00~12:15 中世文学】
『我が身にたどる姫君』の「密通」-女三の宮と後涼殿を起点として-
大塚 千聖 氏
『新蔵人物語』における『狭衣物語』摂取
三上 真由 氏
根津美術館蔵『玉藻前草紙』の研究
武居 真穂 氏
文化庁本『酒飯論絵巻』を読む-摂取された先行絵巻群を通して-
藤田 百合子 氏
『百鬼夜行絵巻』の巻末描写に関する考察 渡邊 咲子 氏
【午後の部 13:00~14:40 近代文学・日本語教育】
野口米次郎の能劇紹介の研究-『The Japan Times』を中心に-
シラージ・アンドレア 氏
太宰治『正義と微笑』論-教養主義との関わりを通じて-
片木 晶子 氏
「蝮のすえ」再論-文学者と戦争責任を中心に-
李 娜娜氏
和語動詞の語義の分野別使用状況-現代日本語書き言葉均衡コーパスを用いた調査より-
相澤 早帆 氏
◆B会場 : 百年館高層棟4階マルチメディア室2
【11:00~12:15 近世文学】
『平家物語評判秘伝抄』-『源平盛衰記』からの一考察-
阿部 美知代 氏
伊丹椿園『両剣奇遇』論
熊倉 萌 氏
山東京伝『白藤源太談』について
深野 里瑛 氏
[第二部]15:30~17:05
講演会

◆百年館低層棟5階504教室
「老子の魅力-人文学研究の意義と目的」
本学名誉教授 谷中信一氏
[茶話会] 講演会終了後、百年館高層棟4階人間交流室にて 会費1,000 円
参加対象者 どなたでもご参加いただけます
参加費 無料
※茶話会参加の場合は会費1,000 円
お申込み方法 不要
主催 日本女子大学 国語国文学会
問合せ先
日本女子大学 日本文学科 中央研究室
FAX : 03-5981-3522