立教大学日本学研究所第60回研究例会「薩摩藩の文芸とその環境――地域資料からの展望――」(2017年12月17日(日)10:00~18:00、立教大学 池袋キャンパス 12号館地下 第1・2会議室)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.rikkyo.ac.jp/events/2017/12/mknpps0000007ckg.html

——————–
20171217.jpg
立教大学日本学研究所第60回研究例会
「薩摩藩の文芸とその環境――地域資料からの展望――」
日時
2017年12月17日(日)10:00~18:00
場所
立教大学 池袋キャンパス 12号館地下 第1・2会議室
基調講演
山口 眞琴(兵庫教育大学)「『本藩人物誌』から浮かび上がる諸問題」
丹羽 謙治(鹿児島大学)「薩摩藩の文学・歴史資料の転写と保存について」
研究発表
木村 淳也(明治大学)「薩摩が描いた「琉球」??『琉客談記』『琉館筆譚』から見えるもの」
宮腰 直人(山形大学)「米沢藩士と語り物文芸??平曲と幸若舞曲を中心にして」
鈴木 彰(立教大学)「移行期を生きた薩摩藩士の文事??『高麗渡』と『夢物語』」
コーディネーター・司会
鈴木 彰(立教大学文学部教授・日本学研究所副所長)
内容
16~17世紀の、いわゆる中世近世移行期を経て、幕藩体制の安定化が図られていくのと対応する形で、南九州に拠点をおく薩摩藩・島津家でもそれまでとは異なる新たな体制整備が進められていった。その過程では、藩主島
津家以下諸家において現在に至るまでの家譜を再構成したり、領内の寺社や名所・旧跡を含めたあらゆる〈場〉がもつ由緒が検証されたりしたことが明らかとなっている。一方、そうした政治的な動きと不可分な形で、さま
ざまな文芸にかかわる営みが活性化していたことについては、まだ十分な検討がなされていない。この研究例会では、薩摩藩に関わる17~19世紀の文芸資料を取りあげ、それぞれがもつ意義を資料学的側面を中心として検証
するとともに、薩摩藩が近世を通じて育んでいった文芸をめぐる環境の質について、他藩の状況も視野に入れながら検討する。山口眞琴氏・丹羽謙治氏による基調講演を行い、木村淳也氏・宮腰直人氏及び鈴木彰の研究発表
を踏まえて、全体討論を行う。
主催
立教大学日本学研究所
対象
学生、大学院生、教職員、一般
※申込不要、入場無料
問合せ先
立教大学日本学研究所事務局 nihongaku@rikkyo.ac.jp