俳文学会東京研究例会 第439回(2017年12月16日(土)14:30~17:00、聖心女子大学1号館204教室)

研究会情報です。
●詳しくはこちら
http://haibuntokyo.cside.com/prg/inf7.cgi

——————–
第439回
2017年12月16日(土)14:30~17:00
聖心女子大学1号館204教室
第29回テーマ研究  芭蕉真蹟集の今後-『芭蕉全図譜』25年を前に-  
   司会 深沢 眞二氏
講演  芭蕉真蹟研究史の展望   安保 博史 氏
【要旨】
 江戸時代以来の芭蕉真蹟集成の試みを概観し、『芭蕉全図譜』(岩波書店、平成5年)所収「総説 芭蕉真蹟物の世界」、今栄蔵氏「芭蕉の関防印『山昨木』の本物と偽物」(『連歌俳諧研究』99号、平成12年)、同氏「芭蕉の真蹟とその模造品」(『山寺芭蕉記念館紀要』6号、平成13年)などの到達点を確認した上で、平成8年に発見された自筆本『奥の細道』真贋判定時の学界の対応を検証し、より精密化する近年の芭蕉真蹟研究の最前線の諸相を踏まえながら、今後の研究の方向性や課題を展望する。
資料紹介  暁台旧蔵「芭蕉翁筆伊勢之吟」一幅   清登 典子 氏
講演  芭蕉真跡に対する所感-晩年を中心に-   立教大学名誉教授  加藤 定彦 氏