« 「第二十六回文学フリマ東京」2018年5月6日(日)出店者募集開始! | メイン | 説話文学会 平成29年度12月例会(仏教文学会・和歌文学会合同例会)(2017年12月16日(土)、早稲田大学戸山キャンパス) »

2017年11月13日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●蓬左文庫 企画展「もののあはれ-物語と花鳥風月-」(平成29年11月11日(土)〜12月13日(水))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●詳しくはこちら
http://housa.city.nagoya.jp/exhibition/index.html

--------------------

平成29年11月11日(土)から12月13日(水)
企画展
もののあはれ-物語と花鳥風月-

■会場
蓬左文庫 展示室1・2
人の出会い・別れなどから生じる様々な感動を「もののあはれ」と表現しました。日本人に受け継がれてきた美意識を、詩歌や物語、絵画・工芸品などから見つめ直します。
展示の詳細案内

 日本人は、人生の機微や四季の移ろいなどに触れた時、優美で繊細なしみじみとした情趣を感じ、それを「もののあはれ」と呼んできました。
「もののあはれ」は、日本人の美意識や価値観の底流となり、平安時代以降、和歌や物語・随筆など多くの文学作品に織り込まれ、それらをモチーフとする絵画や工芸品を生み出しました。
和歌集や物語などの文学作品をはじめ、絵画や蒔絵調度、染織品などに取り入れられた意匠を通して、「もののあはれ」の世界をたどります。


●グーグル提供広告