« 【Delve into Japanese Culture @I-House】日本料理の魅力―伝承と追求― 講師:柳原尚之氏(江戸懐石近茶流嗣家)(2018年2月14日(水)7:00~8:30 pm、国際文化会館 ルーム2 ※要申込) | メイン | 小川剛生著『兼好法師 徒然草に記されなかった真実』(中公新書) »

2017年11月24日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●徳島城博物館開館25周年記念・東京富士美術館名刀展「鐡華繚乱-ものゝふの美」(平成30年1月13日(土)〜2月12日(月))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●詳しくはこちら
http://www.city.tokushima.tokushima.jp/johaku/tokubetsutenji/johakuh29tokubetu06.html

--------------------

徳島城博物館開館25周年記念・東京富士美術館名刀展「鐡華繚乱-ものゝふの美」
 春の企画展に続き、徳島城博物館開館25周年記念企画第2弾は、武士の魂といわれる「刀」を中心に武器武具をテーマに展開します。東京富士美術館の名品が一同に集結。重要文化財3点(太刀「銘 有綱」(古伯耆)、太刀「銘 一」(福岡一文字)、太刀「銘 備前國長船住近景」)をはじめ、刀「無銘 来国真」や刀「折返銘 正恒(古備前)」、長曽祢乕徹などが、ずらり徳島に初上陸いたします。名品を通じて平安時代から江戸時代に至る刀剣の歴史を通覧できる、またとない機会です。また、島津家伝来とされる「小札紫糸威白糸腰裾取胴丸具足」や水戸藩10代藩主徳川慶篤の鍛えによる脇差、早乙女家成の手による「鉄錆地六十二間筋兜 三日月前立」など、歴史ファンも必見です。

会期
平成30年1月13日(土曜)から2月12日(月曜)
会場
徳島城博物館 展示室
基本情報
入館料 一般1000(800)円、高校・大学生800(600)円、小・中学生無料
()内は前売り料金、20名以上の団体は2割引き(100円未満切り捨て)、心身障害者等は無料(要手帳提示)
ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。徳島城博物館開館25周年記念・東京富士美術館名刀展「鐡華繚乱-ものゝふの美」チラシ(PDF形式:7,013KB)


●グーグル提供広告