第4回スポーツ言語学会研究会(2018年1月27日(土)10時20分受付開始~17時55分、同志社大学今出川キャンパス)

研究会情報です。
●詳しくはこちら
https://www.jpling.gr.jp/gakkai/gakkaibbs.php

——————–
第4回スポーツ言語学会研究会
日時 2018年 01月 27日 (土)  10時20分受付開始~17時55分
場所 同志社大学今出川キャンパス 教室 1月上旬決定 
(1月10日以降の学会HP https://sportgengo.wixsite.com/home をご覧ください)
内容 受付10時20分から
1.ワークショップ:10時45分〜12時15分 90分
「身体感覚を利用した外国語学習―LPPから見たTPRの有効性―」
川口義一(スポーツ言語学会副会長、早稲田大学名誉教授)
2.ランチョンミニワークショップ:12 時 25 分〜13 時 15 分
「アスリートへの応援の言葉を考えよう2」
進行役:清水泰生(スポーツ言語学会代表理事兼事務局長、京都陸協、同志社大学)
*ランチョンミニワークショップの参加の方は弁当持参にてお願いします。参加されない方はお昼休みです。
3.研究発表:13 時30 分〜15 時 05 分(発表2題 45 分 5分入れ替えの時間)
①13 時30 分〜14 時15分
身体動作の英語教育
山口和之(日本体育大学)
②14時20分~15時05分
注目されるオリンピック選手のディスコース
-リオに出場した日本・韓国・中国選手の比較-
山根智恵(山陽学園大学)
朴 珍希(岡山市立岡山後楽館高等学校)
木村泰枝(岡山大学)
4.ミニレクチャー 15時15分~15時55分
「体育・スポーツ教育とカルタ創り」
山口政信(スポーツ言語学会会長、明治大学名誉教授)
5.16時00分~16時15分 
「スポーツ言語学会、スポーツ言語学の歩み」
語り手:清水泰生(スポーツ言語学会代表理事兼事務局長、京都陸協、同志社大学)
6.講演:16 時 25 分〜17 時 55 分
「動きを表すオノマトペ」
平弥悠紀(同志社大学)
備考 参加費 会員無料、非会員500円(当日受付)
連絡先 スポーツ言語学会事務局 ssl_office@yahoo.com