« 第59回弘前大学国語国文学会大会(平成29年(2017年)11月26日(日)13:00~、弘前大学 人文社会科学部4階 多目的ルーム) | メイン | 絵入本ワークショップⅩ「画題―描かれたもの―」(2017年12月9日(土)・10日(日)、実践女子大学 渋谷キャンパス804教室 ※要申込) »

2017年11月22日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●2017年度旧弘前藩藩校稽古館資料調査報告会【基調講演・小川剛生氏】(平成29年12月17日(日)13:00~16:30、弘前大学人文社会科学部4階 多目的ホール、来聴歓迎 事前申込不要・入場無料)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://human.cc.hirosaki-u.ac.jp/hankou/research.html

--------------------

来聴歓迎 事前申込不要・入場無料

【弘前藩の藩校「稽古館」が所蔵していた古典籍資料は、現在、東奥義塾高校や弘前市立弘前図書館に保存されています。これらは江戸時代の津軽地域における人々の「知の体系」を解き明かすための貴重な文化遺産です。弘前大学では2014年から調査研究を行ってきました。今年も教員や学生が、各専門分野の立場から最新の研究成果を報告いたします。また慶應義塾大学の小川剛生先生に、津軽家の歌書についてご講演いただきます。
津軽の歴史・文化に関心をお持ちの方はどなたでも自由にご参加下さい。一人でも多くの皆様のご来場をお待ちしております。】

日時 平成29年12月17日(日)13:00~16:30
場所 弘前大学人文社会科学部4階 多目的ホール

【タイムスケジュール】
13:00 開 会 

開会の辞 弘前大学人文社会科学部 学部長 今井正浩

ご挨拶 東奥義塾高等学校 塾長 コルドウェル ジョン

13:15第一部 基調講演(60分)

将軍・大名による私家集の蒐集について

慶應義塾大学 文学部 教授 小川剛生 先生

14:15〜14:25 休憩(10分)

14:25 第二部 研究報告①(50分)

武井紀子/川瀬卓/平井吾門/尾崎名津子/相馬志織/瀧本壽史

15:15〜15:25 休憩(10分)

15:25第三部 研究報告②(45分)

植木久行/亀谷学/南修平/荷見守義/渡辺麻里子

16:10 コメント

東奥義塾高等学校 教頭 木村隆博

弘前市教育委員会 生涯学習課図書館・郷土文学館運営推進室長 庄司輝昭

16:30 閉 会

閉会の辞 弘前大学人文社会科学部 副学部長 荷見守義

-----

第一部 基調講演 講師紹介

小川 剛生 (おがわたけお) 先生

慶應義塾大学 文学部 教授

1971年東京生まれ。博士(文学)。ご専門は中世和歌で、御著書は、『南北朝の宮廷誌―二条良基の仮名日記―』(臨川書店、2003年)、『二条良基研究』(笠間書院、2005年)、『武士はなぜ歌を詠むか―鎌倉将軍から戦国大名まで―』(角川叢書、2008年)、『中世の書物と学問』(山川出版、日本史リブレット、2009年)、『足利義満―公武に君臨した室町将軍―』(中公新書、2012年)、『新版 徒然草 現代語訳付き』(角川ソフィア文庫、2015年)、『中世和歌史の研究―撰歌と歌人社会―』(塙書房、2017年)など、多数ございます。1999年に第25回日本古典文学会賞を受賞、2006年に第28回角川源義賞を史上最年少で受賞されるなど、文学界を代表する研究者です。基調講演では、将軍や大名の和歌の収集について、津軽家の和歌書に触れながらご解説いただきます。

第二部 研究報告 題目・発表者

■東奥義塾高校図書館蔵『改選諸家系譜』について
弘前大学人文社会科学部 准教授 武井紀子

■東奥義塾高校図書館蔵日本語学関係資料について
弘前大学人文社会科学部 講師 川瀬卓

■東奥義塾高校図書館所蔵日本語関係資料について
弘前大学教育学部 講師 平井吾門

■東奥義塾高校図書館蔵本における慶應義塾の出版物
弘前大学人文社会科学部 講師 尾崎名津子

■東奥義塾高校図書館所蔵『先代旧事本紀』について
弘前大学大学院人文社会科学研究科 修士1年 相馬志織

■稽古館学官黒瀧家伝来の稽古館本
弘前大学教職大学院 教授 瀧本 壽史

第三部 研究報告 題目・発表者

■稽古館本『孟子』『詩経』と稽古館旧蔵『儀禮通伝経解』
弘前大学 名誉教授 植木久行

■東奥義塾高校図書館所蔵世界地理関係資料について
弘前大学人文社会科学部 講師 亀谷学

■マハンから見える近代日本の軍事論
弘前大学人文社会科学部 准教授 南修平

■旧藩校資料 明朝関係漢籍について
弘前大学人文社会科学部 教授 荷見守義

■弘前市立弘前図書館蔵「奥文庫」関係本について
弘前大学人文社会科学部 教授 渡辺麻里子

■コメント
東奥義塾高等学校 教頭 木村隆博
弘前市教育委員会 生涯学習課図書館・郷土文学館運営推進室長 庄司輝昭

-------

主催 弘前大学人文社会科学部
弘前大学人文社会科学部地域未来創生センター
共催 東奥義塾高等学校 (株)北原研究所
後援 弘前市 東奥日報社 陸奥新報社


●グーグル提供広告