« 国文学研究資料館研究教育職員(教授)の公募(近世・近代文学)(2017年12月22日(金)17時必着) | メイン | 2017(平成29)年 佛教大学国語国文学会(第22回)大会【井上泰至氏講演「『雨月物語』、その小説としての戦略」あり】(2017年11月25日(土) 10時〜17時50分(予定)、佛教大学紫野キャンパス 1号館4階420教室) »

2017年11月 8日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●歴史物語研究会・2017年12月 東京例会(2017年12月2日(土)14時~、明治大学駿河台キャンパス研究棟3F第10会議室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://rekisimonogatarikenkyukai.blogspot.jp/2017/11/201712.html

--------------------

■ 日時:12月2日(土)14時~
■ 場所:明治大学駿河台キャンパス研究棟3F第10会議室
■ 発表者および題目:
【研究発表】中村成里氏(明治大学)「『栄花物語』彰子出産記事再考――『紫式部日記』諸本論への階梯――」
 
【著者セッション】池田節子氏(駒沢女子大学)『紫式部日記を読み解く 源氏物語の作者が見た宮廷社会』(臨川書店、2017年)
 
■ 著者によるコメントの後、質疑応答が行われます。各自テキストをご用意ください。


●グーグル提供広告