名古屋大学人類文化遺産テクスト学研究センター主催「花祭×いざなぎ流―神楽のなかの祭儀・呪術・神話―」(2017年11月23日(木・祝)・24日(金))

研究会情報です。
●情報入手はこちら
http://jpars.org/archives/3400

——————–
2017年11月23日(木・祝)・24日(金)
会場アクセス 地下鉄名城線「名古屋大学」駅下車 ①番出口
【第一部】
11月23日(木・祝)13:00~17:00(受付開始12:30)
場所:名古屋大学文系総合館7階 カンファレンスホール
公開講演会 <花祭といざなぎ流への誘い>
司会:浮葉正親(名古屋大学国際言語センター教授)
開会挨拶:阿部泰郎(名古屋大学人類文化遺産テクスト学研究センター教授)
「大神楽と花祭―生まれ清まり・浄土入りから神遊びへ―」
山﨑一司(民俗芸能学会評議員)
「いざなぎ流の祭儀―呪詛・神楽・鎮め―」
小松和彦(国際日本文化研究センター所長)
「呪術と神楽―いざなぎ流と青ヶ島の神楽―」
山本ひろ子(和光大学名誉教授)
「祈る神と鎮める神―東アジアの宗教と民俗神―」
松尾恒一(国立歴史民俗博物館教授)
懇親会(17:30~19:30)
文系総合館7階 サービスルーム(会費制・当日申込)
【第二部】
11月24日(金)10:00~12:00 13:00~17:00
場所:名古屋大学文学部棟大会議室
シンポジウム <中世神道と神楽>
「『中世神道と神楽』にむけた問題提起」
斎藤英喜(佛教大学歴史学部教授)
「奥三河における祭文の展開」
松山由布子(名古屋大学人文学研究科研究員)
「天の祭り論―奥三河花祭の<秘儀>をめぐって―」
星 優也(佛教大学大学院文学研究科博士後期課程)
映像上映+解説<「花祭の鎮め」と「いざなぎ流の鎮め」>
佐々木重洋(名古屋大学人文学研究科教授)/梅野光興(いざなぎ流と物部川流域の文化を考える会)
「修験的想像力と神楽の世界―中世神道研究との接点を求めて―」
小川豊生(摂南大学外国語学部教授)
コメンテーター:阿部泰郎/小松和彦
全体討論 司会:斎藤英喜
共催:花祭の未来を考える実行委員会/国際日本文化研究センター/いざなぎ流と物部川流域の文化を考える会/中部人類学談話会
お問い合わせ
いざなぎ流と物部川流域の文化を考える会
E-mail izanagi.monobe2012(at)gmail.com
名古屋大学人類文化遺産テクスト学研究センター
TEL・FAX 052-789-5993/E-mail cht(at)lit.nagoya-u.ac.jp