立命館大学日本文学会・第152回研究例会(2017年12月10日(日)13:00~、清心館 3階 533教室)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://ritsnichibunkai.blog.fc2.com/blog-entry-193.html

——————–
日 時:12月10日(日)13:00~
会 場:清心館 3階 533教室
参加費:無 料
◆金閣炎上事件の事実との比較による『五番町夕霧楼』における夕子の存在意義 ~「京都」外出身者による視点~
  立命館大学文学部日本文学研究学域  平井 優香
◆いかにして「猪」は現れたのか
    ――又吉栄喜「ジョージが射殺した猪」論
  立命館大学大学院博士課程後期課程  栗山 雄佑
◆中島敦の漢詩について
  立命館大学大学院博士課程後期課程  種 茗
◆山本文緒作品における「働く」というモチーフ
    ――『なぎさ』を中心に――
  近畿大学非常勤講師  池田 啓悟