« 日本近代文学館 冬季企画展「小説は書き直される―創作のバックヤード」(2017年12月2日(土)〜2018年2月10日(土)) | メイン | 平成29年度の新村出賞に早津恵美子氏『現代日本語の使役文』(ひつじ書房 2016年10月刊)、新村出研究奨励賞に市村太郎氏 (常葉大学教育学部講師)。 »

2017年11月20日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●古代文学会12月例会(第695回)(2017年12月2日(土)午後2時〜、共立女子大学本館823教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。


--------------------

古代文学会12月例会(第695回)ご案内

日時 2017年12月2日(土) 午後2時より5時まで
場所 共立女子大学本館 823教室
発表 山崎 健太氏

題目 祭式の構造投影----古事記の歌の示すもの--
要旨 
大嘗祭という祭式が古事記の全体の構成に投影されていることを指摘したのは西郷信綱『古事記の世界』(一九六七)『古事記研究』(一九七三)であった。もちろんその指摘は大枠での指摘に留まり、具体的なテキストの現れようそのものとの詳細な突合せが行われたわけではない。ただ、テキスト論に閉じていった学会の議論のありようは、これら西郷論の指摘を引き受けるに十分であったとも思われない。テキスト論に閉じた中において得られた知見は、それら現象そのものの指摘としては十分であろうが、それらがテキスト内にあることの構造的説明は果しえないであろう。
 これら研究史を統括するところに立とうとは考えない。だが、テキストの分析、構造説明を試みた結果として、これら議論が得た知見を吸収しうるものがあればよい。
 具体的には応神記における髪長媛を給う一連の歌、それに続く吉野国主の献歌の分析と、それらのテキストのありようを支えるものとして、大嘗祭のありようを考えるものとする。

司会 津田 博幸 氏

【事務局より】
◎例会終了後に委員会を行います。委員の方々はお集まりください。
◎2018年度例会発表者の募集
2018年度4月からの例会発表者を募集します。ご希望の方は、題目及び400字程度の要旨を、例会委員または事務局までご送付ください。なお、採否は委員会にご一任ください。


●グーグル提供広告