« 伊東玉美編『宇治拾遺物語 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典』・大谷弘至編『小林一茶 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典』(角川ソフィア文庫) | メイン | 『あいち国文』第11号 »

2017年10月27日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●松尾昇治・大井三代子編『石井紀子聞書 道を拓く―図書館員、編集者から教育の世界へ』(日外アソシエーツ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

松尾昇治氏・大井三代子氏よりいただきました。

8169-2688-4.jpg

●公式サイトはこちら
http://www.nichigai.co.jp/cgi-bin/nga_search.cgi?KIND=BOOK2&ID=A2688

石井紀子聞書 道を拓く―図書館員、編集者から教育の世界へ
元実践女子短期大学図書館学課程教授の石井紀子にインタビューを行い、記録をまとめた聞書集。単なるライフヒストリーというだけではなく、戦後の公共図書館の中心的存在であった日比谷図書館草創期の証言記録、実践女子短期大学図書館学課程の初代教授としてその開設からの土台確立・研究整備記録など、貴重な証言集ともなっている。

松尾昇治・大井三代子〔編〕 四六判・330p 2017.10刊
定価 (本体2,300円+税)
ISBN:978-4-8169-2688-4


●グーグル提供広告