« 2017年度 芸術至上主義文芸学会 秋季大会 講演会「川端康成の掌の小説」講師:森晴雄氏(2017年11月19日(日)、品川区立荏原第五地域センター内2階) | メイン | 松尾昇治・大井三代子編『石井紀子聞書 道を拓く―図書館員、編集者から教育の世界へ』(日外アソシエーツ) »

2017年10月27日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●伊東玉美編『宇治拾遺物語 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典』・大谷弘至編『小林一茶 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典』(角川ソフィア文庫)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

角川書店さまよりいただきました。

400245-9.jpg

●公式サイトはこちら
http://www.kadokawa.co.jp/product/321611000011/

宇治拾遺物語 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典
不思議な話、こわい話、教訓となる話...ユーモラスでおかしな古典を味わう!

編者 伊東 玉美
定価 734円(本体680円+税)発売日:2017年09月23日レーベル:角川ソフィア文庫

不思議な話、こわい話、教訓となる話...ユーモラスでおかしな古典を味わう!

「こぶとりじいさん」や「鼻の長い僧の話」など、とんでもなくて面白い鎌倉時代の説話(短編物語)集。総ルビの原文と現代語訳、わかりやすい解説とともに、やさしく楽しめる決定的入門書!


400290-9.jpg

●公式サイトはこちら
http://www.kadokawa.co.jp/product/321703000371/

小林一茶 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典
一茶の人生を辿り、代表的な句と訳、鑑賞をやさしく記す入門書!

編者 大谷 弘至
定価 821円(本体760円+税)発売日:2017年09月23日レーベル:角川ソフィア文庫

一茶の人生を辿り、代表的な句と訳、鑑賞をやさしく記す入門書!

身近なことを句に詠み、人生の辛さや切なさを作品へと昇華させていった一茶。古びることのない作品を、人生に沿ってたどりつつ、やさしく鑑賞する入門書。


●グーグル提供広告