« 朝日新聞にサンヤツ広告を掲載します(2017年10月15日)、『江戸時代の社会・風俗がわかる 浮世草子大事典』を紹介 | メイン | 京都大学附属図書館研究開発室主催シンポジウム:「アジアにおけるデジタル文化財の活用基盤構築へ向けて」(2017年10月27日(金)13:00~17:30(受付開始 12:30)、京都大学附属図書館3階ライブラリホール、要申し込み) »

2017年10月12日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●NINJALチュートリアル・講習会第26回「コーパスに基づく話し言葉の研究」(平成29年11月30日 (金) 10:00~17:30、広島大学 東広島キャンパス)[平成29年11月6日 (月) 申し込み締切]

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/tutorial/ninjal-t026/

--------------------

※要参加申し込み。詳細は上記公式サイトで。

【『日本語話し言葉コーパス』を用いて話し言葉の特徴を分析する方法を学びます。

はじめにコーパスの設計やアノテーション (品詞情報やイントネーション情報など) について説明したうえで,語彙,フィラー,発音,イントネーションをテーマに,コーパスからどのようなことが発見できるかを具体的に考えます。語彙とフィラーの分析は,コーパス検索アプリケーション「中納言」を用い実習形式で行います。発音とイントネーションについては,分析例を示しながら講義形式で進めますが,今後コーパスを高度に活用したい人のために,分析方法を学習する教材などについても紹介します。】

日程

平成29年11月30日 (金) 10:00~17:30
10:00~11:00
話し言葉コーパスの紹介 60分
11:00~12:15
話し言葉の「語彙」を調べる 75分
13:30~14:30
話し言葉の「フィラー」を調べる 60分
14:30~15:30
話し言葉の「発音」を調べる 60分
15:45~16:45
話し言葉の「イントネーション」を調べる 60分
16:45~17:00
話し言葉コーパスを高度に活用するために 45分

講師

小磯 花絵 国立国語研究所 准教授 (音声言語研究領域)
独立行政法人国立国語研究所研究員を経て2009年より現職。専門は認知科学,言語学,日本語学。
主な著書は『話し言葉コーパス ―設計と構築―』 (編著,朝倉書店,2015),『コーパスとテキストマイニング』 (分担執筆,共立出版,2012),『「日本語話し言葉コーパス」の構築における計算機利用』 (共著,明治書院,2005) など。

会場

広島大学 東広島キャンパス (教育学部A103) 東広島市鏡山一丁目3番2号

定員

20名 (予定)

受講料

無料


●グーグル提供広告