京都大学文学研究科・文学部 公開シンポジウム「文化越境のダイナミクス -Rethinking Transcultural Dynamics-」(2017年12月09日 土曜日、文学部第3講義室 )

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/social/events_news/department/bungaku/events/2017/171209_1550.html

——————–
【本学文学研究科ではドイツ・ハイデルベルク大学と共同で、修士課程に「国際連携文化越境専攻」を設置しました。
 『「文化」とは地域・民族・言語で分断されるのではなく、人々が互いに接触し関係性を結ぶことで変形し交錯している』という考え方に立った「文化越境」研究の可能性について考えます。】
開催日
2017年12月09日 土曜日
時間 13時30分~17時30分頃
開催地 文学部第3講義室
本部・西部構内マップ [8] http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/
対象 どなたでも参加いただけます。
定員 約180名(先着順)
プログラム
開会の挨拶
平田昌司(文学研究科長)
報告
ビョーン=オーレ・カム(文化越境) 「文化越境研究の出発点と地平」
出口康夫(哲学) 「文化越境としての分析アジア哲学」
落合恵美子(社会学) 「文化越境の帰結としての日本家族」
ミツヨ=ワダ・マルシアーノ(映像文化史) 「収束空間としての映画祭: その動態性と潜在性」
コメンテーター
南川高志(西洋史学)
田邊玲子(ドイツ文学)
司会
安里和晃(文化越境)
参加費 無料
申し込み 不要
問い合わせ 文学研究科国際交流推進室
Tel: 075-753-2734