シンポジウム 「変体仮名のこれまでとこれから」(平成29年11月25日 (土) 13:30~18:00、国立国語研究所 講堂 (東京都立川市緑町10-2))

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/project-meeting/m-2017/20171125-sympo/

——————–
開催期日
平成29年11月25日 (土) 13:30~18:00
開催場所
国立国語研究所 講堂 (東京都立川市緑町10-2)
参加費・事前申込み
不要
プログラム
10:30~12:00
セッション1 「変体仮名のこれまで」
司会 : 小助川 貞次 (富山大学)
平仮名の成り立ちと変体仮名
矢田 勉 (東京大学)
いろは仮名といまの平仮名 ―近代における仮名の体系化―
岡田 一祐 (国文学研究資料館)
『秋萩帖』と近代活字
銭谷 真人 (国立国語研究所)
13:00~14:30
セッション2 「変体仮名の文字コード標準化」
司会 : 田代 秀一 (情報処理推進機構)
ISO/IEC 10646の変体仮名セット
高田 智和 (国立国語研究所)
IPA変体仮名のデザインが確立するまで
増田 浩之 (株式会社モリサワ)
変体仮名はどのようにして国際標準になったか ―戦略と戦術―
小林 龍生 (情報処理推進機構)
14:45~16:15
セッション3 「変体仮名・くずし字学習」
司会 : 矢田 勉 (東京大学)
くずし字学習支援アプリの可能性
飯倉 洋一 (大阪大学)
変体仮名文字情報基盤を利用した学習システム開発
橋本 雄太 (国立歴史民俗博物館)
大学における古典解読基礎知識としての変体仮名教育
斎藤 達哉 (専修大学)
16:30~18:00
セッション4 「字形データベースとOCR」
司会 : 小木曽 智信 (国立国語研究所)
歴史的典籍NW事業と字形データセット ―なぜ国文研が字形データなのか―
山本 和明 (国文学研究資料館)
くずし字OCR技術の現在と課題
大澤 留次郎 (凸版印刷株式会社)
表記情報研究のこれからとOCR
當山 日出夫 (花園大学)