« 国際研究フォーラム 「日本の宗教はどう教えられているか」(2017年11月26日(日) 11時00分~17時00分、國學院大學 渋谷キャンパス 学術メディアセンター5階 会議室06、要申し込み) | メイン | 2017(平成29)年度 昭和文学会 秋季大会【特集 モダニズム詩人の戦後と昭森社】(2017年11月18日(土)午後1時より、関西学院大学 西宮上ケ原キャンパス 文学部本館1号教室) »

2017年10月18日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●千代田図書館・柏木由夫氏講演会「和泉式部の和歌 ―〝歌ことば″が放つ命のきらめき―」(2017年11月29日(水曜日)午後6時30分~8時(午後6時開場)、千代田図書館9階=特設イベントスペース、事前申し込み制)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.library.chiyoda.tokyo.jp/information/20171018-22103/

--------------------

※申し込み方法は上記サイトでご確認ください。

大妻女子大学国文学会連携講演会

和泉式部の和歌 ―〝歌ことば″が放つ命のきらめき―

日時:2017年11月29日(水曜日)午後6時30分~8時(午後6時開場)
場所:千代田図書館9階=特設イベントスペース
定員:50名/事前申込制、先着順
参加費:無料

講師:柏木由夫さん(大妻女子大学文学部教授)

主催:大妻女子大学国文学会/千代田図書館

【和泉式部は、日本の古典和歌世界で最高の女性歌人。彼女ほど自分の生を見つめ、考え続けて表現した歌人はいないでしょう。

多くの恋愛遍歴と親や子女達への家族愛や隣人愛が人生の深奥を求めさせたのか。同時代の紫式部は、和泉式部の即興性に脱帽しつつも、理知性の欠如をけなしました。

しかし、天性の歌人が深めた心は、言葉に産み出されて和歌と成りました。そこには時代を越えて我々現代人にまで響く、人の心の真実が見出せることでしょう。】

講師紹介
柏木 由夫(カシワギ ヨシオ)。大妻女子大学文学部教授。大妻女子大学大学院人間文化研究科長。
経歴:1949年東京生まれ。1976年東京教育大学大学院日本文学専攻修士課程修了。専攻は平安和歌。元和歌文学会委員。
主要著書:『新日本古典文学大系 金葉和歌集 詞花和歌集』(岩波書店,1989)、『平安時代後期和歌論』(風間書房,2000)、『和歌文学大系 金葉和歌集 詞花和歌集』(明治書院,2006)


●グーグル提供広告