第88回 禅学研究会学術大会(平成29年11月25日(土)、花園大学栽松館(本部棟))

研究会情報です。
●詳しくはこちら
http://www.hanazono.ac.jp/info/20171019-8452.html

——————–
第88回 禅学研究会学術大会のご案内
 禅学研究会は花園大学の前身である臨済宗大学より継続運営されている研究学会です。約300名の宗門内外の会員で構成され、学会誌『禅学研究』が毎年発行されています。さらに例年11月には禅学研究大会を開催し、広く仏教学及び禅学の研究に従事する研究者がその成果を発表して相互に研鑽に努めています。
日 時:平成29年11月25日(土) 午後2時~5時
場 所:花園大学 栽松館(本部棟) 三階大会議室
発表題目および発表者
①臨済義玄の「人」思想再考
 呉 進幹(戒法)(花園大学大学院)
②近世相国寺における門派形成について 
 藤田 和敏(相国寺寺史編纂室研究員)
③唐代禅の思想展開  
 小川 太龍(花園大学国際禅学研究所)
(休  憩)
④北宋の晋山式と住持の職能 ‐東アジア住持制度研究‐ 
 千田 たくま(花園大学非常勤教師)
⑤ドイツ藏吐魯番漢文文書から発見された禪籍について 
 程 正(駒澤大学教授)