« 創造表現学会主催 講演会「絵本から生まれるコミュニケーション」(2017年10月19日(木)、愛知淑徳大学長久手キャンパス 722教室) | メイン | サントリー文化財団、‏2017年度「若手研究者のためのチャレンジ研究助成」の募集を開始。【2018年4月1日時点で博士前期(修士)課程修了以上35歳以下の若手研究者による人文科学、社会科学分野の個人研究】(2017年11月10日(金)締切<消印有効>) »

2017年10月11日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●第61回 駒澤大学国文学大会(平成29年12月2日(土)【一般来聴歓迎、申込不要、参加費無料】)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●詳しくはこちら
http://www.komazawa-u.ac.jp/gakubu/bun/japanese/

--------------------

第61回 駒澤大学国文学大会

日時:平成29年12月2日(土)
場所:駒澤大学駒沢キャンパス 1号館301教場(予定)
※キャンパスマップはこちら
https://www.komazawa-u.ac.jp/facilities/campus/komazawa.html
※一般来聴歓迎(申込不要・参加費無料)

■研究発表(10:30~12:00) 
「梅暮里谷峨の表現――『斯波遠説七長臣』に即して」
 本学大学院博士課程 小笠原広安
「「日が沈む」という言い方の成立と定着について」
 本学非常勤講師 杉山俊一郎
■講演(13:00~14:10)
「日本語アクセント史研究と比較方法」
 本学文学部講師 平子達也
■パネルディスカッション「桜の記憶――日本文学史の磁場として」(14:30~16:30) 
「和歌文学における「桜」」
 本学文学部教授 中嶋真也
「『平家物語』にうたわれる「桜」」
 本学文学部教授 櫻井陽子
「儒者の「桜」の名付け方」
 本学文学部講師 高山大毅
コーディネーター 本学文学部教授 岡田豊


●グーグル提供広告