« 茂木本家美術館 企画展「歌川国芳-くによし ギガ良し 笑い良し-」展(平成29年10月25日(水)~12月10日(日)) | メイン | 日本出版学会2017年度第5回(通算第103回)関西部会 テーマ:「高麗版大蔵経の受容と現状」報告者:馬場久幸氏(2017年11月20日(月)、立命館大阪梅田キャンパス) »

2017年10月24日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●日本出版学会 出版編集研究部会/出版教育研究部会共催「編集者として58年間考えてきたこと ―― なぜ、いま『日本ナショナリズムの歴史』なのか」報告:梅田正己氏(2017年11月16日(木)、日本大学法学部三崎町キャンパス ※要申込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●詳しくはこちら
http://www.shuppan.jp/yotei/929-20171116.html

--------------------

■日本出版学会 出版編集研究部会/出版教育研究部会共催のご案内(2017年11月16日開催)

編集者として58年間考えてきたこと
―― なぜ、いま『日本ナショナリズムの歴史』なのか


日 時: 2017年11月16日(木)午後6時30分~8時45分
報 告: 梅田正己氏(前・高文研代表、ジャーナリスト、歴史研究家)
場 所: 日本大学法学部三崎町キャンパス 10号館7階1072講堂
        東京都千代田区三崎町2-3-1
        http://www.law.nihon-u.ac.jp/facility/map.html

交 通: 水道橋駅 JR総武・中央線 東口 徒歩5分、 都営三田線 A2出口 徒歩6分
     神保町駅 東京メトロ半蔵門線、都営三田線・新宿線 A4出口 徒歩8分
          東京メトロ半蔵門線、都営三田線・新宿線 A2出口 徒歩6分
会 費: 日本出版学会・会員無料・会員外一般参加費500円(ただし、学生は無料)
定 員: 40名(満席になり次第締め切ります。やむなくお断りすることもあります)

問合先:
出版編集研究部会・部会長/飛鳥勝幸 ( asuka@sanseido-publ.co.jp)
出版教育研究部会・部会長/清水一彦 ( shimizukazuhiko@s09.itscom.net)

 *準備の都合上、飛鳥勝幸まで「メール」でお申込いただければ幸いです。

共催: 出版編集研究部会/出版教育研究部会


【開催概要】
 この秋『日本ナショナリズムの歴史』(全4巻)を高文研から刊行される梅田正己さんは、三省堂13年・高文研代表40年もの間、編集者として活躍され、また、自ら執筆者としても多くの著作を発表され、『この国のゆくえ』(岩波ジュニア新書)などの出版物を通じて、警鐘を鳴らし続けて来られました。そこには「出版とは何か」「編集とは何か」を問いかける出版人として、若い編集者に対するメッセージが、つねに込められていました。
 梅田さんは、2012年に高文研代表を辞され、今年81歳になられましたが、「編集者としての58年の想い」とさまざまな作品のエピソードや、とりわけ、高文研退社後の5年間をかけて、執筆された圧巻の『日本ナショナリズムの歴史』の背景を語っていただきます。


●グーグル提供広告