京都市学校歴史博物館「学校と博物学」(平成29年9月30日(土)~ 12月12日(火))

展示情報です。
●詳しくはこちら
http://kyo-gakurehaku.jp/exhibition/H29/290930/index.html

——————–
  日本において,植物・動物・鉱物などを研究する学問は,奈良時代に「本草学」として中国から輸入され,江戸時代をピークとして発展してきました。これらは明治時代になると,西洋の科学に基づいた「博物学」として新たに体系化され,小学校の教育に採用されるようになります。身の回りの事物を合理的に観察し,科学的に説明する博物学の考え方は,文明開化の風潮の中で始まっていく近代教育を支えるものでした。 本展では,学校における博物学や理科の教育に用いられた教材を展示。教科書や標本,歴史資料,画家が手がけた博物図版などを通じて,学校における博物学教育の変遷を振り返ります。  
会期 平成29年9月30日(土)~ 12月12日(火)
休館日 毎週水曜日(祝日の場合は翌平日)・12月28日~1月4日
会場 第1会場:1階 第2展示室 , 第2会場:3階 第3展示室
開館時間 午前9時~午後5時(入館は閉館時間の30分前まで)
入場料 大人200円 小・中・高生100円
  (20人以上の団体は,大人160円 小・中・高生80円)
  ※上記の入館料で常設展示と企画展示をご覧いただけます。
☆★市内の小・中学生は土・日曜日入館無料★☆
◆◇◆その他の各種割引はこちら◆◇◆