« ノートルダム清心女子大学 日文エッセイ【第168回】小鴨神社三十六歌仙額と書道卒業制作履修学生とのコラボ(原 豊二) | メイン | 『萬葉』第224号に、池原陽斉『萬葉集訓読の資料と方法』(笠間書院)の書評が掲載(評者・奥村和美氏)。 »

2017年10月 3日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●平成29年度 日本大学文理学部資料館展示会「王朝の物語展」(平成29年10月23日(月)~11月26日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展覧会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.chs.nihon-u.ac.jp/museum/exhibition.php?l=2

--------------------

【会 期】
平成29年10月23日(月)~11月26日(日)
【開館時間】
平日10時~17時(土曜は13時まで) 
【休館日】
日曜日,11月1日(水) 
※ただし,11月4日(土),5日(日),11日(土),25日(土),26日(日)は平日の時間で特別開館

【【展示会の概要】
  王朝の物語作品,源氏物語以前の,いわゆる平安時代前期の物語作品の中から,日本大学が所蔵する貴重な資料を展示紹介します。
  竹取物語・伊勢物語・うつほ物語などの代表的な物語作品に焦点を当て,本学所蔵の和古書資料のうち,鎌倉・室町時代の写本,古活字版をはじめとする江戸時代の版本,棚飾りと言われる豪華な「落窪物語絵巻」などの絵巻や絵入本に加え,貴重な個人所蔵の資料も展示します。
  本展示は,本学も馴染み深い中古文学会の創設50周年記念事業への参画の意味も含めたものです。日本文学の誇る王朝の物語の伝統や,その様相についても考える機会となれば幸いです。】

【主催】日本大学文理学部・日本大学文理学部資料館
【協力】日本大学図書館・有吉保氏(日本大学名誉教授)
     日本大学国文学会・日本大学文理学部図書館
【協賛】中古文学会


●グーグル提供広告