« 國語學懇話會例會、第622回、第623回、第624回(平成29年10月28日(土)、11月25日(土)、12月16日(土)、名古屋市短歌会館) | メイン | 「解釋學」第八十一輯(國語學懇話會) »

2017年10月27日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●東海解釋學會大會 第三十六回(平成29年11月3日(金・祝)、名古屋市短歌会館)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。
--------------------

日時 平成廿九年十一月三日 祝日 午後二時
會場 名古屋市中区錦二丁目十三番二十二号 名古屋市短歌会館
   地下鉄伏見駅東三百米 丸の内駅南五百米 栄駅西七百米
研究発表
枕草子「清涼殿のうしとらのすみの」の段の読み「二三人」  榊原邦彦
万葉集・旧訓「あさか山」の考察 山本浩子
国語教育教材としての宮沢賢治作品の解釈 斎藤由佳
--『山梨』『握手』を中心に--

来年十一月三日の大会にて研究発表御希望の方は来年八月末迄に葉書にてお知らせ乞ふ

〒四五八-〇八〇一 名古屋市緑区鳴海町字作町六六 榊原邦彦


●グーグル提供広告