« 圓福寺 第7回寺宝展『表紙の楽しみ』【両日とも午前の部11時と午後の部14時から佐々木孝浩教授による解説あり】(平成29年11月11日(土)12日(日)午前9時~午後4時 入場無料) | メイン | 久留米工業高等専門学校 一般科目(文科系)教員公募(国語関連分野:准教授、講師または助教)(2017年12月15日 必着) »

2017年10月27日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●神奈川近代文学館・スポット展示「三ッ谷洋子氏寄贈 久生十蘭資料~近年の収蔵資料から~」(2017年(平成29)12月9日(土)~2018年1月21日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.kanabun.or.jp/exhibition/6935/

--------------------

【2017年(平成29)が没後60年にあたる作家・久生十蘭(1902~1957)。 フランス遊学から帰国後、「魔都」「キヤラコさん」「顎十郎捕物帳」などで注目を集め、戦後は鎌倉に居を移し、1952年(昭和27)「鈴木主水」で直木賞受賞、1955年には「母子像」が世界短編小説コンクールで第一席を獲得しました。
 探偵小説、ユーモア・ナンセンス小説、捕物帳、SF、歴史小説、漂流記、さらに冒険小説や幻想小説など様々な小説技法を駆使して多くの作品を残し、今なお「ジュウラニアン」と呼ばれる人々から熱烈な支持を得ている鬼才・久生十蘭の創作の舞台裏の一端を、ご令姪・三ッ谷洋子氏から寄贈いただいたコレクションを中心に紹介します。
当館では2009年、2014年にご遺族の三ッ谷洋子氏から十蘭資料を受贈。今回のスポット展示では、綿密な調査の跡を示す創作メモやノート、口述筆記で有名な十蘭には珍しい自筆原稿、フランスから母・阿部鑑に宛てた絵はがきなどを展示、「小説の魔術師」とも呼ばれる十蘭の魅力の一端をご紹介します。】

【会期】
2017年(平成29)12月9日(土)~2018年1月21日(日)
休館日は月曜日(1月8日は開館)、12月28日(木)~1月4日(木)
【開館時間】
午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
【会場】
神奈川近代文学館第3展示室
【観覧料】
一般250円(150円)、20歳未満及び学生150円(100円)、65歳以上・高校生100円、中学生以下無料
*(  )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は無料(詳しくはお問い合わせください)
【主催】
県立神奈川近代文学館、公益財団法人神奈川文学振興会


関連行事

文芸映画を観る会

1月19日(金)、20日(土) 「おしゅん捕物帖 謎の尼御殿」


●グーグル提供広告