« 芭蕉翁記念館 第71回芭蕉祭特別展 芭蕉顕彰(平成29年10月7日(土)~12月27日(水)) | メイン | 京都市学校歴史博物館「学校と博物学」(平成29年9月30日(土)~ 12月12日(火)) »

2017年10月 4日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●全日本博物館学会 2017年度博物館教育研究会「地域を横断する博学連携プロジェクトを評価する」(平成29年11月26日(日)、新潟県立歴史博物館 ※要申込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●詳しくはこちら
http://www.museology.jp/event/2017/kenkyukai2017.html

--------------------

全日本博物館学会 2017年度博物館教育研究会
地域を横断する博学連携プロジェクトを評価する

日 時
平成29年11月26日(日)13:00~16:40

趣 旨  
およそ5000年前の縄文時代中期、新潟県の信濃川沿いには極めて特徴的な形態を有する「火焔土器・火焔型土器」が作られていました。その火焔土器・火焔型土器を中心に縄文時代をテーマとして総合学習する学校が集まって行われているのが"火焔街道博学連携プロジェクト"です。平成15年度から始まり、今年度で15周年を迎えました。これまでプロジェクトに関わった子どもたちは、3000人近く。さまざまな学びが生まれてきています。
 当プロジェクトの特徴は、学校と博物館とが1対1の関係で完結するのではなく、行政区域を越えて複数の学校が交流しながら学びを深める点にあります。その様子を確認するとともに、博学連携ではなく「学博連携」としてのあるべき姿を考えます。

プログラム  
2017年11月26日(日)
13:00~13:05 挨拶(日本大学文理学部・小笠原喜康)
 開催趣旨説明:(新潟県立歴史博物館・山本哲也)
13:05~13:35 火焔街道博学連携プロジェクトについて
  (南魚沼市立五日町小学校・金子和宏)
13:35~14:55 「総合」の意味について
  (新潟県立歴史博物館・山本哲也)
13:55~14:25 「博学連携と考古学教育(仮)」
  (滋賀大学教授・藤岡達也)
        休憩15分
14:40~15:40 他館の博学連携事業
  (2~3館の事例募集)
※他館のさまざまな博学連携
事業の紹介時間を設けます。
         休憩5分
15:40~16:40 総括(討論・問題提起等)
※オプション
 翌11月27日(月)に実施の火焔街道博学連携プロジェクト「縄文子どもフォーラム~縄文のメッセージ・私のメッセージ~」に参加(視察)が可能です(9:45~15:00)。(要申し込み)

場所
会 場:新潟県立歴史博物館 研修室
住 所:〒940-2035 長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2
TEL 0258-47-6130 FAX 0258-47-6136
交 通:◎長岡駅から
(路線バス)大手口7番乗り場乗車「歴史博物館行き」390円      
      ※11月26日は運行。
①10:05発-10:42着  翌27日は運行がありません。
②11:35発-12:12着  ただし、参加希望者を確認の上、
  (タクシー)20~30分ほど、3000円強かかります。
時間帯により渋滞もあり得ます。ご承知置きください。
◎長岡I.C.から(車の場合)
柏崎方面に進み、国道8号線バイパスに出たら5つめの信号(関原5丁目)を左折。丘を上りきったところが博物館です。バイパスから見て手前が職員駐車場で、奥が一般駐車場になります。(一般駐車場をご利用の上、一般正面入口から入館してください)

お申込み

問合わせ  
参加申込:氏名・所属・電話・FAX・メールアドレスをお知らせください。
携帯:090-7420-6731  higashi32_10@yahoo.co.jp
        博物館TEL 0258-47-6134  FAX 0258-47-6136
                山本哲也(新潟県立歴史博物館)
参 加 費:無料
定  員:50名(申し込み先着順、学会員以外でも参加可能)


●グーグル提供広告