2017年度第1回日本比較文学会北海道研究会(2017年11月25日(土)14:30開会、北海学園大学6号館C30教室)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://d.hatena.ne.jp/jcla_do/20171017/p1

——————–
※上記サイトに発表要旨あり。
日時 2017年11月25日(土)14:30開会
会場 北海学園大学6号館C30教室
〈開会の辞〉          
テレングト・アイトル(北海学園大学)
■研究発表 14:30-16:00
伊藤恵子「イスカリオテのユダ」における神性と英雄性
 ―イエスとユダの関係から―
 
西岡沙都美(北海道大学大学院修士課程)
司会 平野 葵(北海道大学大学院博士後期課程)
日本と中国におけるW・H・オーデンの影響
 ―中桐雅夫と穆旦(ムーダン)を中心として―
陳セン(北海道大学大学院博士後期課程)
司会 秋元裕子(北海学園大学非常勤講師)
<休憩>
■〈比較文学比較文化 名著読解講座 第15回〉16:15-17:15
「坂口周著『意志薄弱の文学史―日本現代文学の起源』(慶應義塾大学出版会、2016年10月)」
齊田春菜(北海道大学大学院博士後期課程)
司会 寺山千紗都(北海道大学大学院博士後期課程)
〈閉会の辞〉         
日本比較文学会北海道支部長 中村三春(北海道大学)