ノートルダム清心女子大学 日文エッセイ【第168回】小鴨神社三十六歌仙額と書道卒業制作履修学生とのコラボ(原 豊二)

日本語日本文学科ブログを更新。
【2017年3月19日、小鴨神社(鳥取県倉吉市)で、修復を終えた三十六歌仙額が一般に公開された。この三十六歌仙額は天文6年(1537)に制作された国内最古級のものであり、歌人の姿絵とともに、その詠歌が流麗な書体で書かれている。もちろん経年による劣化もあり、現状では読みづらい部分も多かった。】
●続きはこちら
http://www.ndsu.ac.jp/department/japanese/blog/